IPアドレスについてチョットだけ理解しておこう

やっぱり少しは理解しておきたい『IPアドレスって何ぞや』。
ネット上で割り当てられ、ザックリと接続情報がわかる数字の羅列…、程度の理解からスタート。
セキュリティ面から最低限知っておきたいポイントを見つける為にあちこち彷徨ったので、自分の為にまとめました。

まず、超初心者の素朴な疑問。
パソコン本体のWi-Fi詳細情報に表示されるIPアドレスと、Web版Gmailのアクティビティの詳細で表示されるIPアドレスが全然違うのはナゼ?


パソコン本体のWi-Fi詳細情報に表示されているのは
『ローカルIPアドレス』

このローカルIPアドレスとは、自宅(又は会社など)のWi-Fiルーターからそれぞれの機器に割り当てられたアドレスで、直接ネットに繋がっている訳ではない。
同じルーターに接続している機器には必ず違う番号が割り当てられる。
末尾が1、2、3…と順番になっている事が多いが、違う番号であれば飛んでいても問題無い。
 例)パソコンは192.123.4.5  スマホは192.123.4.6  プリンターは192.123.4.7
一つのルーター内で完結すれば良いので、別のルーターで偶然同じ番号を使っている可能性もある。

このローカルIPアドレスにおいてセキュリティ面で気になるのは、
『自宅のWi-Fiを知らない人に使われていやしないか?』ですね。
そんな時に活躍するアプリは
Fing
App Store Google Play で共に無料(2018.5現在)
d0367899_01471657.png









同じWi-Fiネットワークに繋がっている機器を表示してくれます。
繋がっているのをすっかり忘れていた機器や、家族の所持している機器も表示されます。105.png
簡単なデバイス名やシステム名が表示されるので、判別してわかりやすい名前を登録しておくと良いです。
判らない場合は個別のMACアドレスを調べて照らし合わせてみる。
ちなみに、末尾1は「デフォルトゲートウェイ」(えー、外のネットワークに繋がる大元のルーター)に割り当てられている様なので、契約している会社名などが表示されているかと。


●Web版Gmailのアクティビティの詳細などで表示されているのは
『グローバルIPアドレス』

このグローバルIPアドレスとは、外部ネットワークに繋がるのに必要なアドレス。
公衆Wi-Fiだろうが、デザリングだろうが、VPN接続だろうが、必ず割り当てられている。
世界に同じ番号はありません。

モバイル通信の場合は、契約している通信会社が利用しているアドレス。
自宅Wi-FiならプロバイダがWi-Fiルーターに割り当てたアドレス。
「自分のIPアドレスを検索!」というサイトで表示されるのは、大抵、グローバルIPアドレスです。
IPアドレス検索サイトがたくさんありますので、すぐに調べる事ができますよ。
plala iPv6接続確認ツールなら、枯渇するかもしれないiPv4か?新しいiPv6か?とIPアドレスをサクッと判別してくれます。
d0367899_14082018.png

これらのIPアドレスのほとんどは、変わる事がある動的IPアドレス。
固定IPアドレスの契約にする事もできるらしい(多分お高い)のですが、一般的には動的IPアドレスで問題無いです。
固定IPアドレスにすると攻撃されやすくなる⁈という問題も出てきますので、上級者さん用ですね。

ローカルIPアドレスは、ルーターの電源を入れ直したとか、ネットワークが一時的に途切れていたなどで変わってしまう事がある様です。

自宅Wi-FiのグローバルIPアドレスはプロバイダ次第ですが、同じ番号が使われ続けている事が多いです。
いつ変わるのかは分からないですけどね。
中には固定IPアドレスを使っているプロバイダもある様です。

ネットバンクなどの端末認証に、IPアドレスを利用している事もあるようで。
いつもアクセスしているのに、突然、秘密の質問(端末登録時に自分が設定している)をされるのには、原因の一つに「IPアドレスが変わっていた」というのがありますよ。

モバイル通信で使うIPアドレスは、毎回変わります。
なので調べたところで何?って感じですが、自分の契約している通信会社かどうか?ぐらい確認できます。
検索&IPアドレスのわかりやすい解説では、ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】がオススメです。

そして、セキュリティ的に知っておくべきなのは、
IPアドレスは公開情報であり、大体の地域や利用しているプロバイダなどがわかるという事。
これらがわかっても、個人が特定される事はないです。
もし会社や学校のネットを利用していて、固定IPアドレスで公開していたら、会社名や学校名はわかってしまいますけど。
個人が特定されるとしたら、警察がそれなりの手続きを踏んでプロバイダに開示命令をする…、という状況に巻き込まれる…、こわっ。
もし「IPアドレスがわかったから個人情報を盗んだぜぃ」と脅されてもウソです。

それでも、悪意があれば他の情報(SNSなどで自分が発信している事が多い)と合わせて個人の特定まで至る可能性もあるので、むやみに教えるべきではないですね。


難しい数学も難しい横文字も無しで、自分用に『IPアドレスとセキュリティ』について説明してみました。
このぐらいの理解で勘弁してください……。106.png


[PR]
by north_mu | 2018-05-26 03:36 | つぶやき | Trackback
トラックバックURL : https://north04mu.exblog.jp/tb/26825975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]