タグ:カスタマイズ ( 11 ) タグの人気記事

とうとうMacに『Google日本語入力』を入れました。
本当はMac純正の日本語入力を使い続けたいので、一時的の予定です。
2018年秋に新OS、モジャべ、じゃなかった『モハべ(Mojave)』が正式リリースされ、快適になるよう期待しながら…。

2018年3月末にOSのアップデート以来、文字入力中に頻繁にレインボーカーソルがグルグルしていました。
特に『Safari』で。
入力している途中に1〜2秒グルグルした後、一気に高速タイピングされます。
自分の入力の遅さから考えると、打ち終わる時間に差はないかもしれませんが、ストレスの溜まり方に大きく差があります。

アクティビティモニタで日本語入力を停止させたり、入力ソースを入れ直したりするも全く変わらず。
環境設定から推測変換やライブ変換をオフにしても全く変わらず。
いや、ライブ変換ができなくなったら使う価値なくなるし……。

先日、Appleから『MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム』が発表されました。
見事に対象モデルに選ばれた『MacBook Pro2016』が目の前にあるではないか!
キーボードの物理的不具合なら他の日本語入力でも同じ不具合が起こるだろう!
検証しよう!

結果:『Google日本語入力』では、レインボーカーソルが出現しません!

ちなみに、バタフライキーボードで多発しているという不具合は、今の所ありません。
カチカチ音が気になるという前評判だったので、シリコン製のキーボードカバーを最初から使用。
一部のキーだけ音が違うという不具合もあるそうで、カバーを外して耳を澄ませました。
よ〜く聞くと、中心部分のキーは少しこもった音がして、外側は軽い音という違いはあります。
位置的にそりゃそうでしょう、問題なし。
修理の対象ではなさそうです。

さて、はじめての『Google日本語入力』。
変換方法の違いなどは感じますが、すぐ慣れます。
良く使う単語登録もパパっと済ませました。

しかし、慣れるかどうか不安なのが……、
どうも、変換候補の表示が……、
なんというか……、

美しくない!

書体を変えたい!
大きさを変えたい!
罫線をなくしたい!
最後の無駄な行をなくしたい!
『もしかして変換』は目障りなので即刻退場!
d0367899_01495575.jpg
ねっ?!

ちなみにMac純正日本語入力ではカスタマイズできるので、こんな感じで使用しています。↓
(初期設定のままでは大きく圧迫感のある明朝体が使われてしまいますよ)

d0367899_01523880.jpg
ねっ?!


もう少し見た目にこだわって欲しい『Google日本語入力』。
推測変換は、もう少し学習してくれたら、使いやすい候補が出てくると期待しています。
必要なさそうな『全角英数』や『カタカナ』は削除。
変換は『tabキー』と『spaceキー』の使い分けが快適さに影響するようですね。
Mac純正の日本語入力では『spaceキー』しか使っていませんでした……。

設定をカスタマイズしている途中、環境設定が突然英語表記になるトラブルがありましたが、
『システム環境設定→言語と地域→日本語のみ(英語は削除)』にする事で、元に戻りました。

『Google日本語入力』の語彙力は「半端ない!」らしいので、使用するアプリやブラウザ、文章の内容によって、Mac純正日本語入力と使い分けると快適かな。
入力ソースを切り替えるにはメニューバー、もしくは『control+space』です。
ただし、『control+space』の同時押しは、入力ソース一覧が表示されるタイミングがほんの一瞬遅いんですよ…、プチストレス…。

レインボーカーソルさえ出なければ、Mac純正の日本語入力を使い続けたい!!



[PR]
そろそろ[Googleアシスタント]を使ってみようかな。
CMでもお馴染み「Ok Google!」で色んな事を教えてくれる『Siri』のライバルです。

どのAndroidでも使えるものとばかり思っていましたが、対応機種は限定されていました。
2017年12月までは、Android6.0以上のスマホのみ。
この条件だと自分のデバイスでは使えませんでした。

現在(2018年3月)はタブレットがAndroid6.0以上、スマホはAndroid5.0以上。
これで、自分のスマホでもタブレットでも使えます。

いざ、設定!!

設定方法は全く予備知識ゼロでしたが、『Google検索アプリ』を適当に触っていたら、「Ok Google!」と3回言って⁉︎
ハイハイ、指示通りにしたら有効にできました。
細かい通知設定やカテゴリ選択はメニューからお好みで。
通知は必要最低限に。
Googleに情報を収集されるのは暗黙の了解でしょうか…。
今まで『Google +』や『Google Now』は、頑なに拒否してきたのですが…。

最近は『Googleマップ』でも自分の行動に関連した通知が増えて、設定で拒否するのに一苦労です。
情報が悪用されていない事を祈るしかないですね。

それでも[Googleアシスタント]を使おうと思ったのは、『Googleレンズ』が統合されて撮った写真の情報をすぐに検索できるようになった!という記事を読んだから。
それ、検索好きにはチョット便利!!!
「Ok Google!」「写真撮って!」「カメラ!」
…………………。

え〜〜〜っと、日本ではまだ対応してないようです。105.png

対応していたら最初の検索画面の右下にカメラアイコンが現れるらしいです。
無いです…。
今後できるようです…。

最新の『Googleフォト』でも『Googleレンズ』が使えるようになっているらしい(同じくこれからできるのかも?)のですが、『Googleフォト』は怖くて無効にしています…。
写真を保存するだけなら、SDカードや各ドライブやバックアップアプリを使っています。
間違って削除したり変更して、元のデータも無くなる可能性がある『Googleフォト』は使いこなす自信がありません。
使いこなしている人、尊敬!!

『Googleレンズ』が機能すれば『Google翻訳』ももれなく付いてくるでしょう?
是非、使いたいのはこの辺りの機能です。
アプリを別々に入れても良いのですが、まとまるならスマートに使いたいです。

今のままでは、あまり使う場面は無さそうです。
小心者代表の自分は、人前で「Ok Google!」なんて恥ずかしくて言えません。105.png
『Siri』も[Googleアシスタント]も使うならテキスト入力です。105.png
d0367899_03162788.png
『Google Home』も売れているという事は、「Ok Google!」と言う事に躊躇無いんですね。
使いこなしている人、尊敬!!

[Googleアシスタント]のアップグレードが待ち遠しいですね。101.png


[PR]
カッコイイです。
『SATECHI ALUMINUM SLIM RECHARGEABLE BLUETOOTH KEYPAD』
MacにピッタリのBluetooth接続のテンキーです。

頻繁に使う訳ではないので、以前、量販店でお手頃価格のテンキーを1つ買ったのですが、押す感触がどうしても納得できず…。
右上で見切れているテンキーですが、シルバーで見た目はOK!なのですよ。↓
d0367899_01062583.jpg
ヤッパリ、『SATECHI』のテンキーは美しいですね。(写真中央)

『Macbook pro 2016』を購入して以降、必要な周辺機器を探してみると『SATECHI』という会社の製品が目立ちました。
読み方は『サテチ』です。
Appleの純正品ではないの?と思うくらいのテンキーがあったのです。

本社はアメリカのサンディエゴ。
グレーにオレンジというシンボルカラーも、個人的に大好きな色合い110.png
素敵な『SATECHI』の製品で囲まれたい所ですが、部屋も狭く、Mac本体を買うので精一杯だったので、まずはテンキーを購入。
少々お高め、約5000円。

とはいえ、デザイン料と思えば納得です。

ビミョーな色の違い・感触の違いはあります。
中で、カシャカシャと音がしますね。119.png
裏は黒のプラスチック製ですが、少々、指紋が目立っちゃうヤツ…。
四隅に滑り止めのゴムが付いているので、使ってて動くことは無いです。

取説によるとMacだけでなく、WindowsでもiOSでも使えます。
Androidとは書いていないんですけど…。
Android7.0のタブレットに繋いでみたら、あら、繋がりました。
タブレットで、テンキーだけが使いたくなるかどうかは疑問ですが…。

とはいえ、デザインは完全にMac用です。

機能も極々シンプル。
余計なキーは一切無し。105.png
デザインにこだわらなければ、もっと高機能でお手頃価格のテンキーもいっぱいありますけど。

付属の充電ケーブルは、本体側がmicro-Bで、電源側がType-Aです。
Androidで良く使うヤツですね。
Type-CしかないMacbook proから充電するには、HUBが必要となります。
パソコンに直接繋いで充電中の時は使用できないそうなので、みんな一つは持ってる電源アダプタでコンセントから充電した方が、何も考えず楽ですね。105.png

HUBもMacにピッタリデザインの製品が『SATECHI』から販売されていますが、自分は、ちょっと可愛いい、ちょっとお安い、別メーカーのHUBを買っちゃいました。

2時間半ほどの充電で、2〜3週間もつそうです(1日2時間の使用で)。
以前買ったテンキーは、USB接続で充電切れの心配がないので、予備として置いておきましょう。

さて、充電も完了!
Macbook proと接続!!
1.2.3.4.5.6.7.8.9.0............
入力できました!!!

なんだかんだで、やっぱり見た目も大事ですね。110.png


[PR]
今更ですが、”RSSリーダー機能”とやらを使ってみました。
説明するまでもない、有名な機能です。
気になるウエブサイトやブログの更新があったら通知してくれたり、アイコンに数字で新着件数を表示してくれる便利な奴でした、今更ですが…。

今までは、ブラウザの”ブックマーク”や、”スピードダイヤル”や、”リーディングリスト”に登録しておいて、そこから開けば十分だと思っていたのですが…。
このサイトはSafariから見たい!こっちはGoogle Chromから見たい!など、少々こだわりもあり、もう少し簡単にアクセスする方法を探ってみたのです。

そう思って良く良く見ると、どのサイトでもオレンジ色のアンテナマークが目に付くではないですか。
d0367899_01532378.png

パソコンでRSSリーダーを使う方法は?

まずは、それぞれのブラウザで拡張機能を使う。
ブラウザの垣根を超えて使いたいので、これは違うな…。

では、アプリです。
スマホでもパソコンでも使える有名なRSSリーダーアプリがいくつかあります。

が、アカウント登録が必要!と言われると警戒心が生まれます。
記事を読みたいだけなので、他のSNSやアプリと共有する必要は無いし、ピッタリの記事をオススメされる必要も感じません。
自分の他のデバイスと共有する必要もありません。

キーワードを登録すると、ネット上から関連記事を検索してくれるという物も試しましたが、読み込みが重かったので却下しました。

すでにサイトがたくさん登録されていて、自分好みにカスタマイズしていく物も試しましたが、どんな記事が読めるのか確認しながら編集するのに疲れて途中で断念。

極々、極々、シンプル機能のアプリは無いのかな?
何個かインストールして、ちょっと違うと思ってはアンインストール。

これかっ。
『LuckNews』
Mac App Storeで無料(2018.2時点)
アカウント登録は必要なし。
以前は登録数に制限があったようですが、今の所ドンドン登録できてます。

とてもシンプルです。
読みたいサイトのURLをドンドン登録。
フォルダを作って見やすいようにカテゴリー分け。
更新間隔や、後で読む機能を設定するか、記事のフォントなどなど、お好みで。
トラックパッドを使うと、雑誌をめくるように、次々とタイトルと記事の冒頭部分を読む事ができ、気になった記事だけブラウザに移動して全文を読みます。
記事にフラグを付けておく事もできます。
d0367899_01513266.jpg
通知センターに記事を表示する事もできるようですが、それは邪魔なのでいらない…。

他のアプリの機能で、どのブラウザで開くか?その都度選択するように設定しているので、勝手なブラウザが使われるストレスも無し。

これで、
スマホでは、好きなジャンルに特化したまとめニュースを通勤途中にさらっと読み104.png
タブレットでは、新聞各社の速報や時事ニュースをまとめて読み104.png
パソコンでは、深く読みたいサイトをもれなくチェック104.png

自分のブログも登録してみましたが、タイトルと冒頭の記事が重要だということがわかりました、今更ですが…。

[PR]
このアプリ便利!!と、紹介したかったのに、昨日発売(北海道ではちょい遅れ)の
『Mac Fan 2018.3月号』に先を越されちゃいました。
とはいえ、何が?どう?どんな人に?便利かは、使ってみないとわからないので、紹介させてください。

これです!!
『Haste』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥720でアンリミテッド版に

WEB検索アプリです。
それ以上でも以下でもないです。

スマホでは初期内蔵のGoogle系アプリ以外に、検索特化アプリは2つ、ブラウザも4つ入れて、検索しまくっている検索好きです。123.png


まず、Macで検索といえば、
『Spotlight検索』
d0367899_01490963.jpg
が、WEB検索には使いにくいですよね。
Siriのオススメページや、自分の履歴は出てくるのですが、候補がズラッと出てくるいわゆるWEB検索ではないです。
Spotlight検索は、自分のパソコン内の検索や、答えが1つ出てきたらOKの検索(計算結果やフライト時刻など)に向いているようです。


次に、Macで検索といえば、
『Alfred』
Mac App Storeでは無料(2018・1現在)
公式HPから購入する事で多機能最新版に

無料版しか試していないのですが、違和感が消えなかったのです。
Spotlightと重複する機能…。
確かにキーボードで全て操作できるのですが、キーワード入力は逆に時間がかかる…。
上段の数字キーを多用されるショートカットは苦手…。(テンキー無しMacです)
検索窓&文字が大きくて圧迫感…。
高機能すぎて、初心者が初心者から抜け出せずに、アップアップしてるだけなのですが。


次の次に見つけた検索アプリは、
『Liquid|Flow』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥600あり

『テキストを選択して、Liquidのショートカットキーを押す』と、検索窓に入力されています、早っ。
次に下の豊富な検索リストから何で検索するかを選ぶ。
(この時、わかりやすいコマンドでも選択できるはずなのですが、無料版だからなのか?コマンドは一部しか反応せず)
とても惜しい事に、「テキストを選択していないと」ショートカットキーで起動しないのです。
空欄状態で検索窓を出したいと思ったら、メニューバーのアイコンをクリックするか、アプリ自体を開く必要あり。


そして、これかっ!と、見つけたのが、上記の
『Haste』
『いつでもどこでも、”commandキーを2回”』で、検索窓が起動します。
検索リストの選び方も、頭文字のアルファベットをポンと押せば良く、直感的、初心者に優しい…。110.png
無料版だと5個までらしいので、試用期間が終了したら課金する予定です。
d0367899_01395148.jpg
『テキストを選択&コピーして”commandキーを2回”』だと、入力された状態で立ち上がります。
safariなら拡張機能をオンにする事で、
『テキストを選択して"commandキーを2回"』で入力完了。
この早さは、他のブラウザにも、是非是非、適用してほしいですね。
検索リストも自分でカスタムできます。
検索結果は、その時に開いているブラウザで表示されるようです。

欲を言えば、検索リストを沢山表示する設定にしていると縦長に間延びしてしまうので、もっとコンパクトなデザインにしても良いのでは?かな?

まだ、出来て間もないアプリのようで、これからドンドン使いやすくなりそう〜というのも加点要素です。
開発者様ヨロシク101.png


[PR]
Macは通常、システム終了させなくて良いらしいです。
でも、何時間、何日も外出する時は電源を落とさないと不安です…、よね?

Touch Bar付き&イジェクトボタン無しのMacbook proでは、『アップルメニューからシステム終了を選ぶ』しかないのを不思議に思っていました。

出掛ける時、急いで選ぶと、すぐ上の『再起動』や、すぐ下の『ログアウト』を選びそうになるのです。
間違って選ぶと、急いでいるのに余計な時間が掛かってしまうのです。(泣)
High Sierraにアップグレードしたら、すぐ下は『画面をロック』になりましたけど。

ショートカットコマンドか独立したアイコンが欲しい!と思いながら、
「内臓アプリ『Automator』の項目の中には無いみたいだな〜」
「きっと、ターミナルやスクリプトで自分で作らないといけないんだろうな〜」
「下手にカスタマイズしようとしたら、戻せなくなって後で泣くかもな〜」

「これからのMacはシステム終了させずに使いなさい!という、Appleの意図なんだろうな〜」

と、深く考えるのはやめていた今日この頃。

High Sierraにアップグレードしたことだし、自分らしい Macを作り上げよう!
画面を少しでも美しく、ストレスなく操作できるように、信頼できそうなアプリやソフトを選びながらカスタマイズしていたら…、おっ。

スマホ(Android)では、スライドランチャーをいくつも仕込んで、普段の画面はなるべくスッキリさせています。
画面の横や下の数カ所から指をスライドさせると、アプリやポインターなどが起動できるよう、設定してあるのです。
同じ感覚で、Macでもランチャーからアプリを起動できるようにするべく、このアプリを入れました。

『Tab Launcher』です。

Mac App Storeで無料版と、有料版¥480(2017・11現在)あり。

画面の端っこのタブに、アプリやフォルダ、ショートカットなどを仕込む事ができます。
普段はタブのタイトル部分だけが、細く顔を出している状態。
クリックする(動作はカスタマイズできます)と、Dockのようにアプリアイコンがコンニチハ。
場所や色、大きさはお好みで。
アイコンのデザインだって変更できます。
d0367899_02065488.png
無料版ではタブの数に制限がありますが、3つもあればOKです。
これで、Dockがドンドン長くなるのが防げてバンバンザイ。

…だけではなかったのです。

カスタムアイテムの追加という項目があり、ちょっとしたシステムアイコンが作れちゃうのです。
Scriptという項目もあるので、自作もできそうです。

既存の項目の中に、しれっと『Shut Down Computer』があるんですけど?!
早速、作りました。
おやっ、ショートカットコマンドも仕込めます、最高!
確認画面は無しで即シャットダウンされますよ。
d0367899_02065842.png
『Tab Launcher』というシンプルな名前から、そこまでの機能は期待していなかったので、ものすごく得した気分です。

背伸びしてMacを購入して半年ほど、自分でプログラムするなんてまだまだ先の初心者が、ぜひ伝えたくなったチョッピリ感動の出来事でした。


[PR]
あれ?Androidタブレットの物理ホームボタンが使いにくい…。

ファーウエイの10インチタブレットを買いました。
初めてのタブレット。
指紋認証にも対応したホームボタンが付いています。
横画面にした時に、下側中央です。

下側中央はおなじみの位置なので、使ってみるまで疑問に思いませんでしたが、タブレットでは使いにくくありませんか?

ちなみにiPadでは、縦画面にした時に、下側中央ですね。
Androidスマホでは、指紋認証は裏側だったりします。
Macでは、電源ボタンが指紋認証も兼ねて右上に居ます。

使い方にもよりますが、どうやら私は横画面で使うことが多く、ホームボタンに指を置くために、片手を一瞬離して、中央までスライドさせて指を置くという動作が、あまりスマートではありません。
d0367899_01203922.png
仮想ホームボタン(Androidでおなじみの ◁ ◯ ▢ )なら右端に寄せて使えば、親指を小さく動かせば済むので快適なのですが、せっかくなら物理ホームボタンを利用しようとして、ストレスを溜めています。

スワイプや長押しで画面操作できるので、慣れると楽チンなのですが、縦画面にした時は頭の中も90度回転させて(左右が上下になる)使わなければならず、一瞬考えてしまいます。

逆に縦画面の時の方が、親指を小さく動かすだけで操作できるので動作はスマートです。

物理ホームボタンと仮想ホームボタンを同時に使えると良いのですが、設定を見ると、どちらかを選ばなければいけないようで…。

スライドランチャータイプの仮想フローティングボタンもあるので、もちろん設定してますが、時々、誤タッチしてしまいます。

画面を縦横使い分けることが多い、タブレットならではの操作性の問題もあるのですね。

多機能ボタンを下側中央に配置するのは、一考の余地ありだと思われます。

iPhoneが、物理ホームボタンを無くそうとしているのが、わかる気がしてきました。
顔認証といい、ホームボタンといい、Androidに寄せてきている……?

結論!やっぱり!仮想 ◁ ◯ ▢ が使い易い!
物理ホームボタンは指紋認証専用ボタンとなりました。


[PR]
王者Microsoftのオフィスソフト『Office for Mac』 は、いまだ入れていません。
もう少し切羽詰まってから、MS Officeに頼ろうと思いますが、今はなんとかなってます。

が、MSフォントは入れておこう!と、思い立ちました。

理由は、やはり、Windowsとの互換性ですが、もう一つ。
Macの日本語フォントは種類が少ないな〜というのも気になってました。

フリーフォントのインストールは、ウイルス的なものが付いてきたり、そのフォントがどこまで使えるのか?(商用利用できるのかなど)を確認するのが面倒だと思い、入れるつもりはなかったのですが、MSフォントを無料で入れられる?
  
入れました。177.png

方法は、『Office for Mac 2011』の評価版からフォントだけをインストール!!

現在、正規の『Office for Mac 2011』評価版はサポートが切れていて、ちょっぴり不安な海外サイトからのインストールとなりました。
オフィスソフトごと入れてから、アンインストールしても、フォントだけ残るらしいですが、余計な物はなるべく入れたくないので慎重にチェックしながら…。

正規の Microsoft Office 最新版は、お試し用でも、アカウントやクレジットの登録などが必要になるようですよ。

Windowsのフォントファイルからコピーするという方法もあるそうですが、何か違いはあるのでしょうか?
漠然と、Mac用に作られたソフトからの方がピッタリくるのかな?と、思ったり思わなかったり…。

そんなこんなで、Office for Mac2011のインストール後にはウイルスチェックはもちろん。
MacのFont Bookの中で、フォントの検証もしました。
一つ、使うべきではないと警告があったので、その書体は即削除。

この状態で使ってもOKですが、Font Book も少し整理を。
基本的にはMacの書体を使うので、使いそうにない書体は迷わず使用停止に。
Windows向けに書類を作る際、確認しやすいように、MSフォントだけのコレクションも作成。
d0367899_00431557.png
こちらは Pages (WindowsでいうとWord)ですが、バッチリ使えます。
このフォントパネルを表示できるアプリであれば、自分で作ったコレクション別にフォントを選べるので、作業も捗りますね。

Macなのに、わざわざMSフォントを使いたくないという方も多いですけどね。105.png

[PR]
Macを使っていると、アプリやブラウザを次々と開きますよね⁇
『command+tab+Qの連打』で、アプリごとに閉じることができるので、問題ありませんよね⁇
……もしかしたら、きちんと整理しながら使うのが正しい使い方かも105.png

先日、アプリごとではなく、ウインドウごとに切り替えができる『HyperSwitch』という、Macでは基本であろうフリーソフトも入れました。
『option+tab+Qの連打』で閉じることもできます。
一瞬で、何が開いているかを確認できるので、便利です。

ふと、思いました。
一瞬で全部のアプリを終了させることができる、便利アプリもあるに違いない。
システム終了させる時は、アプリを全部閉じた方が、やっぱり安心な気がする。
前回、突然画面真っ暗事件が起こったことでも不安だし…。

アプリを探してみよう!

更に、ふと、思いました。
こういう簡単な機能なら、標準で内臓されている『Automator』で作れるのでは?
存在は知っていたけれど、まだ、使ってはいませんでした。
『Automator』とは、ワークフローを作って、というか並べて、アプリやフォルダの動作を自作できる機能です。

作れそうだ!
d0367899_11424151.png
作れました!

『Automator』の詳しい使い方は、説明してくれているサイトを検索してみてくださいね。
私は、半分も理解していないので、正しい説明ができません。105.png
アイコンのデザインは、絵文字と手書き文字を組み合わせた、こちらも自作です。102.png

”アプリ”として作った方は、アイコンをポチッと押すと、開いているアプリがすべて終了します。
もう一つ、”フォルダのサービス動作”(フォルダやファイルを右クリックした時に現れる動作)にも仕込んだので、そちらからも終了可能です。
オートセーブ機能は必須ですね。

この『Automator』や『ターミナルコマンド』を使って、自分流にカスタマイズしてこそ、「自分、Macを使いこなしている!」と言えるようになる気がします。
(個人の基準です)

チャララ・チャッ・チャラ〜♪(一つレベルアップした音)



[PR]
Macを使っていると、頻繁に"Finder"を開きます。

Windowsで言うところの"エクスプローラー"なのですが、Windowsではフォルダやショートカットをデスクトップ画面に、ガンガン!置いて管理していたので、あまり開くことがありませんでした。

Macでは、デスクトップ画面は極力スッキリさせたいので、毎日使うようなフォルダやアプリでなければ、"Finder"からアクセスします。

ここは、無味無臭・無機質な、本体に入る前の四角い真っ白な部屋、手を加えるのは極々実用的な部分のみ、己も無の境地で操作する場…、と思っていました。

でも、ちょいと右クリック…、あれあれ?
背景色、変えられるんですか?
自分好みに?
今まで気が付かなかったー。
ガンガン!変えました〜。

ちょっとくすんだ、優しい色に。

こんな色とかー106.png
d0367899_23550400.png
こんな色とかー106.png
d0367899_23551192.png
こんな色とかー106.png
d0367899_00133446.png
優しい162.png

ちなみに、色変更は『アイコン表示の時に右クリックして、”表示オプションを表示”を開いた時』だけ。
ピクチャを背景にすることもできます。
きっと、Windowsでも変更できるのでしょうけど、事務的作業中心のWindowsでは、変更したいとも思わなかった…。

これからも、ガンガン!カスタマイズ。110.png

[PR]