余震には警戒中ですが、ライフライン復旧しました。
我が札幌は早めに停電も解消するということでしたが、知人の地区では30時間以上経ってまだだとか。

水道とガスは大丈夫だったのでずっと家に居ましたが、ドコモの通信網が遮断されたのが結構な恐怖でした。
まだ繋がっている時間に、大切な人達への安否確認はできたので、お互いそんなに心配はしなかったのですが…。
「メールが届いますよ〜」という通知が表示されっぱなしだけど、センターにメール確認したら「接続エラー」って。

パソコンやタブレットの画面で明かり確保。
ワンセグ対応のガラホも活躍。
停電解消時には真っ先に充電させてもらいました。
「いっぱい電気使ってゴメンナサイ」と思いながら。

地震発生時はパソコンの前に居たので、とっさにパソコンの蓋を閉じて上から物が落ちてきて壊れないようクッションをかぶせて、電源ケーブル抜いて比較的物が無い部屋に移動。
もし自分の部屋で寝ていたら、机の上に積んでいた雑誌などが崩れてきたので、チョット痛い思いをしていました…。
d0367899_09495296.png

今回は「これは震度5はあるな(実際は5強)、ここまで大きかったら身を任せるしかないな」と、結構冷静でしたよ。
いつもの震度3程度だったら、「これは初期微動ですぐ後に大きい主要動が襲ってくるんでしょ?」と、地学の教科書が頭に浮かんで身構えるのです。

我が家では食器が壊れた程度で怪我もなく済みましたが、土砂崩れの映像は涙が出てきます。

苫東厚真発電所が復旧するには少なくとも1週間程度。
復旧しても泊原発の冷却のために優先的に電気が送られるというのは何だか理不尽。
もし原発が稼働していたとしても地震で停止して使い物にならなくなるんでしょ?と。
冷房も暖房も必要ない時期なので、電気がなくても落ち着いていられますが、真冬だったらと思うと…。

これから政府のお偉いさんが今後の為の対策を練ってくれるでしょうが、電気代大幅アップだ!とか、もっと原発動かせ!とか、期待を裏切る方向に進まないことを願います。
だったら小さい発電所をもっと作って、少し不自由でも節電して、みんなで助け合って生きていきたいな。(個人の希望です)

職場は天井破損でしばらく営業停止だとか。
今日は外に出てみますが、いつ大きい余震が来て交通機関がストップするかわからないので、移動手段は車にした方が良い?
と考えてみんなが車に乗ると、渋滞して身動きが取れなくなる悪循環に陥るんですよね。

もう、日本の何処に住んでいても安全とは言えません。
だったら、「ふるさと北海道に住んで、少しでも役に立てたら良いな」と、しみじみ思うのでした。



[PR]
レシートを撮影してdポイントを貯めるドコモのサービス『レシーとく』が、2018年8月31日午後5時で終了と発表されました。

ドコモ『レシーとく』終了のお知らせはこちら

対象商品の購入レシートをスマホで撮影して送信すると、dポイントが貰えるサービスです。
最近、対象商品が減ってきたのを感じていました。
たぶん個人にオススメの商品が選ばれるので、自分に合致する商品が無いのだろうと思っていましたが、サービス全体が縮小されていたのですね。119.png
以前は月に数回エントリーしていたのに、この3ヶ月程は全くエントリーせず。
(無理に対象商品を買う事はしないので)

『レシーとく』終了後は、
フェリカネットワークス株式会社による『レシータブル』
という同様のサービスが始まると案内されていました。(2018年8月以降スタート)

『レシーとく』はスマホ(自分はガラホですけど)の契約をしているドコモのサービスなので、一応、安心して利用していました。
ドコモ契約者以外でもdアカウントを登録することで利用できましたよ。
ドコモ契約者以外がdポイントを貯めてお得かどうかは別問題で…。

なので、フェリカネットワークス株式会社ってなんぞや?
個人情報収集が目的の民間会社なら登録しないぞ!
調べましょう!

フェリカネットワークス株式会社のHPへ

フェリカをアルファベットで書くと「FeliCa」。
非接触ICカード技術方式「FeliCa」は、おサイフケータイやICカードでお馴染みですね。
ソニーが提供している技術だそうです。
d0367899_22215528.jpg
フェリカネットワークス株式会社はソニーとNTTドコモの合弁会社、なるほど。
「Android Pay」や「Apple Pay」にも対応したことで(もちろんFeliCa搭載機種のみ)、今後も利用の幅が広がりそうですね。
「FeliCa」に変わる便利な技術が開発されない限り安泰でしょうか?

しかし、レシートの撮影には「FeliCa」は使わない気がしますが…?
おっ、2017年7月、『レシート商品特定システム』(スマートフォンで撮影したレシート画像でチャチャッと商品特定できるらしい)が「株式会社アイエスピー」と共同開発されたと…、これですね。177.png

ドコモが直接『レシーとく』サービスを提供するより、専門分野に特化したグループ会社に任せたほうが効果的・効率的という事ですか。
なんなら、レシートに「FeliCa」をかざしたら読み取ってください、ムリか…。
『レシータブル』が開始されたら登録方法を吟味して、利用するかどうか考えます。

なお、レシートを撮影して各種ポイントが貯まるアプリやサービスは他にもあります。
それぞれ一長一短。
レシートの他に商品のバーコードも撮影しなければならなかったり、
購入店舗が限定されていたり、
1000ポイント以上貯めないと使えなかったり、
ポイント有効期限が短かったり、
対象商品の種類が少なかったり……。

中には、少しでもお小遣いを稼ぎたい気持ちにつけこんだ悪質サイトもあるので、信用できるかどうか吟味してから登録してくださいね。

ー2018年8月10日追記ー
『レシータブル』が開始しましたね。
アクセス方法は『d menu』→『d POINT CLUB』→『ためる』→『レシートでためる』で、今は『レシーとく』が開きますがリンクが貼ってあるのでそこから。(今後も利用するならブックマークしましょ)
dアカウントを持っていれば、特に登録などすることなく利用できます。
色が違うだけで、ほぼ『レシーとく』でした。
対象商品はまだ少ないので、これから増える事を期待しましょう。


[PR]
パソコンでは色々なニュースサイトを覗きます。

OSは『macOS High Sierra』。
ブラウザは、じっくりゆっくり読みたい時はソフトな画面の『Safari』。
勉強したい時はクッキリハッキリ『Google Chrome』。

『Safari』なら「このWebサイトでの設定」があり、ページの拡大・縮小などを個別に指定できて便利。
『Google Chrome』なら macOS も iOS も Android も同期できて便利。
ブラウザは自然と使い分けていました。

最近、広告ブロックの判定が変わったのか?何らかの不具合なのか?又は、自分の使い方が悪くてアドウェアが入り込んだのか?
少々、広告が目立ってきました、特に『Safari』で。

エキサイトブログを利用しているので、エキサイトニュースをよく見るのですが、ポップアップ広告が小さく出るようになりました…、これは危険かも。
ポップアップをブロック設定している『Google Chrome』でも出ています。
タブレットでも同じ画面を開いたのですが、ポップアップ広告は出てきません、やっぱりPCに入り込んだアドウェアかも…。

すぐ、セキュリティソフトでのウイルススキャン&再起動によるMacのスキャン&OnyXでのクリーニングを試しましたが、何も検出されませんでした。

まだポップアップ広告は出ます、サイトが埋め込んだ広告なのかな?
それと、あまり評判の良くないソフトの広告も表示されるのが目立ちます、やっぱり嫌だな〜。

控え目な広告は構わないのですが、本文を邪魔されるのは如何せん…。
半年ぶりに『Safari』に機能拡張『ABP(アドブロックプラス)』を入れました。
有名な広告ブロック機能拡張です。
d0367899_03015816.png
おっと、すごいブロック数。
『Google Chrome』にも入れてあり、同じ画面を見たのですが、ブロック数は20弱です。
他のニュースサイトのホーム画面でもブロック数を比べてみましたが、同じか『Safari』の方が1.5倍〜2倍程度多いようです。
これは最近、ブラウザの広告設定が変わってきた影響もあるのでしょうね。

『Safari』では、2017年にOSが『macOS High Sierra』になった時、コンテンツブロッカーが強化され、「このWebサイトでの設定」でサイトごとにON&OFFできるようになりました。
d0367899_00523458.png
これで邪魔に感じない程度に広告が出るならOKなので、『ABP(アドブロックプラス)』はオフにしていたのです。
広告が多いページだと、広告を消す処理の為にページスクロールが引っ掛かり、違うストレスになってしまいます。


『Google Chrome』では、広告表示設定が細かく出来るようになり、自分の趣味嗜好に合わせたジャンルを選べるようになりました。
『Google 広告設定』のページで、チャチャッと設定しちゃいましょ。
d0367899_03530053.png
全部オフにしても広告がなくなる訳ではありません。
「表示される広告を関心のあるジャンルに絞る」という設定です。

『Google Chrome』自体の広告ブロック判定も厳しくなったようで、悪意のある広告を誤タップする危険が減るなら歓迎ですね。
これなら『ABP(アドブロックプラス)』を一旦オフにして、どんな広告が出るのか楽しむのも有りです。
新しい情報を広告から知る事も多いですから。

広告主さん側は大変でしょうね……。

先程、エキサイトニュースの画面で『ABP(アドブロックプラス)』をオフにしてみたら、ポップアップ広告は出なくなっていました。
理由はわかりませんが、とりあえず良かったー。



[PR]
とうとうMacに『Google日本語入力』を入れました。
本当はMac純正の日本語入力を使い続けたいので、一時的の予定です。
2018年秋に新OS、モジャべ、じゃなかった『モハべ(Mojave)』が正式リリースされ、快適になるよう期待しながら…。

2018年3月末にOSのアップデート以来、文字入力中に頻繁にレインボーカーソルがグルグルしていました。
特に『Safari』で。
入力している途中に1〜2秒グルグルした後、一気に高速タイピングされます。
自分の入力の遅さから考えると、打ち終わる時間に差はないかもしれませんが、ストレスの溜まり方に大きく差があります。

アクティビティモニタで日本語入力を停止させたり、入力ソースを入れ直したりするも全く変わらず。
環境設定から推測変換やライブ変換をオフにしても全く変わらず。
いや、ライブ変換ができなくなったら使う価値なくなるし……。

先日、Appleから『MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム』が発表されました。
見事に対象モデルに選ばれた『MacBook Pro2016』が目の前にあるではないか!
キーボードの物理的不具合なら他の日本語入力でも同じ不具合が起こるだろう!
検証しよう!

結果:『Google日本語入力』では、レインボーカーソルが出現しません!

ちなみに、バタフライキーボードで多発しているという不具合は、今の所ありません。
カチカチ音が気になるという前評判だったので、シリコン製のキーボードカバーを最初から使用。
一部のキーだけ音が違うという不具合もあるそうで、カバーを外して耳を澄ませました。
よ〜く聞くと、中心部分のキーは少しこもった音がして、外側は軽い音という違いはあります。
位置的にそりゃそうでしょう、問題なし。
修理の対象ではなさそうです。

さて、はじめての『Google日本語入力』。
変換方法の違いなどは感じますが、すぐ慣れます。
良く使う単語登録もパパっと済ませました。

しかし、慣れるかどうか不安なのが……、
どうも、変換候補の表示が……、
なんというか……、

美しくない!

書体を変えたい!
大きさを変えたい!
罫線をなくしたい!
最後の無駄な行をなくしたい!
『もしかして変換』は目障りなので即刻退場!
d0367899_01495575.jpg
ねっ?!

ちなみにMac純正日本語入力ではカスタマイズできるので、こんな感じで使用しています。↓
(初期設定のままでは大きく圧迫感のある明朝体が使われてしまいますよ)

d0367899_01523880.jpg
ねっ?!


もう少し見た目にこだわって欲しい『Google日本語入力』。
推測変換は、もう少し学習してくれたら、使いやすい候補が出てくると期待しています。
必要なさそうな『全角英数』や『カタカナ』は削除。
変換は『tabキー』と『spaceキー』の使い分けが快適さに影響するようですね。
Mac純正の日本語入力では『spaceキー』しか使っていませんでした……。

設定をカスタマイズしている途中、環境設定が突然英語表記になるトラブルがありましたが、
『システム環境設定→言語と地域→日本語のみ(英語は削除)』にする事で、元に戻りました。

『Google日本語入力』の語彙力は「半端ない!」らしいので、使用するアプリやブラウザ、文章の内容によって、Mac純正日本語入力と使い分けると快適かな。
入力ソースを切り替えるにはメニューバー、もしくは『control+space』です。
ただし、『control+space』の同時押しは、入力ソース一覧が表示されるタイミングがほんの一瞬遅いんですよ…、プチストレス…。

レインボーカーソルさえ出なければ、Mac純正の日本語入力を使い続けたい!!



[PR]
チョット『Macbook pro 2016 (Touch Bar付き)』の調子がよろしくないようです…。
1年使用した外付けポータブルHDD『Transcend StoreJet 25MC』を接続していない時は大丈夫なので、HDDが壊れた可能性が一番なのですが、OS側が原因の可能性も残っています。

ポータブルHDDのマウント解除ができなくなり、Finderも操作できず、システム終了もできず、泣く泣く電源ボタンで強制終了が3回ほど。145.png

エラーメッセージも出ずにアイコンが消えない。
でも、しばらくすると(10分弱)HDDの電源ランプは消えるのでマウントは解除されてる?
でもでも、Mac側が操作不能になってしまうのです。
バックアップはしているようで、データは壊れていない様子。

原因の切り分けの為に、新しいポータブルHDDを購入しました、ビックカメラで。

(ウエスタンデジタルのHDDは、日本では IO DATAがサポート)

2018年発売の最新ポータブルHDD。
Macのバックアップシステムである『Time Machine』にも、もちろん対応しています。
Mac用と言うからには現在の最新OSには不具合無く対応して頂けると信じて!
初期フォーマットがMac用になっているだけ、なんてつまらない事は言わないで!
(フォーマットを変更する事でWindowsでも使えます)
d0367899_02260848.jpg
早速、設定開始!
パーテーションはやっぱり『Time Machine用にMacOS拡張ジャーナリング』と『Windowsでも使えるように写真や書類の保存にexFAT』の2分割で。

尚、exFATのデータはTime Machineの対象ではないようです。
書類や写真は各クラウドに勝手に保存されるので(正確には勝手にではなく設定しているからです)、バックアップ用途ならHDDに保存しなくてもと良いのかな?とも思います。
データがPC内を圧迫してきた時には、将来、もう少し安くなるであろうSSDを購入して保存した方が安全かな?と。

さて、30分程で新HDDにバックアップ完了。

『WD My Passport for Mac 2018』のHDD内には、WDのサポートページURLやWD Discoveryアプリが内蔵されているので、必要に応じてダウンロードして使えるようになっています。
HDDにパスワードでロックをかける『WD Security』もアピールポイントのようですが、突然壊れてパスワードも認識しなくなると怖いので、設定していません。

ダウンロードしたのは『WD Drive Utilties』
ドライブの診断ツールです。
  • ドライブステータスチェック
  • クイックドライブテスト
  • 完全ドライブテスト
時々、チェックできるので安心できますね。
3つ目の「完全ドライブテスト」を何気なくポチッとしたところ、1時間かかりました……。
大容量のHDDならもっと時間かかりますよ、「完全ドライブテスト」は暇な時に行いましょう。

今回、どのHDDを購入するか調べていたら、バッファローには
があるそうで、こちらも気になりますね。

さてさて、新HDDをマウント解除しようとしたら、えっ?えっ?
「取り出せません。1つ以上のプログラムが使用している可能性があります。」エラーです。
前のHDDではこのメッセージも出なかったので、少し対処方法が見えてきました。

では、動いているアプリやファイルは全部終了させ、残りは『Finder』のみです。
「Finderを再度開く」(optionを押しながらドックのFinderアイコンをクリック)をしたら、Finderが閉じたまま開きません……。
このままシステム終了をしようとすると、画面真っ暗でカーソルだけの状態になって、強制終了しなければいけなくなる気がします。

前のHDDがおかしくなった一週間ほど前、Macでの一通りのメンテナンスはしました。
セーフブート、ファーストエイド、Apple診断、Onyxでクリーニング、ウイルスチェック、などなど……。
システム環境設定→Spotlight→プライバシーでHDDを除外というのも試しましたよ。
一ヶ月ほど前には、OSの再インストール、SMCリセット、NVRAMリセットもしています。

なので、残る手段は………………、

新規アカウントを作ってみましょう。

システム環境設定→ユーザとグループ→鍵を解除して+をクリック→管理者にして名前とパスワードはテキトーに簡単に。
メニューバー右上のアカウント名から、今作ったアカウントにログイン!
新しい画面が開きました。
余計な事はせず、アップルマークから、無事、システム終了。
HDDも外せました。ふぅ。

セーフブートで立ち上げて、問題なくFinderが動いているのを確認しました。
しかし、もう少し深い所に闇があると思われます。

Finderのメンテナンス方法は何かあるのか検索したところ、「plistファイルを一旦削除」というのが効果ありそうです。

Finderの設定を覚えているファイルなので、設定が変わる部分がありますが、突然、開かなくなるよりは良いです。

Finderメニューで、optionを押しながら「移動」を選び、真ん中あたりの「ライブラリ」を開いて「Prefarences」を開く。
その中から、「com.apple.finder.plist」を削除。
デスクトップに移動させるだけでは、即、作り直されたので、ゴミ箱送りにしてやりました。
その後、再起動。
d0367899_03104175.jpeg
もう一度、恐る恐る、新HDDを接続。
マウントはOK、問題はマウント解除です。
HDDアイコンをゴミ箱へ。
あっさりマウント解除できました。

ここで疑問。
Finderが原因でHDDがおかしくなったのか?HDDが原因でFinderがおかしくなったのか?
ニワトリが先か?卵が先か?です。
Finderが先なら前のHDDが復活しているかもしれません。
もう一度接続してみました。
データが壊れている様子は無いんですよ。
では、「全てを取り出す」してみましょう。

あああ〜、Time Machine側のアイコンが消えません、また同じ症状です……。
取り出せない、新規アカウントに移りましたが重い、システム終了もできない、悪化しているかも……。
また電源ボタンで強制終了しました。145.png
その後、また一通りのメンテナンスを施して、「com.apple.finder.plist」を削除しました。
これで主犯はHDDだと思います。
(OSは被害者なのか?共犯なのか?未だ確信が持てません)

購入後1年のHDD。
Macから「10日以上バックアップしてませんよ」と怒られてから接続。
数時間「バックアップを自動作成」した後に「全てを取り出す」していたのですが、出したりしまったりが悪かったのでしょうか?
接続しっぱなしだったら、異常なく使い続けていたでしょう。
その後、新しいHDDを何度かマウント&アンマウントを試していますが、大丈夫そうです。

今回は、「com.apple.finder.plist」ファイルを捨ててHDDを新調する事で解決しました。

前のHDDは3年保証なので、メーカーに問い合わせてみようか、もう少しいじってみようか……。
完全に初期化させてみようかと思うのですが、Macに繋げるだけで危険でしょうか???



[PR]