『Mac Fan 2018.3月号』に先を越されたけど…アプリ『Haste』便利です

このアプリ便利!!と、紹介したかったのに、昨日発売(北海道ではちょい遅れ)の
『Mac Fan 2018.3月号』に先を越されちゃいました。
とはいえ、何が?どう?どんな人に?便利かは、使ってみないとわからないので、紹介させてください。

これです!!
『Haste』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥720でアンリミテッド版に

WEB検索アプリです。
それ以上でも以下でもないです。

スマホでは初期内蔵のGoogle系アプリ以外に、検索特化アプリは2つ、ブラウザも4つ入れて、検索しまくっている検索好きです。123.png


まず、Macで検索といえば、
『Spotlight検索』
d0367899_01490963.jpg
が、WEB検索には使いにくいですよね。
Siriのオススメページや、自分の履歴は出てくるのですが、候補がズラッと出てくるいわゆるWEB検索ではないです。
Spotlight検索は、自分のパソコン内の検索や、答えが1つ出てきたらOKの検索(計算結果やフライト時刻など)に向いているようです。


次に、Macで検索といえば、
『Alfred』
Mac App Storeでは無料(2018・1現在)
公式HPから購入する事で多機能最新版に

無料版しか試していないのですが、違和感が消えなかったのです。
Spotlightと重複する機能…。
確かにキーボードで全て操作できるのですが、キーワード入力は逆に時間がかかる…。
上段の数字キーを多用されるショートカットは苦手…。(テンキー無しMacです)
検索窓&文字が大きくて圧迫感…。
高機能すぎて、初心者が初心者から抜け出せずに、アップアップしてるだけなのですが。


次の次に見つけた検索アプリは、
『Liquid|Flow』
Mac App Storeで無料(2018・1現在)
アプリ内課金¥600あり

『テキストを選択して、Liquidのショートカットキーを押す』と、検索窓に入力されています、早っ。
次に下の豊富な検索リストから何で検索するかを選ぶ。
(この時、わかりやすいコマンドでも選択できるはずなのですが、無料版だからなのか?コマンドは一部しか反応せず)
とても惜しい事に、「テキストを選択していないと」ショートカットキーで起動しないのです。
空欄状態で検索窓を出したいと思ったら、メニューバーのアイコンをクリックするか、アプリ自体を開く必要あり。


そして、これかっ!と、見つけたのが、上記の
『Haste』
『いつでもどこでも、”commandキーを2回”』で、検索窓が起動します。
検索リストの選び方も、頭文字のアルファベットをポンと押せば良く、直感的、初心者に優しい…。110.png
無料版だと5個までらしいので、試用期間が終了したら課金する予定です。
d0367899_01395148.jpg
『テキストを選択&コピーして”commandキーを2回”』だと、入力された状態で立ち上がります。
safariなら拡張機能をオンにする事で、
『テキストを選択して"commandキーを2回"』で入力完了。
この早さは、他のブラウザにも、是非是非、適用してほしいですね。
検索リストも自分でカスタムできます。
検索結果は、その時に開いているブラウザで表示されるようです。

欲を言えば、検索リストを沢山表示する設定にしていると縦長に間延びしてしまうので、もっとコンパクトなデザインにしても良いのでは?かな?

まだ、出来て間もないアプリのようで、これからドンドン使いやすくなりそう〜というのも加点要素です。
開発者様ヨロシク101.png


[PR]
by north_mu | 2018-02-01 02:46 | つぶやき | Trackback
トラックバックURL : https://north04mu.exblog.jp/tb/26405198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]