最近、ネット検索中にMacで2度も遭遇しました。
Appleはこんな親切な?警告はしてくれませんから。
↓迷惑な、大迷惑な偽の警告画面です。

d0367899_03085864.png
2回とも「3つのウイルスに感染していて、システムの損傷が28.1%」だそうです。
↓閉じようとしたら更に「すぐに行動してください」だそうです。
d0367899_03085548.png
すぐブラウザを閉じて、再起動かけて、ウイルススキャンかけて異常なし。

リンゴのマークが本物?と思わせる唯一の出来の良い部分。(ただのコピーでしょうからね)
あとの文章は、ん?なに言ってるの?
カウントダウンして損傷が恒久的に残ります?
典型的な、偽のアプリをインストールさせるための偽警告文ではないですか!(怒)

クリックしたらスキャンしたふりして、除去するにはこのアプリが必要なのでインストールしてください。
で、そのアプリに本当のウイルスが仕込まれている……。
皆さん、引っかからないでくださいね!

OSは最新の『Mojave』にアップデート済み。
利用していたブラウザは2回ともSafari。
そして、2回とも別件でセキュリティについて検索していた時なのでタチ悪いですね。
開いていたページは違うページです。
セキュリテイについて調べていたのをわかって、表示されるよう仕組まれていたのでしょうか???

引っかかりはしなくても、何度も出てくるのは本当に迷惑です。
念の為、キャッシュも消して、セーフブートで立ち上げておきましょう。

AppleCareで常駐ウイルススキャンしてくれるなら、どのセキュリティソフト入れようか?なんて迷わずに済むんですけどね。

皆さん、絶対にクリックしないでくださいね!!!

つい最近、今更ですが、楽天銀行のキャッシュカードを作りました。
ネットでの支払いに便利で、現在の他の引き落としやクレジットと紐付いていない、セキュリティ面でも何か不安があった時に解約しても問題ないカードを1枚欲しかったのが理由です。
d0367899_00353684.jpg

いや〜、すごいな!楽天の包囲網!

クレジット機能は付けず、特にポイントを貯めたいという欲も無く、デビット機能だけ付けて口座に少額入れておけば使い過ぎる心配も無いので、カードが届いたら入金して一段落の予定でした。
今まで、楽天グループのサービスには全く登録していなかったのですよ。
楽天デビュー!!

いや〜、楽天銀行のホームページで手続きしていると目に入るキャンペーンの数々…。

楽天銀行のホームページはコチラ

今後、楽天のネットショップは利用すると思うので楽天の会員になっておきますか…。
おっ、最初にカードを利用すると、もれなく1000ポイント貰えるキャンペーンがある、エントリーしておきますか…。
えっ?期間限定ポイントはデビットカードの支払いには利用できない⁉
では、ポイントをリアル店舗で使う為にポイントカードを登録しておきますか…。
リアル店舗で期間内にポイントを消化できそうなのはマクドナルドか。
あっ、マクドナルドのキャンペーンがある、エントリーしておきますか…。
わっ、メルマガ登録が条件?
むっ、登録したくないけど、いずれ解除すれば良いから登録しておきますか…。

その他にも、お得だよ〜!というサービスやキャンペーンやアプリの数々。
これに呑み込まれたら二度と抜けられなくなるという恐怖を感じたのは自分だけでしょうか?

楽天がイケイケで携帯キャリアになろうとしても不思議は無いと思いました。
もし失敗したら他のサービスも総崩れしそう…、崩れるとあまりにも打撃が大きくなりそうなので失敗されても困りますね…。

格安SIMのランキングで「楽天モバイル」がトップシェアなのが不思議だったのですが、ポイントが貯まったり、支払いが楽だったり、既に楽天のサービスに入っている人が選びやすいのですね。

納得!

ちなみに、楽天キャッシュカードを作る際の本人確認は、スマホのアプリから免許証などの写真を送ると早いのですが、キャリアのスマホしか対応していませんでした。
自分は他社ですが格安SIMなので、郵送で手続きしました。
台紙用の書類を送ってもらい、コピーを貼って返送して手続きなので数日かかります。
(書類が届いたその日に用意して夕方にはポストに入れたのですが、まだ届いてませんよとメールが来たので何処かで紛失したのか?と、焦りましたね。その次の日には、完了しましたメールが来ましたけど。)

「楽天モバイル」自体は、他社に比べて速度が若干遅いという噂、特出するプランがあるわけではない、今までの自分には選ぶ理由が見つけられませんでした。
思わず、試しにデータSIMを契約してみようかと思ってしまったではないですか⁉

しません、しません、今の所は⁉
楽天から抜けられなくなるし⁉
自分は、楽天に片足の膝下ぐらいまで入れた所で、一旦、立ち止まる事にします。

全てを紐付けて、もれなくお得に利用したい方には、インフラからショッピングから旅行から財産管理から……、楽天だけで生きていけそう。
なんだか、GAFAにもう一文字追加してGAFARでもおかしくはないな………


余震には警戒中ですが、ライフライン復旧しました。
我が札幌は早めに停電も解消するということでしたが、知人の地区では30時間以上経ってまだだとか。

水道とガスは大丈夫だったのでずっと家に居ましたが、ドコモの通信網が遮断されたのが結構な恐怖でした。
まだ繋がっている時間に、大切な人達への安否確認はできたので、お互いそんなに心配はしなかったのですが…。
「メールが届いますよ〜」という通知が表示されっぱなしだけど、センターにメール確認したら「接続エラー」って。

パソコンやタブレットの画面で明かり確保。
ワンセグ対応のガラホも活躍。
停電解消時には真っ先に充電させてもらいました。
「いっぱい電気使ってゴメンナサイ」と思いながら。

地震発生時はパソコンの前に居たので、とっさにパソコンの蓋を閉じて上から物が落ちてきて壊れないようクッションをかぶせて、電源ケーブル抜いて比較的物が無い部屋に移動。
もし自分の部屋で寝ていたら、机の上に積んでいた雑誌などが崩れてきたので、チョット痛い思いをしていました…。
d0367899_09495296.png

今回は「これは震度5はあるな(実際は5強)、ここまで大きかったら身を任せるしかないな」と、結構冷静でしたよ。
いつもの震度3程度だったら、「これは初期微動ですぐ後に大きい主要動が襲ってくるんでしょ?」と、地学の教科書が頭に浮かんで身構えるのです。

我が家では食器が壊れた程度で怪我もなく済みましたが、土砂崩れの映像は涙が出てきます。

苫東厚真発電所が復旧するには少なくとも1週間程度。
復旧しても泊原発の冷却のために優先的に電気が送られるというのは何だか理不尽。
もし原発が稼働していたとしても地震で停止して使い物にならなくなるんでしょ?と。
冷房も暖房も必要ない時期なので、電気がなくても落ち着いていられますが、真冬だったらと思うと…。

これから政府のお偉いさんが今後の為の対策を練ってくれるでしょうが、電気代大幅アップだ!とか、もっと原発動かせ!とか、期待を裏切る方向に進まないことを願います。
だったら小さい発電所をもっと作って、少し不自由でも節電して、みんなで助け合って生きていきたいな。(個人の希望です)

職場は天井破損でしばらく営業停止だとか。
今日は外に出てみますが、いつ大きい余震が来て交通機関がストップするかわからないので、移動手段は車にした方が良い?
と考えてみんなが車に乗ると、渋滞して身動きが取れなくなる悪循環に陥るんですよね。

もう、日本の何処に住んでいても安全とは言えません。
だったら、「ふるさと北海道に住んで、少しでも役に立てたら良いな」と、しみじみ思うのでした。



レシートを撮影してdポイントを貯めるドコモのサービス『レシーとく』が、2018年8月31日午後5時で終了と発表されました。

ドコモ『レシーとく』終了のお知らせはこちら

対象商品の購入レシートをスマホで撮影して送信すると、dポイントが貰えるサービスです。
最近、対象商品が減ってきたのを感じていました。
たぶん個人にオススメの商品が選ばれるので、自分に合致する商品が無いのだろうと思っていましたが、サービス全体が縮小されていたのですね。119.png
以前は月に数回エントリーしていたのに、この3ヶ月程は全くエントリーせず。
(無理に対象商品を買う事はしないので)

『レシーとく』終了後は、
フェリカネットワークス株式会社による『レシータブル』
という同様のサービスが始まると案内されていました。(2018年8月以降スタート)

『レシーとく』はスマホ(自分はガラホですけど)の契約をしているドコモのサービスなので、一応、安心して利用していました。
ドコモ契約者以外でもdアカウントを登録することで利用できましたよ。
ドコモ契約者以外がdポイントを貯めてお得かどうかは別問題で…。

なので、フェリカネットワークス株式会社ってなんぞや?
個人情報収集が目的の民間会社なら登録しないぞ!
調べましょう!

フェリカネットワークス株式会社のHPへ

フェリカをアルファベットで書くと「FeliCa」。
非接触ICカード技術方式「FeliCa」は、おサイフケータイやICカードでお馴染みですね。
ソニーが提供している技術だそうです。
d0367899_22215528.jpg
フェリカネットワークス株式会社はソニーとNTTドコモの合弁会社、なるほど。
「Android Pay」や「Apple Pay」にも対応したことで(もちろんFeliCa搭載機種のみ)、今後も利用の幅が広がりそうですね。
「FeliCa」に変わる便利な技術が開発されない限り安泰でしょうか?

しかし、レシートの撮影には「FeliCa」は使わない気がしますが…?
おっ、2017年7月、『レシート商品特定システム』(スマートフォンで撮影したレシート画像でチャチャッと商品特定できるらしい)が「株式会社アイエスピー」と共同開発されたと…、これですね。177.png

ドコモが直接『レシーとく』サービスを提供するより、専門分野に特化したグループ会社に任せたほうが効果的・効率的という事ですか。
なんなら、レシートに「FeliCa」をかざしたら読み取ってください、ムリか…。
『レシータブル』が開始されたら登録方法を吟味して、利用するかどうか考えます。

なお、レシートを撮影して各種ポイントが貯まるアプリやサービスは他にもあります。
それぞれ一長一短。
レシートの他に商品のバーコードも撮影しなければならなかったり、
購入店舗が限定されていたり、
1000ポイント以上貯めないと使えなかったり、
ポイント有効期限が短かったり、
対象商品の種類が少なかったり……。

中には、少しでもお小遣いを稼ぎたい気持ちにつけこんだ悪質サイトもあるので、信用できるかどうか吟味してから登録してくださいね。

ー2018年8月10日追記ー
『レシータブル』が開始しましたね。
アクセス方法は『d menu』→『d POINT CLUB』→『ためる』→『レシートでためる』で、今は『レシーとく』が開きますがリンクが貼ってあるのでそこから。(今後も利用するならブックマークしましょ)
dアカウントを持っていれば、特に登録などすることなく利用できます。
色が違うだけで、ほぼ『レシーとく』でした。
対象商品はまだ少ないので、これから増える事を期待しましょう。


パソコンでは色々なニュースサイトを覗きます。

OSは『macOS High Sierra』。
ブラウザは、じっくりゆっくり読みたい時はソフトな画面の『Safari』。
勉強したい時はクッキリハッキリ『Google Chrome』。

『Safari』なら「このWebサイトでの設定」があり、ページの拡大・縮小などを個別に指定できて便利。
『Google Chrome』なら macOS も iOS も Android も同期できて便利。
ブラウザは自然と使い分けていました。

最近、広告ブロックの判定が変わったのか?何らかの不具合なのか?又は、自分の使い方が悪くてアドウェアが入り込んだのか?
少々、広告が目立ってきました、特に『Safari』で。

エキサイトブログを利用しているので、エキサイトニュースをよく見るのですが、ポップアップ広告が小さく出るようになりました…、これは危険かも。
ポップアップをブロック設定している『Google Chrome』でも出ています。
タブレットでも同じ画面を開いたのですが、ポップアップ広告は出てきません、やっぱりPCに入り込んだアドウェアかも…。

すぐ、セキュリティソフトでのウイルススキャン&再起動によるMacのスキャン&OnyXでのクリーニングを試しましたが、何も検出されませんでした。

まだポップアップ広告は出ます、サイトが埋め込んだ広告なのかな?
それと、あまり評判の良くないソフトの広告も表示されるのが目立ちます、やっぱり嫌だな〜。

控え目な広告は構わないのですが、本文を邪魔されるのは如何せん…。
半年ぶりに『Safari』に機能拡張『ABP(アドブロックプラス)』を入れました。
有名な広告ブロック機能拡張です。
d0367899_03015816.png
おっと、すごいブロック数。
『Google Chrome』にも入れてあり、同じ画面を見たのですが、ブロック数は20弱です。
他のニュースサイトのホーム画面でもブロック数を比べてみましたが、同じか『Safari』の方が1.5倍〜2倍程度多いようです。
これは最近、ブラウザの広告設定が変わってきた影響もあるのでしょうね。

『Safari』では、2017年にOSが『macOS High Sierra』になった時、コンテンツブロッカーが強化され、「このWebサイトでの設定」でサイトごとにON&OFFできるようになりました。
d0367899_00523458.png
これで邪魔に感じない程度に広告が出るならOKなので、『ABP(アドブロックプラス)』はオフにしていたのです。
広告が多いページだと、広告を消す処理の為にページスクロールが引っ掛かり、違うストレスになってしまいます。


『Google Chrome』では、広告表示設定が細かく出来るようになり、自分の趣味嗜好に合わせたジャンルを選べるようになりました。
『Google 広告設定』のページで、チャチャッと設定しちゃいましょ。
d0367899_03530053.png
全部オフにしても広告がなくなる訳ではありません。
「表示される広告を関心のあるジャンルに絞る」という設定です。

『Google Chrome』自体の広告ブロック判定も厳しくなったようで、悪意のある広告を誤タップする危険が減るなら歓迎ですね。
これなら『ABP(アドブロックプラス)』を一旦オフにして、どんな広告が出るのか楽しむのも有りです。
新しい情報を広告から知る事も多いですから。

広告主さん側は大変でしょうね……。

先程、エキサイトニュースの画面で『ABP(アドブロックプラス)』をオフにしてみたら、ポップアップ広告は出なくなっていました。
理由はわかりませんが、とりあえず良かったー。