格安SIMの中の格安SIM選び

昨年秋に衝動買いしたタブレット『HUAWEI MediaPad M3 Lite 10』
SIMカードをセットして使うことにしました。

このタブレットにはLTE版とWi-Fi版があり、Wi-Fi版よりお高いですが、利用用途が広がるLTE版を選んだのです。

お手軽にセットできる格安SIM情報を収集開始です。
条件は、
データ専用SIM&ドコモ回線&1GB前後のプラン&月額1000円以下

*以下、2018年2月現在の情報です。*

昨年秋にタブレットを購入した時点では、『フリーテルの299円プランか499円プラン』にしようと思ったのですが、思った直後に『楽天モバイル』に買収(統合?)されまして、計画変更。
『楽天モバイルの525円プラン』は、速度が遅いので選択から外れました。

先日、新生『フリーテル』が、eSIM搭載の端末を販売開始。
eSIMは今後主流になるかもしれないので、動向に注目です。
業界全体が淘汰・再編されている事も忘れずに。

さてさて、月額500円程度で契約できるデータ専用SIMは、数社から販売されていますが、速度が遅いというSIMが多いようです。
納得した上で、メールやSNS用に使うなら、サブの端末用にはピッタリです。

常時低速でも、最初の数秒だけは”バースト(高速)通信”ができるというSIMなら『IIJmio』『DMMモバイル』『mineo』など。
少量の通信を断続的に行うデータの送受信なら、高速通信と変わらないかもしれません。

数種類のSNSや、指定されたアプリはデータカウントフリー!!というSIMなら『 LINEモバイル』『DMMモバイル』『BIGLOBE SIM』など。
カウントフリーは、別途料金が必要な場合も多く、月額料金が高くなってしまう場合もあるので、お得かどうかは充分に検討を。

『TONEモバイル』なら低速ですが容量無制限で月額1000円、ただしSIM単体での販売は無し。
子供に安心して持たせたいという家族向け、またはスマホには不慣れな高齢者向け、そして、低速だけど完全にサブ機なのでOK!という方ならピッタリという特徴を持つスマホですね。

『nuroモバイル』は、5時間プラン(月額2500円)や深夜割(月額1500円)、データ前借りなど面白いプランを出していて、今後も気になる存在です。
深夜の5時間は使い放題という深夜割なら、家にWi-Fi環境がなく、外で無料Wi-Fiに繋げて使っている人には魅力的ですよね。
月額0円〜のゼロSIMも検討しましたが、こちらは低速のようです。

『エキサイトモバイル』、エキサイトブログを利用しているからという訳ではないのですが、定額プラン(余った分は繰り越し)と最適プラン(使った分だけ支払い)があり、普通に魅力的です。

低速ですけど安いです!と発表されていれば、用途に応じて使えるのですが、中には、何も言わずに常に低速!というSIMもあるようなので、多くの皆さんのレビューを参考にさせて頂きました。

検討しまくった結果、最終候補は3つ。
  • nuroモバイルの2GB700円プラン
  • エキサイトモバイルの定額1GB670円プラン
  • イオンモバイルの1GB480円プラン

いずれも高速通信ができるプランです。
迷いに迷って迷いまくった末、『イオンモバイル』に決定しました。
使ってみてダメだと感じたら、『エキサイトモバイル』に変更しようと思います。

『イオンモバイル』には音声プランも付けることができるTYPE1と、データ専用のTYPE2という、2種類のSIMがあります。
公式には発表されていませんが、TYPE1『IIJ mio』TYPE2『OCN』と推測されています。

実は、メインのスマホに『イオンモバイルTYPE1のデータSIM』(契約当時は1種類のみ)を使っていて、2年前の契約時より遅くなっているのを感じていたのです。
少し古くなった機種側の問題かもしれないのですが、判断ができません。
『IIJ mio』なら悪くないはずなのですが、TYPE1の契約者が増えて回線が混雑してきたのでしょう。
回線増強ではなく、全く別のSIMを出したのだろうと思います。

TYPE2のSIMが気にはなっていたので、まずは、
『イオンモバイルTYPE2の1GB480円プラン』にしてみました。

尚、2018年3月1日からau回線のSIMも販売開始と発表されました。
ドコモ回線の混雑を避けながら『イオンモバイル』が発展するなら大歓迎かな?

スマホとタブレットでシェアプランにしても金額はほぼ同じだったのですが、TYPE2の調子が良ければ両方ともTYPE2へ。
ダメだったら『イオンモバイル』とサヨナラしようと思うので、単純に1枚新規契約です。
そうと決めたらイオンへGO!
平日夕方5時頃ですが20分と待たずにSIMをゲット!

『イオンモバイル』は細かい料金設定で無駄の無いプランを見つけやすいですが、音声プランが必要な場合は使い方が複雑になってくるので、事前によ〜く確認してくださいね。

そして、通常のイオンの販売スタッフは、契約手続きには詳しいでしょうが、機能や速度に関してはあまり深く聞いてあげないでくださいね。
たまたま携帯コーナーの受付に配属されただけです。(笑)
それより、すぐ隣に居ることが多い、他の携帯販売業者の猛攻撃に負けないように!!(笑)
d0367899_00540381.png
家に帰り、APN設定などいくつかの情報を入力して、問題なく通信開始。
別々のSIMなので、お客様IDも2つ。
イオンモバイルマイページへは別々にログインしないといけないようで、まとめて利用状況を確認できないというのが、ちょっと誤算でした。

これから、何かに利用する訳でもないのですが、しばらく持ち歩いて動きを確認してみます。102.png



[PR]
by north_mu | 2018-02-17 02:30 | つぶやき | Trackback
トラックバックURL : https://north04mu.exblog.jp/tb/26484448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]