タグ:格安SIM ( 7 ) タグの人気記事

昨年秋に衝動買いしたタブレット『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10』
SIMカードをセットして使うことにしました。

このタブレットにはLTE版とWi-Fi版があり、Wi-Fi版よりお高いですが、利用用途が広がるLTE版を選んだのです。

お手軽にセットできる格安SIM情報を収集開始です。
条件は、
データ専用SIM&ドコモ回線&1GB前後のプラン&月額1000円以下

*以下、2018年2月現在の情報です。*

昨年秋にタブレットを購入した時点では、『フリーテルの299円プランか499円プラン』にしようと思ったのですが、思った直後に『楽天モバイル』に買収(統合?)されまして、計画変更。
『楽天モバイルの525円プラン』は、速度が遅いので選択から外れました。

先日、新生『フリーテル』が、eSIM搭載の端末を販売開始。
eSIMは今後主流になるかもしれないので、動向に注目です。
業界全体が淘汰・再編されている事も忘れずに。

さてさて、月額500円程度で契約できるデータ専用SIMは、数社から販売されていますが、速度が遅いというSIMが多いようです。
納得した上で、メールやSNS用に使うなら、サブの端末用にはピッタリです。

常時低速でも、最初の数秒だけは”バースト(高速)通信”ができるというSIMなら『IIJmio』『DMMモバイル』『mineo』など。
少量の通信を断続的に行うデータの送受信なら、高速通信と変わらないかもしれません。

数種類のSNSや、指定されたアプリはデータカウントフリー!!というSIMなら『 LINEモバイル』『DMMモバイル』『BIGLOBE SIM』など。
カウントフリーは、別途料金が必要な場合も多く、月額料金が高くなってしまう場合もあるので、お得かどうかは充分に検討を。

『TONEモバイル』なら低速ですが容量無制限で月額1000円、ただしSIM単体での販売は無し。
子供に安心して持たせたいという家族向け、またはスマホには不慣れな高齢者向け、そして、低速だけど完全にサブ機なのでOK!という方ならピッタリという特徴を持つスマホですね。

『nuroモバイル』は、5時間プラン(月額2500円)や深夜割(月額1500円)、データ前借りなど面白いプランを出していて、今後も気になる存在です。
深夜の5時間は使い放題という深夜割なら、家にWi-Fi環境がなく、外で無料Wi-Fiに繋げて使っている人には魅力的ですよね。
月額0円〜のゼロSIMも検討しましたが、こちらは低速のようです。

『エキサイトモバイル』、エキサイトブログを利用しているからという訳ではないのですが、定額プラン(余った分は繰り越し)と最適プラン(使った分だけ支払い)があり、普通に魅力的です。

低速ですけど安いです!と発表されていれば、用途に応じて使えるのですが、中には、何も言わずに常に低速!というSIMもあるようなので、多くの皆さんのレビューを参考にさせて頂きました。

検討しまくった結果、最終候補は3つ。
  • nuroモバイルの2GB700円プラン
  • エキサイトモバイルの定額1GB670円プラン
  • イオンモバイルの1GB480円プラン

いずれも高速通信ができるプランです。
迷いに迷って迷いまくった末、『イオンモバイル』に決定しました。
使ってみてダメだと感じたら、『エキサイトモバイル』に変更しようと思います。

『イオンモバイル』には音声プランも付けることができるTYPE1と、データ専用のTYPE2という、2種類のSIMがあります。
公式には発表されていませんが、TYPE1『IIJ mio』TYPE2『OCN』と推測されています。

実は、メインのスマホに『イオンモバイルTYPE1のデータSIM』(契約当時は1種類のみ)を使っていて、2年前の契約時より遅くなっているのを感じていたのです。
少し古くなった機種側の問題かもしれないのですが、判断ができません。
『IIJ mio』なら悪くないはずなのですが、TYPE1の契約者が増えて回線が混雑してきたのでしょう。
回線増強ではなく、全く別のSIMを出したのだろうと思います。

TYPE2のSIMが気にはなっていたので、まずは、
『イオンモバイルTYPE2の1GB480円プラン』にしてみました。

尚、2018年3月1日からau回線のSIMも販売開始と発表されました。
ドコモ回線の混雑を避けながら『イオンモバイル』が発展するなら大歓迎かな?

スマホとタブレットでシェアプランにしても金額はほぼ同じだったのですが、TYPE2の調子が良ければ両方ともTYPE2へ。
ダメだったら『イオンモバイル』とサヨナラしようと思うので、単純に1枚新規契約です。
そうと決めたらイオンへGO!
平日夕方5時頃ですが20分と待たずにSIMをゲット!

『イオンモバイル』は細かい料金設定で無駄の無いプランを見つけやすいですが、音声プランが必要な場合は使い方が複雑になってくるので、事前によ〜く確認してくださいね。

そして、通常のイオンの販売スタッフは、契約手続きには詳しいでしょうが、機能や速度に関してはあまり深く聞いてあげないでくださいね。
たまたま携帯コーナーの受付に配属されただけです。(笑)
それより、すぐ隣に居ることが多い、他の携帯販売業者の猛攻撃に負けないように!!(笑)
d0367899_00540381.png
家に帰り、APN設定などいくつかの情報を入力して、問題なく通信開始。
別々のSIMなので、お客様IDも2つ。
イオンモバイルマイページへは別々にログインしないといけないようで、まとめて利用状況を確認できないというのが、ちょっと誤算でした。

これから、何かに利用する訳でもないのですが、しばらく持ち歩いて動きを確認してみます。102.png



[PR]
あわあわあわ…。

楽天モバイルが、FREETELを買収!というニュースが飛び込んできました。

先週、新しく買ったタブレット(修理中)に、とりあえず用のデータSIMとして『FREETELの従量制299円〜』を本気で検討していたので、あわあわ…です。

料金プランはどうなるのか?
まだ、発表されていないので、動けません。

すでにFREETELで契約している人は、そのまま引き継がれるそうですが、買収されるのがわかっていて、FREETELを契約する勇気もなし…。
d0367899_23542267.png
そのままのプランで、楽天モバイルがアフターケアをしてくれるのなら、信頼性アップで嬉しいのですが。

タブレットでは、ほぼほぼWi-Fiを利用するので、高いプランはいらないのです。
月額500円位なら数社あるので、回線速度、デザリングができるか?など、検索し直します。

先週、量販店の格安SIMコーナーでなんとなく話を聞いた時、楽天モバイルの格安プランは速度がイマイチだと聞いたばっかりなので、楽天モバイルの選択は消えていたのですが…。119.png

MVNOの再編が加速ですね。

一旦、脳内をリセットです。

[PR]
あれ?
防災アプリを入れなさい!という方向で終わりそう?
命に関わりかねない、”格安スマホでJアラートが受信できない”問題。

安心して乗り換えるために、各MVNO業者もスマホ製造メーカーも、受信できるように策を練ってると思いたい…。

政府のお偉いさんも、『知らないで購入した消費者が悪い!』的な発言をしたとか?
業者も対応するかどうか未確認ですと言っていたのに、消費者は知りようがないです。
今回の本物のJアラートの騒動で、やっと、iPhoneなどの一部では対応していたことがわかったばかりです。

むしろ政府が、対応するように積極的な指示をするべきだと思いますけどね。
我が札幌では、各家庭向けの防災無線も無いという問題を放っておくわけにもいかないのですが。

世間では、Yahoo!の防災アプリ一択で話がされてますが、私も不安に思って1年ほど前に入れてみました。
しかし、Yahoo!アプリに共通した押しの強さ(アカウント登録しろ!や広告・通知の多さ)に耐えられなくて、Yahoo!関係のアプリやブラウザはもう使わない!と、全てアンインストールさせて頂きました。
広告は少しは減っているのでしょうか?

NHKニュース防災アプリは入れてましたが、Jアラートは無理でした。
これから対応するよう期待します。

このままだと、乗り換えようかと考えて各方面の情報を集めていた人達は、やっぱりキャリアの方が安心だと踏みとどまり…。

あまり深く考えずに、街中で買い物中に販売スタッフから声をかけられ、安さにつられて契約してしまった人達が、「聞いてないよ〜」と後から苦情を言い、格安スマホの評判がドンドン下がっていく気がしてならないのです。
ワイモバイルの販売員さんも、なかなか押しが強いです…。

いっそのこと、”Jアラート対応家電製品”などはできないでしょうか?
喋る家電もいっぱいあることですし、子供ならゲーム機を持っている事も多いですし。
家の中で、どれかは必ず反応して音が鳴る。
外では、信号機とか?自販機とか?が反応するなど…。

d0367899_12340021.png
今回も、日本の中央が対象から外れたことで、真剣に対応がされない。
格安スマホだから悪い!という方向で、議論が終わるのはやめて頂きたいと思うこの数日間です…。

[PR]
8月29日早朝。
けたたましい音がガラホから。
こちらは2通目の画像。
d0367899_12285982.png

ミサイルが頭上を通過!!!
私は北海道民。
まさしく頭上!!!
このコースはロシアだって猛抗議するよね?
各国、冷静な猛抗議をお願いします。
戦争はイヤです。

ところで、私はガラホに起こされました、そう、ドコモのガラホから。
(その後、もう一度眠って、街の中でビルの中から緊急避難する夢を見ました。悪夢。)

もう一台の格安SIMスマホ、正確には”イオンモバイルのarrowsM02”は、いたって静かでした。
先日、緊急エリアメールが北海道に誤送信された時も、ちょっと不安だったのですが、やはり、”気象庁の緊急速報以外の緊急メール”には、対応していないのでしょうか?

今回のアラートが届いたか?届かなかったか?
今まで、取説には『未確認です』と書かれていた部分。
各格安SIM業者さんは、機種ごとに細かく調べて発表するべきですね。


[PR]
iPhone8が出るのを機に、安くなるだろうiPhone7を買って、auからUQモバイルに移ろうとしている知人が出現しました。

電話問題、メール問題、速度問題、緊急メール問題、宣伝し過ぎもしなさ過ぎも会社として危ないよ問題…などなど、考えられる問題は、自分の経験も含めて伝えておきました。

速度問題に関しては、混み合うドコモ回線は避けて、あえてau回線にし、中でも評判の良いUQモバイルが良いのでは?と考えているそうで…。
なるほど、それも有りですね。
ちなみに、20代男性、以前はドコモからauへとさらっと乗り換える、柔軟性あり、若い!
d0367899_01060764.jpeg
UQモバイルは、CMでガンガンPRしていますし、近所のショッピングセンター内では、ワイモバイル&イオンモバイルと肩を並べて、店頭販売しています。
常駐専任スタッフはいない様子。
経費も相当使っているように思いますが、吉と出るか凶と出るか?

実は、今日、UQモバイルを覗きに行ったのですが、すかさずY!さんが寄ってきて、
『繋がりやすさ&シェアはうちの方が上ですよ!』と、アピールしていかれました。
なんでも、
『UQさんは、うちが値下げしたら同じく値下げ。
 うちがCM変更したら同じく変更。
 値段が一緒なら、うちの方が繋がりやすくて良いですよ。』
だそうです。
回線速度には触れなかったので、アピールポイントではないのでしょう…。

au回線で良い、今、速い回線が欲しい、またすぐ乗り換えることになっても苦じゃない、そんな人の為のUQモバイルでしょうか?
取り扱い機種のラインナップも、なかなか良い感じに思えました。

ちなみに Android 8.0 は "Oreo"と発表されましたね。
iPhoneの進化よりも、Androidの進化の方が変化が大きいのでワクワクです。
どんな機種が出るか楽しみですが、富士通はとうとう携帯電話事業から撤退。
arrowsシリーズがマイナーチェンジしかしないので、どうしたものかと思ってましたが、そうでしたか…。

そうそう、2018年はガラホが熱い!という噂もありますよ。

[PR]
格安SIMもだいぶ世間に認められてきたと思われる今日この頃。
各社、CMやキャンペーンで、莫大な広告費も投入されている様子。
3大キャリアの息がかかっていないくても、頑張っていますよね。

………逆に心配になってきました。119.png

利用者が多くなると、回線速度が遅くなるはず。
最近、お得なキャンペーンが続いているので契約者も増えたはず。

自分のスマホイオンモバイルが心配になって、時々、試しています。
(他社については全くわかりません。)

1年前は特に遅さは感じなかったので、ずっと大丈夫だろうと何も気にせず使っていました。
が、最近、モバイル回線使用中の街中でアプリを落とすことができません。137.png
以前は、少し時間はかかっても落とせてました。
機種の性能や、たまたまの可能性もあるので、場所や時間を変えて、軽い容量のアプリアップデートなどで試しているのですが…。
メンテナンスは月に何回か行われている様子ですが、何のメンテナンスなのか?まではわかりません。

これは、イヤ〜な感じ。
ネット閲覧・検索などは問題ありません。
うーん、もう少し様子を見ます。

良い業者は頻繁に回線増強しているらしいのですが、情報が全て発表されている訳ではなく、なかなか判断しにくいところ。

契約者が増えないと、収益が上がらずにサービス停止の可能性が出てくる。
契約者が増えると、同じ回線を利用する人数が増え、速度が遅くなって使い物にならなくなる。
ジレンマ。

イオンモバイルに関しては、SIMが2種類になって最初は不思議だったのですが…。
以下、私の勝手な推測……。
===利用者が増えて遅くなってきた1つ目のSIMを回線増強するのではなく、違う回線のSIMを出して利用者を分散させようとしている?
どっちにしろ経費はかかるので、何らかのキャンペーンを打って、新規契約者数も増やさないといけない。
春に一度お得キャンペーンを打ったが予算達成せず(大好評だったからという見方もできるが)、すぐに違うキャンペーンでテコ入れ。===

順調に業績を伸ばせば、トップクラスの回線になり得ます。
快適になるのならどちらでも構わないので、いきなりサービス停止にならないよう願います。
ぷららモバイルをはじめ、淘汰される業者が出始めてきて心配になってきました。

常に乗り換え先も考えながら、今は、『イオンモバイル悪くないですよ!』

d0367899_02432613.png

[PR]
昨日、TVニュースや新聞で大きく発表された、子供向けトーンモバイルが気になったので、調べてみました。
子供はいないのですが、対象機種が私のスマホの最新バージョンらしいんですもの…。

トーンモバイル?知らないな?と思ったら、TSUTAYAで販売しているスマホでしたね、なんとなく知ってました。
新機種は、arrowsのようでarrowsでない?自社で製造管理しているオリジナルとのことです。
ミドルスペックとしては十分だと思います、Android7.1.1なら現行最新バージョンですし。

子供向けというのは12歳以下の子供にトーンのスマホを持たせる時に、親と一緒に約束事項を紙に書いて設定できるというもの。
親子で安心して持つための特徴的なサービスも元々あるようで、このニーズにハマれば使いやすそうです。
それでも、トラブルに合わなくなる訳ではないと思うので、やはりセキュリティの知識を親も子供も勉強しておかないと…。

子供に初めて持たせるスマホとして選ばれたら、すぐには契約会社を変更しないでしょうから(子供が大人になって自分名義で支払うようになるまで?)、長く契約し続けてくれそうという会社側の作戦も見え隠れ?

料金プランを覗いてみました。はい、シンプル。
月額1000円でデータ容量無制限(ただしちょっと低速)!IP電話付き(電話代は別途)!
これは、アピールポイント高し!!ですね。
これだけで十分という方も多いと思います。

ただ、メインのスマホとしてはちょっと弱いので、オプションを付けることになりそうです。
IP電話は不安だし、MNPで090番号使いたい!
SMSはたまに必要になる!
動画を見るなら、高速チケットを追加した方が良い!
Androidは有料のウイルスチェックをつけた方が安心!

などなど、色々付けると、結構高価なスマホになってしまいます。
大人が持つなら、低速ながらもデータ容量無制限という部分を狙った2台目用!というのが大きなニーズでしょうか?
メールやLINEのデータメッセージだけの送受信用としてもお手頃なのですが、せっかくの容量無制限がもったいなく思えてしまいます。
残念ながらSIMカードのみの販売はしていないようです。
TSUTAYAという実店舗があるのは安心できるところで、Tポイントもたまる!
7月末までの、19歳以下と50歳以上向けの割引キャンペーンもありました。

広く普及するには難しいプランですが、こういう特徴的なMVNOに頑張ってもらい、キャリアの牙城をドンドン崩していただきたいというのが願いです。(私は2台持ち派)
キャリアもMVNOも頑張れ!



[PR]