タグ:MacBook Pro ( 9 ) タグの人気記事

冬ですね。
寒いの大嫌い、そしてここは北海道…。
我がMacbook proにとっても初めての越冬です。

ここでMacの低温対策を少し考えておかないと。

スマホでは、
「寒さで壊れたらしょうがない!
最低限のバックアップはしてあるので、LINEのトーク履歴はやゲームのデータが消えても仕方なし。
Googleアカウントやdocomoアカウントに紐づけてあるデータが残っていればオッケー!
潔く新しいスマホ買うし!!」
と、思ってましたが、ちょっと背伸びして手に入れたMacbook proは違います。
少しでも長く、大切に。112.png

Apple公式発表の動作環境データはこちら

Macbook proの保管時(使用していない時)の温度は『マイナス25度以上』
動作時の温度は『10度以上』
これは屋外で使用しない限りは大丈夫。
家の中でも、長時間外出時や深夜は10度以下になりますが、身体が温まらない限り、Macを触る気にはなりません。
ストーブから50センチ以内が私の生息地です。

…となると、
乾燥時に多く発生する静電気にも注意ですが、要注意はズバリ
結露!!

皆さんご存知かとは思いますが、原因はズバリ
温度差!!

自分がやってしまうと推測できるダメ行動は、寒い自分の部屋から暖かい部屋にMacを持ってきて、何も考えずに起動さてしまう事。
実は、先日、蓋を開けると、キーボードに被せてあるシリコン製のカバーと、ディスプレイが密着していた部分に、うっすらと水分が…。140.png
d0367899_02295363.png
結露対策を冷静に考えてみます。
窓際など、そもそも水分の多い場所に置くのは、言うまでもなくNGです!

●本体を低温にさせない
電源を入れっぱなしに?
ペット用電気カーペットのような物の上に置いておく?
これらは、長時間外出する時には、別の危険を感じるので却下します。

電気を使わずタオルなどでくるみ、外気に直接触れないようにする?
短時間なら有効かと思いますが、長時間だと外気と同じ温度になってしまうと思います。

●起動させる前に温める
ゆっくり温めないといけません。
自然放置だと、どのぐらい待てば内部も問題のない温度になるのかわかりません。
待ちきれずに早まって失敗する可能性あり。

●何か結露予防グッズは?
検索しても、高熱対策グッズはありますが、結露予防は家用・窓用ばかりでした。

室内でしばらく時間をおいて、外から触って温度を確認してから起動させるのが安全かな?と思いましたが、万一、ディスプレイ側に結露が発生していたら?

水分がある状態で通電させるのは危険なのに、我がMacbook pro2016は蓋を開けると自動電源オンしてしまうではないですか!!!


解除する方法は?
ありました!!109.png
内臓アプリ『ターミナル』でコマンド入力でした。

自動電源オンにしない
sudo nvram AutoBoot=%00

自動電源オンに戻す
sudo nvram AutoBoot=%03

『ターミナル』の使い方はまだまだ理解できていませんが、コマンドを仕込む事ができました。

今年の冬は、触って温度を確認し、蓋を開け、ディスプレイ側の異常が無い事も確認してから電源ボタンを押すことにします。

パソコンを触る冷たい手側の対策で、指先のない手袋(USBに繋ぐ物や、手首に小さいカイロを入れて血管を温める物)などはあるようです。
パソコン本体の結露対策、もっと有効な方法を見つけたいですね。


[PR]
我がMacbook proを『macOSHigh Sierra』にアップグレードして、一番期待していて、一番影響があり、一番使いこなしたい機能が、進化した日本語入力でした。
思わず過去形にしてしまいましたが、まだ、入り口で頑張っています。
d0367899_03124591.png
入力方式”かな”のままで、正しいスペルを入力すると英語が入力できちゃうのですよ。

試しに”かな”のままで簡単な単語を。
coffee …良し!
chocolate …良し!
apple …良し!
appleと入力するとこんな候補が出ます、さすがApple。
d0367899_00212504.png










入力方式が”英数”だと、最後まで完璧に入力が必要ですが、”かな”だと途中で変換候補が出てくるので、スピードアップになりそうです。

まだまだお試し。
MacBook …kの前に変なスペースが?
MacBookpろ …あれ?(もちろん”Macbook pro”と打ちたいのです)
d0367899_00250273.png









…怪しくなってきました。
カタカナ読みで"makku"と入力した方が、以前入力した推測変換機能も働いて、すんなり候補に出てきます。

正しいスペルを入力していれば、変換候補を上にスクロールすると、そのままのアルファベット文字列も出てきます。
ただし、全て小文字です。

そして、スペルを間違っていたら、正しい英語は候補に出てきません。

そして、そして、入力途中にスペルを間違ったことに気付いて、一文字deleteしようとしても、画面は日本語(大抵は平仮名とアルファベット混在状態)なので、どこまでdeleteすれば良いのかわからなくなって、結局、全部消す…。

ライブ変換を頼りにして、確定せずに長い文章を打っていた時に、deleteを押そうものなら泣きたくなるくらいグチャグチャになります。

という訳で、今のところ、

スペルに自信の無い英単語は、カタカナ読みで入力した方が無難。
途中で変換候補が現れるのですが、どこまで打てば出てくるか?は賭けかも。

英単語を入力している時、途中でも正しい単語が候補に現れたら、すぐ選択・確定した方が無難。
日本語でも同じですが、最後まで入力したら何故か正しくなくなってる事が多し。

たとえ短くても、英語の文章を入力するなら、もちろん”英数”に。
無理して”かな”のまま文章を打てなくも無いですが、スペースを入れる前には確定させたり、"is" もすぐには出てきませんよ。(笑)
"it's" は "its" と入力したら出てくるのですが、あらあら全部小文字で…。
MacのJIS配列キーボードでは、”英数””かな”の入力切り替えは、とってもわかりやすいですからね、切り替えましょ。

なんだか後半は使いにくいアピールになってしまいましたが、進化しているアピールがしたかったのですよ。
二言語入力に関しては、これから慣れていきます。
日本語の修正機能などは、アップしてる!………はずなんです。
まだ気付いていない機能もあるはず、もっと進化もするはず。

まだまだ、他のキーボードは使わずに頑張りますので、どんどん進化してください。
少しでも声をあげれば、進化のスピード速くなるかな?


[PR]
Macは通常、システム終了させなくて良いらしいです。
でも、何時間、何日も外出する時は電源を落とさないと不安です…、よね?

Touch Bar付き&イジェクトボタン無しのMacbook proでは、『アップルメニューからシステム終了を選ぶ』しかないのを不思議に思っていました。

出掛ける時、急いで選ぶと、すぐ上の『再起動』や、すぐ下の『ログアウト』を選びそうになるのです。
間違って選ぶと、急いでいるのに余計な時間が掛かってしまうのです。(泣)
High Sierraにアップグレードしたら、すぐ下は『画面をロック』になりましたけど。

ショートカットコマンドか独立したアイコンが欲しい!と思いながら、
「内臓アプリ『Automator』の項目の中には無いみたいだな〜」
「きっと、ターミナルやスクリプトで自分で作らないといけないんだろうな〜」
「下手にカスタマイズしようとしたら、戻せなくなって後で泣くかもな〜」

「これからのMacはシステム終了させずに使いなさい!という、Appleの意図なんだろうな〜」

と、深く考えるのはやめていた今日この頃。

High Sierraにアップグレードしたことだし、自分らしい Macを作り上げよう!
画面を少しでも美しく、ストレスなく操作できるように、信頼できそうなアプリやソフトを選びながらカスタマイズしていたら…、おっ。

スマホ(Android)では、スライドランチャーをいくつも仕込んで、普段の画面はなるべくスッキリさせています。
画面の横や下の数カ所から指をスライドさせると、アプリやポインターなどが起動できるよう、設定してあるのです。
同じ感覚で、Macでもランチャーからアプリを起動できるようにするべく、このアプリを入れました。

『Tab Launcher』です。

Mac App Storeで無料版と、有料版¥480(2017・11現在)あり。

画面の端っこのタブに、アプリやフォルダ、ショートカットなどを仕込む事ができます。
普段はタブのタイトル部分だけが、細く顔を出している状態。
クリックする(動作はカスタマイズできます)と、Dockのようにアプリアイコンがコンニチハ。
場所や色、大きさはお好みで。
アイコンのデザインだって変更できます。
d0367899_02065488.png
無料版ではタブの数に制限がありますが、3つもあればOKです。
これで、Dockがドンドン長くなるのが防げてバンバンザイ。

…だけではなかったのです。

カスタムアイテムの追加という項目があり、ちょっとしたシステムアイコンが作れちゃうのです。
Scriptという項目もあるので、自作もできそうです。

既存の項目の中に、しれっと『Shut Down Computer』があるんですけど?!
早速、作りました。
おやっ、ショートカットコマンドも仕込めます、最高!
確認画面は無しで即シャットダウンされますよ。
d0367899_02065842.png
『Tab Launcher』というシンプルな名前から、そこまでの機能は期待していなかったので、ものすごく得した気分です。

背伸びしてMacを購入して半年ほど、自分でプログラムするなんてまだまだ先の初心者が、ぜひ伝えたくなったチョッピリ感動の出来事でした。


[PR]
恐る恐る、巷で噂の『macOS High Sierra』にアップグレードしてみました。
6月のWWDC2017で発表されてから、とても楽しみにしていました。

MacBook Pro2016 (13-inch)で『Sierra』からのアップグレード。
大きな不具合は起きないだろうとは思ったのですが、ビビリなので毎日のように不具合情報をチェックしていましたよ。

二日間家でゆっくり休める時間が取れたので、何があっても対応できる万全の体制で挑みました。
……二日間は必要なかったけど。

外付けHDDにバックアップを取って、修復などのメンテナンスも行なって、いざ!!
インストールをじっと待った時間は38分程。
放って置いて良いのですが、ずっとMacの前にいました。(笑)
その後、ログインのためにパスワードを入力したり、利用許諾に同意したり、トラブルもなく起動!

前情報で気になっていたのは、mac標準ユーティリティソフトで、パスワード管理ができる『キーチェーンアクセス』の脆弱性。
これは修正されたようです、ほっ。

そして、Macユーザーなら、(多分)みんな大好き 『OnyX』
メンテナンスには必要不可欠なフリーソフト。
当初は『High Sierra』に対応してませんでしたが、『High Sierra版』が出ました。
ただし、『Sierra版』を一旦アンインストールして、『High Sierra版』を公式HPからインストールするという、一手間が必要です。
『OnyX』公式HPへ

その他、インストールしてあるフリーソフトは、主にグラフィック系。
何やら Adobe系ソフトにトラブルが発生しているようですが、自分のMacには入っておりません!!
というか、高価なので入れることが出来ずにいるだけです…。

『GINP』『Inkscape『Blender』などは、動かないという情報は見当たらなかったので、大丈夫だろうと思いましたが……、起動しました、ほっ。

我が家にある、少々古い、エプソンのカラープリンターも心配でしたが、新しくドライバを入れる事もなく、そのままでプリントできました。

一部の情報で、「スリープから復帰できない」というのもありましたが、何度か試してみても、我がMacでは発生していません、ほっ。

後は良い事だらけのはずですが?

ん、メニューバーから南京錠マークが消えている?
設定していた南京錠マークというのは、前述の『キーチェーンアクセス』へのショートカットです。
メニューバーに置くと、『スクリーンをロック』がすぐにできたので、とっさにロックをしたい時用に、置いてありました。

『キーチェーンアクセス』の設定メニューを見ても、「メニューバーに置く」が無くなってるので、脆弱性の修正をした時に、無しにされてしまったのかな…。(泣)

すぐにロックするお手軽な方法は、えーっと、えーっと、そうだ!
Touch Barに設定がある!
選抜4個の中に「画面をロック」が昇格しました。
d0367899_02211794.jpg
2017/11/19 追記!!
左上アップルメニューに『画面をロック』が追加されていました。
ショートカットキーも割り当てられています。
ですよね〜、極々一般的な機能として必要ですよね。

後は、『Safari』が良くなったらしいよ〜という事で、いざ起動!
速くなったらしい、…わかりません。
あっ、二つだけ入れていた機能拡張が消えている。

『Translate』という翻訳機能は必要なので、即、入れ直しました。

もう一つ、広告ブロック機能も入れていたのですが、『macOS High Sierra』の『Safari』では、「トラッキング広告をオフにする」機能が強化されているそうなので、しばらく拡張機能は無しで、様子を見てみようと思います。
控えめな広告なら構わないのですが。

一番期待していたのは、文字入力の進化!
今、このブログを書いていますが、すぐには慣れそうにないです。(悲)

入力モードを変換しなくても、日本語と英語の変換候補が出る『二言語入力』
日本語モード中の英語入力は、正しいスペルで入力するか、カタカナ読みで入力して候補から選ぶか…。
自分が中途半端に入力すると、候補も中途半端になってます…。

日本語入力は、もう少し使いこなしてから、素晴らしさを発表できる日が来る事を夢見ています。

[PR]
日々、Macで快適な設定を探しています。

省エネや、長時間作業してもストレスを感じないよう、画面は真っ先にいじるところです。
多くのブロガーさんのオススメ設定を参考にさせていただきながら、
輝度やアニメーションの設定などなど、ポチッと変更。
ふと、楽しいかな?と思って、デスクトップピクチャを『ランダムに変更』にしてみました。

突然ビックリ(汗)

ライオンのドアップ写真!!!

心臓に悪いです。ドキドキドキ……
私のMacは13インチですが、大画面Macのユーザーさんはもっとビックリしてるのでは?

そのうちお気に入りの画像を設定しますが、
怖いライオンに対抗して、カワイイ??ライオン描いてみました。
ガオー!
d0367899_01264765.png
うーん、アイコンがとっても見にくくなったので、即削除!

[PR]
キーボードとトラックパッドで完結できるMacBook。
ですが、きたるべき冬にむけて(北海道では10月から冬)
家の中でも指先の感覚がなくなる私は、
補助的にマウスが必要だ!

早速、マウス探しを始めました。

●Bluetooth一択!(ハブかませず接続できるなら良いがtype-cはほとんど無し)
●主にピンチやドラッグの作業で、長時間は使わない
●お値段はアップル純正マジックマウスの半分まで!
●できればお絵かきソフトでも快適に使いたい(ペンタブ並みの性能は求めてない)

皆さんのオススメはロジクールらしいので、よし買うぞ!!
と、量販店で手に取ったのですが、なんか違和感が…。
思った以上の存在感というか、ハードというか…(汗)

急遽、他を探すことにしたのですが、実物に触れない通販はやめとこう。
有名メーカーで安心したいのですが、Bluetooth少なっ!
売り場をウロウロすること30分ほど。おっ?!

”Digio2の3ボタンマウス”
d0367899_23540802.jpg
BlueLED光学式 
シンプル機能なのでインストール作業は無し
小さめ、カラーが選べるのでココは
そして、惹かれた機能が
ポインター速度800/1600dpi(切替式)』
レーザー方式なら精度が良いのでしょうが、光学式でお絵かきに使うなら、ここポイント高し。

Macに接続して、切替の感触を確かめてニヤリ115.png
ゆっくり、フリーハンドで描きたい時はGOOD!!!
これは、私、掘り出し物見つけた?
あとは、壊れないでよー。
(壊れてもお勉強のつもりで買ったので、文句は無いです)

ちょっと、勘違いしてたのが、Macの設定でマウスのスクロールを逆にすると、トラックパッドも逆になってしまうこと。149.png
いや、これはMacの設定に私が慣れればヨロシ…(汗)

頑張って、使いこなすぞ!

[PR]
目の前にMacBook Pro
横にAndroidスマホ
更に横にガラホ。(ガラケーと呼ばれてしまう二つ折りAndroid携帯)
d0367899_23480467.jpg
ライフラインとしてどれが大事?と聞かれれば、ガラホ

ガラホは、Macやスマホとは同期させず、独立させて電話とキャリアメールの為に使ってます。
通知だけはスマホに表示させて、大事な連絡を見逃さないようにして。

大事な電話帳管理はガラホ。174.png
おサイフケータイもガラホにだけ設定。174.png
普段、ポッケに入れるのはガラホ。174.png
……スマホは大きくて入りません。170.png

スマホとMacはグーグルアカウントを使うことで、GmailやGドライブへ両方からアクセスOK。

MacはiCloudやSafariを使えば、あえてパソコンだけの環境用に。

この面倒臭さが精神衛生上、経済的にも、とっても良いのです。179.png

[PR]
MacBook Proを今、目の前にしてますが、実はスマホはアンドロイド、それもMVNOの。
そう、MVNOで節約して MacBook Pro ゲーーーット😤

普通、iPhoneでしょ!、、、、、負けません。

アンドロイドで培った、知識というか意識がきっと役立ちます。
  ……と、信じてます。

セキュリティーや通信関係には常に敏感に、スマホアプリも厳選しながら300個以上はお試し。
同期も必要最低限、不必要なデータがスマホ内に作られてないか?マメに確認、確認!
MacのAppCleanerというアプリは、ジャンクファイルも表示してからアンインストールしてくれるので安心。
今まで使ってきたSDカードもあるからMac用のHUBはカードスロット付き。

MacとAndroid携帯をUSBで繋ぐために、Android File TransferというアプリをMacに入れましたが、
アンドロイドでパシャッと撮った1枚をMacに送るだけなら、Bluetooth送信でOKです。

これで何も不自由しません、まだMac買ってから1週間ですけどね。119.png

この絵も仕事帰りのバスの中で5分ほどで描いて、家でBluetoothをピッ!
d0367899_23422068.jpg



















便利なアプリもいろいろ紹介されてますが、Macの基本機能でできないかな〜?と、調べたら結構できちゃいますね。
まだMac買ってから1週間ですけどね。119.png

……App Storeのアプリは有料が多くてチョットびっくり139.png

これからMacの中で、どんな発見ができるのかワクワク110.png110.png110.png

[PR]
自分専用のパソコンを探し始めて数ヶ月。

2017/6/6深夜のWWDC2017でのAppleの発表を見て、
MacBook Pro2016 TB付き13.3インチに決めました。
(早速、カバーをつけたので黒いですが、スペースグレーです)
d0367899_15095914.jpg
永遠に続く Windows VS Mac

私の中の決勝戦は VAIO Z クラムシェル VS MacBook Pro(TB付き)

性能はVAIOの勝ち。→電池持ちや耐久性も魅力です。
ドヤッ”性能がMacの勝ち…。→やっぱりココ大事!

MacBook Pro2017に新機能(タッチパネルとかSIMスロットとか)が付くのを薄く期待してましたが、まだでした。105.png
ちなみに、決勝直前まで残っていたのは、VAIO S11MacBookAirSurface Pro などなど。

アップルストアでは早々と2017ver. オンリーに。
翌日、量販店でも既に展示されてましたよ、ほぼ見た目が同じMacBook Proが。

キーボードのデザインは少し変わったとか…。
CPU性能アップですが(私には必要なし130.png)、お値段もアップ(日本では148.png
お店で5分程迷いました(笑)が、2016ver. ゲットです。

欲しい周辺機器は、お店では取り扱いがなかったので、天下のamazonでまとめてゲット。

さーて、my Macを使って、今回の流れをブログにしよう!
と、いうことで、初めまして。
いつも人とは違う選択をしてしまいますが、よろしくお願いします。104.png

[PR]