タグ:アプリ ( 16 ) タグの人気記事

タブレット『Huawei MediaPad M3 lite 10』で、ここ数日(2018年5月中旬)、『Google Chrome』のログインを促すに画面に悩まされていました。
根本的な原因の解消はまだのようですが、復旧方法はわかりましたので記録しておきます。

おかしな症状は、『Google Chrome』を開くと「ログインすると便利ですよ!」と上部に出るのですが、勿論ログイン済みなのです。
知らないうちにログアウトしてたかな?と思い、アカウントを入力しても「そのアカウントは既に端末に存在してます。」
でしょうね〜。
でも、アカウントに自分が表示されないのです。

『Google Chrome』Google Playストアで無料(2018.5)
Android端末なら、初期内蔵アプリで入ってますよね。
d0367899_12044048.png








異常に気付いたのは、直前にパソコンの『Google Chrome』でブックマークした記事を、タブレットで読もうとしたら登録されていなかったから。
自動で同期する設定にしています。
それより以前のブックマークは同期されています。
設定を再確認しましたが、変更された様子はありません。
他メーカーのAndroidスマホとiPadの『Google Chrome』では同期されていました。

となると、タブレットのアプリが何らかの原因で破損した?
『Google Chrome』を無効化して(システムアプリ扱いの様でアンインストールはできなかった)、もう一度アップデートしてみました。
すると、ログインできない画面はそのまま、全てのブックマークが消えてしまいました。
悪化です…。

では、タブレット本体のアプリ設定(通知とか権限の許可など)を間違って触ってしまったかも?と思い、関係ありそうな部分を確認しましたが、変更された様子は無し。
再起動しても変わらず。
検索する用途としては問題なく使えるのですが、気持ちは良くないです。
ブラウザだしウィルスにでも感染してしまったのでは?と怯えながら、タブレットの初期化も考え始めたころ…。

ネット上の情報を検索してみました。
いくつかヒットした記事によると、
  • 異常が出ているのは主にHuaweiの端末
  • 原因となっているのは、少し前にアップデートされた『Google Play開発者サービス』というシステムアプリ

どっちも思いつきませんでした。
とりあえず、自分のタブレットが壊れた訳では無さそうで安心。

『Google Play開発者サービス』Google Playストアより
d0367899_11092075.png








今までこのアプリ自体を触ることは無かったので、こんなアイコンだったのも知りませんでした。
アプリのレビューにも同じ症状になった方たちの情報が書かれていましたが、普段はここを開かないので気付く事はできませんでした。

『Google Play開発者サービス』をアンインストール→再起動→アップデートで元通りになりました。

ちなみに、『Google Play開発者サービス』のアンインストール方法は端末によって違うみたいです。
『Huawei MediaPad M3 lite 10』では、本体の[設定]→[アプリ]では[強制停止]が出るのですが、そこからはアンインストールにも初期化にもならず。
『Google Playストア』から検索して、アンインストールボタンをポチっで初期化されました。
システムアプリなので、完全な削除はできません。

繰り返し起こる可能性もあるので、端末かアプリの修正を待つしかないのでしょう…。
なぜHuaweiの端末が?何か特別なプログラムが仕込まれているの?というのも気になるところで…。

『Google Play開発者サービス』はいつの間にかアップデートされるし(アプリは自動でアップデートしない設定にしてるんですけどね)、重要なシステムアプリなのでまさかこれが原因だとは思いもしませんでした。

今回だけの不具合かもしれませんが、
Huaweiの端末で『Google Chrome』がチョットおかしいぞ〜と思ったら、『Google Play開発者サービス』を疑え!!!です。



[PR]
札幌で2日程前に発生した(流れてきたかな?)大量のPM2.5。
自分の目が変になったのかと思うくらい、白かった…。
今まで花粉症でもなく、黄砂の影響も感じず、アレルギー体質でもなかったのに…。
鼻水じゅるじゅるです。145.png

日頃の疲労や睡眠不足で弱っていた体には、はね返す力は無かったようです。
職場でもかなりの人数が体調不良を訴えていたので、健康被害で大ニュースになっていても良さそうなのに。

今後に備えて、予報&予防対策をしなければ!

日本でのPM2.5の測定値を発表しているサイトは…、
『そらまめ君』(環境省大気汚染物質広域監視システム)
● 各自治体のホームページ
など。

実際のニュースでは数値の違いも大きく、
「今、PM2.5が多いですよ!気を付けて!」では、対策が間に合わないと感じたので、
少し先までの予報をすぐに見る方法を探しました。

自治体ごとのホームページによっては見やすく、わかりやすく工夫されていますが、我が街札幌は速報値を事務的にグラフ化しているだけか…。
予報でもありませんでした。119.png
PM2.5は、花粉飛来や熱中症のように警報を通知してくれるアプリも少ないようですね。

では、Myスマホ(Android)の画面にウィジェットを置くのが一番!
天気予報は他で見ているので、PM2.5だけで十分。
アプリを探せ!!
これかっっ!!

Google Playストアで無料(2018.5現在)

随分と飾り気のない名前ですが、中身も良い意味でシンプル。
やはり、上記の『SPRINTARS』『そらまめ君』のデータが使われているアプリです。
ウィジェットをタップするとアプリが開いて、数日先までの予報や細かい数値も見ることができます。

ウィジェットは最小の1×1サイズでこんな感じ。↓
2×1サイズで、今日&明日の表示にもできます。
左側で、「汚染ー多い」というのがPM2.5です。
d0367899_05090772.png

ちなみに右の天気予報のウィジェットは

『Meteogram』
Google Playストアで無料(2018.5現在)

で、こちらもお気に入り。
天気・気温・降水確率だけ表示している状態ですが、他にも細かい設定が沢山あります。
PM2.5もないか探しましたが、残念ながら有りませんでした。


これで、外にいる時間を少なくしたり、マスクを用意する計画を立てられます。

こういう画面のカスタマイズが楽しいから、iPhoneに移行する気になれないんですけどね。110.png


[PR]
皆さんにも届いているようですね。
Instagramからの長〜〜〜〜〜いメールが。
しばらくアプリのアップデートをせずにいたので、怒られたのかと思いました。128.png

朝7時過ぎ、まだ寝ている時間にメール。

眠い!全部英語!長い!文字色薄い!読めんわ!

とツッコミを入れておいて、しっかり起きた後にゆっくり読みました。

d0367899_01465459.jpg
多分、本物ですよね。
Instagramのポリシーが長々と書いてあるようです。
Facebookが世間を賑わせている昨今、そういえばグループ企業だったんですね。
Facebookには登録していませんが、悪用されれば繋がっちゃうかもしれない…?

広告が増えてきたのも、利益を追求する企業なら仕方ないと思います。
その広告が自分に関連しているのも、まあ、悪用されていないと信じて…。
ポリシーに同意してとの事ですが、Agreeボタンを押すのは怖いですから。
押さないと使えなくなる?なんて事はないと思いますが?どうでしょう?
まだ押していませんが。

殆どのネット利用者は、スパムメールや添付ファイルやリンクを不用意に開かないよう気を付けているので、信頼できる企業であっても疑われないメールにする努力をして頂きたい!!!

今回のメールは個人情報の利用が世界的問題になっている中、信用性を疑われない為に発信されたと思いますが、まずは恐怖を感じてしまいました。
Instagramなどのアプリであれば、アプリ自体をアップデートしたら同意で良いと思いますが。

しばらく投稿していないInstagram(かれこれ半年以上)、それでもフォローを外さずにいてくれる人がいると思うと(見ず知らずの数十人)、アップデートしておこうかな…。

ちなみにGoogle PlayストアでInstagramアプリのアクセス権限を見てみると、
ID、連絡先、位置情報、SMS、端末上の画像・動画・音声など、カメラ、マイク、電話番号、端末ID、通話状況、その他……。

アクセス権限豪華全部乗せ!!



[PR]
今更ですが、”RSSリーダー機能”とやらを使ってみました。
説明するまでもない、有名な機能です。
気になるウエブサイトやブログの更新があったら通知してくれたり、アイコンに数字で新着件数を表示してくれる便利な奴でした、今更ですが…。

今までは、ブラウザの”ブックマーク”や、”スピードダイヤル”や、”リーディングリスト”に登録しておいて、そこから開けば十分だと思っていたのですが…。
このサイトはSafariから見たい!こっちはGoogle Chromから見たい!など、少々こだわりもあり、もう少し簡単にアクセスする方法を探ってみたのです。

そう思って良く良く見ると、どのサイトでもオレンジ色のアンテナマークが目に付くではないですか。
d0367899_01532378.png

パソコンでRSSリーダーを使う方法は?

まずは、それぞれのブラウザで拡張機能を使う。
ブラウザの垣根を超えて使いたいので、これは違うな…。

では、アプリです。
スマホでもパソコンでも使える有名なRSSリーダーアプリがいくつかあります。

が、アカウント登録が必要!と言われると警戒心が生まれます。
記事を読みたいだけなので、他のSNSやアプリと共有する必要は無いし、ピッタリの記事をオススメされる必要も感じません。
自分の他のデバイスと共有する必要もありません。

キーワードを登録すると、ネット上から関連記事を検索してくれるという物も試しましたが、読み込みが重かったので却下しました。

すでにサイトがたくさん登録されていて、自分好みにカスタマイズしていく物も試しましたが、どんな記事が読めるのか確認しながら編集するのに疲れて途中で断念。

極々、極々、シンプル機能のアプリは無いのかな?
何個かインストールして、ちょっと違うと思ってはアンインストール。

これかっ。
『LuckNews』
Mac App Storeで無料(2018.2時点)
アカウント登録は必要なし。
以前は登録数に制限があったようですが、今の所ドンドン登録できてます。

とてもシンプルです。
読みたいサイトのURLをドンドン登録。
フォルダを作って見やすいようにカテゴリー分け。
更新間隔や、後で読む機能を設定するか、記事のフォントなどなど、お好みで。
トラックパッドを使うと、雑誌をめくるように、次々とタイトルと記事の冒頭部分を読む事ができ、気になった記事だけブラウザに移動して全文を読みます。
記事にフラグを付けておく事もできます。
d0367899_01513266.jpg
通知センターに記事を表示する事もできるようですが、それは邪魔なのでいらない…。

他のアプリの機能で、どのブラウザで開くか?その都度選択するように設定しているので、勝手なブラウザが使われるストレスも無し。

これで、
スマホでは、好きなジャンルに特化したまとめニュースを通勤途中にさらっと読み104.png
タブレットでは、新聞各社の速報や時事ニュースをまとめて読み104.png
パソコンでは、深く読みたいサイトをもれなくチェック104.png

自分のブログも登録してみましたが、タイトルと冒頭の記事が重要だということがわかりました、今更ですが…。

[PR]
このアプリ便利!!と、紹介したかったのに、昨日発売(北海道ではちょい遅れ)の
『Mac Fan 2018.3月号』に先を越されちゃいました。
とはいえ、何が?どう?どんな人に?便利かは、使ってみないとわからないので、紹介させてください。

これです!!
『Haste』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥720でアンリミテッド版に

WEB検索アプリです。
それ以上でも以下でもないです。

スマホでは初期内蔵のGoogle系アプリ以外に、検索特化アプリは2つ、ブラウザも4つ入れて、検索しまくっている検索好きです。123.png


まず、Macで検索といえば、
『Spotlight検索』
d0367899_01490963.jpg
が、WEB検索には使いにくいですよね。
Siriのオススメページや、自分の履歴は出てくるのですが、候補がズラッと出てくるいわゆるWEB検索ではないです。
Spotlight検索は、自分のパソコン内の検索や、答えが1つ出てきたらOKの検索(計算結果やフライト時刻など)に向いているようです。


次に、Macで検索といえば、
『Alfred』
Mac App Storeでは無料(2018・1現在)
公式HPから購入する事で多機能最新版に

無料版しか試していないのですが、違和感が消えなかったのです。
Spotlightと重複する機能…。
確かにキーボードで全て操作できるのですが、キーワード入力は逆に時間がかかる…。
上段の数字キーを多用されるショートカットは苦手…。(テンキー無しMacです)
検索窓&文字が大きくて圧迫感…。
高機能すぎて、初心者が初心者から抜け出せずに、アップアップしてるだけなのですが。


次の次に見つけた検索アプリは、
『Liquid|Flow』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥600あり

『テキストを選択して、Liquidのショートカットキーを押す』と、検索窓に入力されています、早っ。
次に下の豊富な検索リストから何で検索するかを選ぶ。
(この時、わかりやすいコマンドでも選択できるはずなのですが、無料版だからなのか?コマンドは一部しか反応せず)
とても惜しい事に、「テキストを選択していないと」ショートカットキーで起動しないのです。
空欄状態で検索窓を出したいと思ったら、メニューバーのアイコンをクリックするか、アプリ自体を開く必要あり。


そして、これかっ!と、見つけたのが、上記の
『Haste』
『いつでもどこでも、”commandキーを2回”』で、検索窓が起動します。
検索リストの選び方も、頭文字のアルファベットをポンと押せば良く、直感的、初心者に優しい…。110.png
無料版だと5個までらしいので、試用期間が終了したら課金する予定です。
d0367899_01395148.jpg
『テキストを選択&コピーして”commandキーを2回”』だと、入力された状態で立ち上がります。
safariなら拡張機能をオンにする事で、
『テキストを選択して"commandキーを2回"』で入力完了。
この早さは、他のブラウザにも、是非是非、適用してほしいですね。
検索リストも自分でカスタムできます。
検索結果は、その時に開いているブラウザで表示されるようです。

欲を言えば、検索リストを沢山表示する設定にしていると縦長に間延びしてしまうので、もっとコンパクトなデザインにしても良いのでは?かな?

まだ、出来て間もないアプリのようで、これからドンドン使いやすくなりそう〜というのも加点要素です。
開発者様ヨロシク101.png


[PR]
あれ?Macでは、アラームやタイマーのような、時間のカウントアプリが内蔵されていない⁉︎
自分でアプリかフリーソフトを追加しないといけないようです。
画面の前にいると、時間の経過を忘れてしまうので、アプリを探すことにしました。

何を忘れるのかというと………。
他のデバイスを充電したまま、
「あ〜、もう3時間以上経ってる〜、また過充電状態だ〜」
が、頻繁に起こってしまいまして。103.png

コンセントをタイマー付きにするという方法も有るんですけどね。
便利アプリを探し出すのが楽しいので、まずはアプリで。

●細かい設定をしなければ発動しないアプリはいらない。
スケジュールアプリのリマインダー機能を代用するのは、設定が面倒過ぎなのです。

●アラームのように音が出るのは、ビックリしてしまうので、あまり好きではありません。
アラームは起こしてくれる時だけで良いです。

●単純に経過時間が分かれば良いです。
カウントダウンだと、0になった後どれだけ時間オーバーしたかわからないので、カウントアップが最適?

●アプリを開かなければ時間を確認できないタイプは、セットした事を確実に忘れます。エヘン!
なので、メニューバーに経過時間が常に表示されるもの。
フローティングで小さく最前面に表示されるのも有りですが、デザイン的に納得できるアプリを探せず…。

●メニューバーの中で馴染んでしまうと注意が向かないので、動いていたり、色がついているもの。

『シンプル、優しく、美しく!!』

で、見つけたのがコチラ、

Mac App Storeで無料(2018・1現在)
d0367899_04020557.png











アプリを起動させたらメニューバーに表示されます。
カウント中は緑色、他の状態はこんな感じ↓。
d0367899_04074415.jpg
Start を押すと、即カウント開始ですが、タイマーの名前を複数設定する事もできます。
d0367899_04215107.png
が、複数設定しても、カウントするのはメニューバーに表示されている一つだけです。
メイン以外のタイマーは、自動的に一時停止状態になります。
他のタイマーをメニューバーに上げると続きからカウントしますが、今までカウントしていたのは一時停止。

んー、そっか、これは、
「今までパソコンで仕事をしていて、作業時間を計測していました。
今から休憩するので、休憩時間を計測します。」
というように、重ならない作業の時間を計測する為には便利なアプリですね。
将棋の対局で、それぞれの持ち時間をカウントする時にも便利ですね。
いえ、将棋はしませんけど…。

自分が出来ると良いなと思っていたのは、
「今からスマホの充電します。
しばらくしたら、タブレットも電池がなくなってきたので充電します。
あ、ウエアラブル端末も充電しなきゃ。」
と、スタートが違っても同時進行で時間経過を見る事。

実に惜しい!
自分には、実に実に惜しい!!

Macがスリープした時に、カウントし続けるか?一時停止するか?は、設定で選ぶ事ができます。
全部同時進行でカウントするか?他を一時停止するか?も選べたら星五つ!

風の噂では、iPhoneやiPadのApp Storeと、MacのApp Storeが統合されるとか?
MacのApp Storeは、ほぼ毎日覗きますが、あまり変化が無いのでちょっと物足りないのです。
Google Playは変化が大きいので、毎日覗いても楽しいですけどね。

もっと増えろ〜〜、Macのアプリ〜〜。

[PR]
我がMacを『Sierra』から『High Sierra』にアップグレードしてから一週間ほど。
毎日、問題なく戯れています。

一度だけ、ブラウザ『Safari』が、”構ってアピール(Dockの中でアイコンがピョンピョン跳ねている)”をしていて、開こうとしても開けず、アプリを強制終了してみても反応しなくなったので、Macの再起動をしたことがありました。

『Safari』なので、何かあってもすぐ修正されるでしょう、心配はしていません。

細かい設定の違いなどはあるのですが、楽しみながら、ゆっくりチェックしていけば良いです。

さて、更に細かい違いを。

えー、細かすぎて伝わらない違いを。

メインで使っているお絵描きソフトは
『EazyDraw6
d0367899_00434272.png
App Storeから購入して、ほぼ毎日使っています。
…使っている人、少数派ですね。119.png

あっ、『カラーパネル』の中の、『カラーパレット』(色を置いておく四角いタイルがいっぱい並んだパレット)の使用感が、変更になっている。

『カラーパネル』自体は、macOS側の機能なので、他のアプリでも色の調整をする時には使います。
d0367899_00434807.png

アップグレード前は、色を好きな所に置いても、まわりのパレットは動かなかったのですが。
なので、その時描くイラストによって、すぐ使う色のグループを右上のあたりにまとめて置いて、必要なさそうな色は一旦下側にまとめて、…というレイアウト変更をしていました。

が、アップグレード後は、新しい色を置くと、間に割り込んだ形になって、その後ろにある色が全部一つずれていくのです。
言葉で説明するのが下手ですが、さっきまで右端にあった色が、一段下の左端に行っちゃうのですよ。(汗)

そして、以前は色を削除することはできず、必要なくなった色の上に違う色を上書きしていたのですが、削除はできるようになりました。
ただ、削除すると、後ろにある色が全部前にずれてくるので、やはりレイアウトが崩れます。(汗)

これって………、
AndroidとiPhoneの、ホーム画面のアプリの置き方の違いにソックリではないですか!

今までAndroid風だったのが、iPhone風になった!
さすが、Apple!

スマホはAndroidなので、画面の中心は避けて、端っこにアプリを置くのに慣れています。
そういえばパソコンの画面も、最低限必要なフォルダを両端に縦一列、分けて置いてますが、他人のパソコンって左側にまとまっている事が多い気がする…。
それって、iPhoneの人かっ???

『カラーパレット』は、ちょっと使いにくくなったのですが、おいおい慣れるでしょう。

でも、『ブラシツール』は、今までフリーハンドのラインが、描きながら修正がかかって思うように描けなかったのが、アップグレード後は、ほぼ自分のなぞったラインに忠実になりました。
これは、『EazyDraw』側の仕様だと思うのですが?

ちなみに、この『EazyDraw』。
無料版から8までありますが(2017.11現在)、それぞれ何が違うのか?どのバージョンからどのツールが追加されたのか?など、日本語の詳しい説明がないので、私には説明できません。
多くの人には、とっつきにくいお絵描きソフトですよね。(悲)

細かすぎて伝わらない『macOS High Sierra』で『カラーパレット』がちょっと変更になった話でした。

もし、『macOS High Sierra』でもない、『EazyDraw』を使ってもいないのに、ここまで読んでくれた方がいたら、感謝・感謝・大感謝!!!110.png110.png110.png



[PR]
10インチタブレット購入後、やっと、5インチスマホより良い所が見つかりました。
画面がスマホより大きいのです、当たり前ですけど。

スマホで動画を見る趣味は無く、たまに『YouTube』が観たくなった時はブラウザから。
アプリで容量を圧迫させたくないので、滅多に利用しない『YouTube』は停止させています。
せいぜい映画の予告を観たり、好きなアーティストの新曲PVを観たり、懐かしい曲を聞くくらい。
有料の動画サイトを契約するなんて、全く眼中にありませんでした。

ただ、海外ドラマが昔から大好きです。
地上波で放送した『スタートレック』『24』『ER』『特攻野郎Aチーム』『エアーウルフ』…などは欠かさず観ていました。
これで好みが推測できると思いますが、大好きだった『冒険野郎マクガイバー』がリメイクされたのです。

我が家の環境では、BSを契約しているので、BS258からDlifeで観ることもできます。
しかし、いつでもどこでも、一時停止しながらでも視聴可能な見逃し配信が便利で、スマホにアプリ『Dlife』を入れています。

大好きなドラマなので、スマホより大きな画面で観たくなりました。
おや?10インチタブレットが目の前にあるではないですか!
昨日、早速、第1シーズンの初回放送をタブレットで観ました。

新生『マクガイバー』

マクガイバー若いな…。
線が細いな…。
展開が荒いな…。
カメラワークが不安定だな…。
痛快爽快感が足りないな…。

これらは昔の思い出を美化している、勝手な感想です。105.png

そして、最近の洋画は字幕で観ることが多かったので、吹き替えでは少し抑揚が有り過ぎ、違和感を感じる。
これは、吹き替え版しかない洋画では仕方ないですね…。

ちょっと若い、マクガイバー。
これからの展開に期待です。
IT堪能なライリーデイヴィスは、24のクロエを彷彿とさせていて、好きなキャラになりそうです。106.png

昔のマクガイバー、手先は器用なのに、絵が下手だったのを強烈に覚えています。
d0367899_01312501.png

『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10
画像が綺麗!音が綺麗!も売りのタブレットなので、10インチでも十分満足できました。

Android5.1スマホでは、時々プチフリーズして、その度にブルートゥースイヤホンの接続が切れ、ストレスが溜まっていました。
タブレットでは、Android7.0が良いのか?CPU性能が良いのか?アプリ自体がバージョンアップしているのか?一度も途切れる事なく、快適に視聴できましたよ。

他の海外ドラマも観たいし、HuluとかdtvとかNetflixの導入も、いずれ考えましょう…。

10インチって5インチより大きいんですね、当たり前ですけど。


[PR]
ほぼ衝動買いで手に入れたタブレット。

『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10

"MS Office Mobile 標準搭載"が売りの一つだったのも魅力でした。

売り場で触った時に、PC用とはかけ離れた簡易版であるのはわかったのですが…。
簡易版の機能だけでも外出先で編集できれば良いと思ったのですが…、そこが売りでしたから…。

Android7.0 メモリRAM3GB:ROM32GB
現行のAndroidとしては悪くないスペックのはずです。

でも、重いのです。139.png
ファイルを開く時に、多少時間がかかるのは覚悟していましたが、問題は開いた後。
頻繁に、アプリが応答していません状態になってしまいます。140.png

OneDrive内のデータを直接編集すると悪いのかもと思って、ダウンロードしてから編集しても落ちる。
自動保存をオフにしてみても落ちる。
他のアプリは終了させて、ストレージをできるだけ空けた状態にしても落ちる。

我が家のWi-Fiでこの状態なら、外出先では、もっと使えない代物になってしまいそう。
d0367899_01274178.png
MS Office Mobileの設定にはそんなにカスタマイズ性は無いので、タブレットの設定をどうにかすればサクサク動くようになるのでしょうか?

もっと、ハイスペックのAndroidタブレットにした方が良かった??
いやいや、それだと、iPad Pro や Surface に手が届いてしまうので、負けた気がする…。

ここで、ふと、Google Chrome から MS Office Online にアクセスしてみました。
Android5.1 のスマホからは、重くて重くてアクセスを諦めた、オンライン専用で無料の MS Office です。

なんと、すんなり入れまして、エクセルに関しては、MS Office Mobile よりも機能豊富で、しばらく触っていても落ちない。
エクセルはOKです、エクセルは。

しかし、何故かワードは編集させてくれません。
アプリに移らないと、閲覧しかさせてくれないのです。

いくつか他の互換アプリも試してみましたが、OneDriveからのインポート&エクスポート機能を求めてしまうと、うーん、重くてもMS Office Mobileで我慢しようかな…。
再現性ならとても優秀!と思えるアプリもあったのですが。


覚え書き程度の編集と思えば、外出先でもアクセスできる環境が整ったので、無料なら十分!と、思いましょう…。

有料版にしても重さは変わらないですよね?120.png
タブレットで快適に利用するには、何が必要なのでしょう?

難攻不落、マイクロソフト。


[PR]
Macを使っていると、アプリやブラウザを次々と開きますよね⁇
『command+tab+Qの連打』で、アプリごとに閉じることができるので、問題ありませんよね⁇
……もしかしたら、きちんと整理しながら使うのが正しい使い方かも105.png

先日、アプリごとではなく、ウインドウごとに切り替えができる『HyperSwitch』という、Macでは基本であろうフリーソフトも入れました。
『option+tab+Qの連打』で閉じることもできます。
一瞬で、何が開いているかを確認できるので、便利です。

ふと、思いました。
一瞬で全部のアプリを終了させることができる、便利アプリもあるに違いない。
システム終了させる時は、アプリを全部閉じた方が、やっぱり安心な気がする。
前回、突然画面真っ暗事件が起こったことでも不安だし…。

アプリを探してみよう!

更に、ふと、思いました。
こういう簡単な機能なら、標準で内臓されている『Automator』で作れるのでは?
存在は知っていたけれど、まだ、使ってはいませんでした。
『Automator』とは、ワークフローを作って、というか並べて、アプリやフォルダの動作を自作できる機能です。

作れそうだ!
d0367899_11424151.png
作れました!

『Automator』の詳しい使い方は、説明してくれているサイトを検索してみてくださいね。
私は、半分も理解していないので、正しい説明ができません。105.png
アイコンのデザインは、絵文字と手書き文字を組み合わせた、こちらも自作です。102.png

”アプリ”として作った方は、アイコンをポチッと押すと、開いているアプリがすべて終了します。
もう一つ、”フォルダのサービス動作”(フォルダやファイルを右クリックした時に現れる動作)にも仕込んだので、そちらからも終了可能です。
オートセーブ機能は必須ですね。

この『Automator』や『ターミナルコマンド』を使って、自分流にカスタマイズしてこそ、「自分、Macを使いこなしている!」と言えるようになる気がします。
(個人の基準です)

チャララ・チャッ・チャラ〜♪(一つレベルアップした音)



[PR]