メールは『Gmail』をメインとして利用しています。
最近、仕様が変更になったので新バージョンの表示で使っていますが、まだ慣れません。
ちょっとした行間やレイアウトのガチガチした感じが、Googleのサービス共通で圧迫感を感じてしまいます…。(個人の感想です)
とはいえ、便利なのは『Gmail』。
d0367899_23565120.png

キャリアメールや他のフリーメールはデバイスや用途限定で使う事が多く、それはそれで何かあった時の問題の切り分けにもなると思い、敢えてまとめてはいません。
必要な時にはメインで持ち歩くスマホに通知が届くように設定もしてありますよ。

やはり macOS も! iOS も! Android も!…となると、『Gmail』が一番便利かな?と思いまして。
機種変の時もデータ移行を気にしなくて良いですし。
ただし、スマホの『アプリ版Gmail』はチョット見辛いですね。
なので、アプリでは通知をチラッと確認するだけ。
後からパソコンで本文を読む事が多いです。
スマホにはアプリだけでなくブラウザのショートカットも置いてあります。(方法はのちほど)

『Web版Gmail』なら簡単にセキュリティチェックもできちゃって便利っ!!

画面の右下に『アカウント アクティビティの詳細』というのがあり、自分のメールアカウントが不正に利用されていないか?という利用状況を見せてくれます。
d0367899_23540335.png
身に覚えのないブラウザや時間が表示されていないか、時々チェック。
項目としては、アクセスタイプ、IPアドレス、利用した日時(直近10件)がわかります。
怪しい利用があれば、プラスして最大3件も表示されるそうです。
…表示された事がないのでどんな画面かわかりませんが。

IPアドレスに関しては目下勉強中ですが、自宅Wi-Fiルーターからならほぼ同じ。(時々変わる事もある)
外出先なら毎回変わるので、IPアドレスより利用時間のチェックを。
外出先のIPアドレスは、気になるなら検索してみて、自分の契約している通信会社が表示されれば、多分、問題なし。

IPアドレスの簡単な検索は、
CMAN ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】
を使わせていただきました。
IPアドレスとは何ぞや?の説明もこちらのサイトがわかりやすかったです。
自分のような初心者にも優しいと思います。110.png

もちろん、怪しい利用があればアラートが設定されていますし、Googleアカウントにも2段階認証を設定していますので、頻繁に確認しなければならないという訳ではありません。

そして、この『アカウント アクティビティ』画面上部タイトル部分の最後にさらに『詳細』がありGmailヘルプ画面になるのですが、本文中の 「最近のセキュリティ イベント」から、Googleアカウントのセキュリティチェックもできちゃいます。

もちろん、Androidスマホでも[Google設定→Googleアカウント→ログインとセキュリティ]でセキュリティチェックができます。
が、わざわざチェックする為に開く訳ではなく、メールのついで!というのがミソ!!

『Web版Gmail』は表示をPC版にする事でスマホやタブレットからでもアクセスする事ができます。

  • 『Google Chrome』なら、先に設定(画面右上3つ点)の中の「PC版サイト」にチェックを入れてからGmailにアクセス。
受信トレイを表示した状態でブックマークかホーム画面に追加しておけば、すぐにアクセスできます。
d0367899_04391979.png

  • 『Safari』ならGmailにログインした後、共有ボタンの中に「デスクトップ用サイトを表示」があります。
表示させた後に、同じ共有ボタンの中から「ブックマークを追加」か「ホーム画面に追加」でOK。
d0367899_04391430.jpeg

  • その他のブラウザは……、設定にPC版表示にするというのがあれば可能です、たぶん…。

パソコンを持っていなくて『Gmail』の細かい設定変更ができなかったという場合は、PC版表示にしたらいじる事ができますよ。
PCからしか入れなかったサイトにも接続できるようになります。
AndroidからiCloudにも入れちゃいます。
ただし、PC版表示だと最初の画面がとても小さくなるし、少々重くもなるので、機種によっては固まるかもしれません。105.png

『Gmail』の半分はセキュリティチェックの為にできている!!でした。(個人の見解です)


[PR]
タブレット『Huawei MediaPad M3 lite 10』で、ここ数日(2018年5月中旬)、『Google Chrome』のログインを促すに画面に悩まされていました。
根本的な原因の解消はまだのようですが、復旧方法はわかりましたので記録しておきます。

おかしな症状は、『Google Chrome』を開くと「ログインすると便利ですよ!」と上部に出るのですが、勿論ログイン済みなのです。
知らないうちにログアウトしてたかな?と思い、アカウントを入力しても「そのアカウントは既に端末に存在してます。」
でしょうね〜。
でも、アカウントに自分が表示されないのです。

『Google Chrome』Google Playストアで無料(2018.5)
Android端末なら、初期内蔵アプリで入ってますよね。
d0367899_12044048.png








異常に気付いたのは、直前にパソコンの『Google Chrome』でブックマークした記事を、タブレットで読もうとしたら登録されていなかったから。
自動で同期する設定にしています。
それより以前のブックマークは同期されています。
設定を再確認しましたが、変更された様子はありません。
他メーカーのAndroidスマホとiPadの『Google Chrome』では同期されていました。

となると、タブレットのアプリが何らかの原因で破損した?
『Google Chrome』を無効化して(システムアプリ扱いの様でアンインストールはできなかった)、もう一度アップデートしてみました。
すると、ログインできない画面はそのまま、全てのブックマークが消えてしまいました。
悪化です…。

では、タブレット本体のアプリ設定(通知とか権限の許可など)を間違って触ってしまったかも?と思い、関係ありそうな部分を確認しましたが、変更された様子は無し。
再起動しても変わらず。
検索する用途としては問題なく使えるのですが、気持ちは良くないです。
ブラウザだしウィルスにでも感染してしまったのでは?と怯えながら、タブレットの初期化も考え始めたころ…。

ネット上の情報を検索してみました。
いくつかヒットした記事によると、
  • 異常が出ているのは主にHuaweiの端末
  • 原因となっているのは、少し前にアップデートされた『Google Play開発者サービス』というシステムアプリ

どっちも思いつきませんでした。
とりあえず、自分のタブレットが壊れた訳では無さそうで安心。

『Google Play開発者サービス』Google Playストアより
d0367899_11092075.png








今までこのアプリ自体を触ることは無かったので、こんなアイコンだったのも知りませんでした。
アプリのレビューにも同じ症状になった方たちの情報が書かれていましたが、普段はここを開かないので気付く事はできませんでした。

『Google Play開発者サービス』をアンインストール→再起動→アップデートで元通りになりました。

ちなみに、『Google Play開発者サービス』のアンインストール方法は端末によって違うみたいです。
『Huawei MediaPad M3 lite 10』では、本体の[設定]→[アプリ]では[強制停止]が出るのですが、そこからはアンインストールにも初期化にもならず。
『Google Playストア』から検索して、アンインストールボタンをポチっで初期化されました。
システムアプリなので、完全な削除はできません。

繰り返し起こる可能性もあるので、端末かアプリの修正を待つしかないのでしょう…。
なぜHuaweiの端末が?何か特別なプログラムが仕込まれているの?というのも気になるところで…。

『Google Play開発者サービス』はいつの間にかアップデートされるし(アプリは自動でアップデートしない設定にしてるんですけどね)、重要なシステムアプリなのでまさかこれが原因だとは思いもしませんでした。

今回だけの不具合かもしれませんが、
Huaweiの端末で『Google Chrome』がチョットおかしいぞ〜と思ったら、『Google Play開発者サービス』を疑え!!!です。



[PR]
つい先日、2018年5月1日より『dポイントクラブ』がリニューアルされました。
昨年、発表があった時から注目していたのですが。

やっぱり、自分の『ケータイパック』では恩恵が殆ど無いですね。

登録者の皆さんにも通知が届いていると思います。


ドコモの長期契約者なら『料金割引』か『1.2倍相当のdポイント進呈』が選べます。
ただし、『dポイント進呈』は期間(24ヶ月)&用途限定で、今までの『料金割引』から変更するなら申し込みが必要です。
2年後にドコモで機種変予定なら、ポイントをいっぱい貯めるのも有りですね。

ドコモ契約者以外でもdアカウントを作ればdポイントを貯められます。
家族でポイントを共有できるようになったので、多分、使いやすくなりました。
(多分というのは、ポイントを使える店がまだまだ少ない為…)

そして、期待していたのはステージごとのクーポンです。
自分は15年以上の長期契約者なので、
最上位『プラチナステージ』です。
きっと素晴らしいクーポンが!!
ほら、最高級の特典と書いてある!!
d0367899_23585725.png
なになに、
JAL旅行券、商品券、ポインコグッズ、宝塚チケット、劇団四季チケット、温泉旅館&シティホテル宿泊プラン、ホテル&レストランランチ、
などなど。
どれも『毎月抽選で』ですね。
抽選は厳しいな〜、欲しい物も無いな〜。

そんな中、『毎週金曜日更新!映画(ペア)チケットが当たる』を発見。
現在の対象映画は7本。
1作品ごとに5月(今月)累計で450組900名当選。
一部の映画は当選者数が違うので、変動が有りそうです。
週1回、1作品チャレンジ、結果はすぐにわかります。

これならいけるんじゃね??

観たいと思える映画は1つしか有りませんでしたが、ポチッと応募!!

ハズレ!

心が折れました。145.png
ハズレた場合は、ポップコーンのサイズアップクーポンでした。

もれなく!系のプレゼントは無いようです…。
すでに心が折れて期待はしていませんが、商品券にも応募しておきました。
こちらは翌月に当選発表らしいので、もし当選できたら発表します。
何個も応募したら、がめつい奴と思われたりするのでしょうか???

ステージに関係なく、身近なコンビニやファストフード店のチョット割引クーポンがついているので、利用できる時には利用しましょう。

くれぐれもクーポンを使うのが目的になって無駄な買い物はしないようにね。
↑自分への言い聞かせです。


[PR]
13インチモニターのパソコンを使っていますが、画面を2分割や4分割するには小さいです。
そこで、タブレットを右側に立てて調べ物をしながらパソコンを操作するのが定番スタイルとなりました。

タブレットには斜めに立てることができるカバーを使っているのですが、画面のタッチ操作をするには手首の角度が不自然で辛かったり、力が入りすぎるとパタン!と倒れてしまいます。

というわけで、コンパクトなキーボードを探す事にしました。条件は…、
  • AndroidにもiOSにも対応
  • 接続はBluetooth
  • できるだけコンパクト
  • タッチパッド付き(これで選択肢が激減します)
  • さらにできるだけデザイン性もカッコよく…

近所のドスパラへGO!GET!

DN-914570 3つ折りmini BTキーボードタッチパッド付き

d0367899_02204294.jpg
開くと…
d0367899_02213917.jpg


3台の機器を接続できるので、
『Androidタブレット』『Androidスマホ』『iPad』を接続しました。
タッチパッドが使えるのはAndroidのみ。
US配列なので、見たままに入力できるのはiPad。

タッチパッドが使えるAndroidなら画面を遠くに置いても不自由ありません。
面白いのが、縦方向がWindowsで一般的なマウススクロールと同じ方向に動きます。
Macではデフォルトでマウスがタッチパッドと同じ方向に動くのですが、今度はタッチパッドがマウスのように動く⁈
こんな設定も有りなのか⁈複雑…119.png
スクロールは少しカクカク…、ちょっと触れたら反応するので(2本指タップで戻る)、指は浮かせておきましょう。
タッチパッドの下にある横長の四角ボタンは、左が決定、右が一つ戻るで、これもAndroidのみ反応。

実は、このキーボードとほとんど同じデザインのキーボードが他社からも発売されています。
『iClever』EC Technology』『3E』などですが、修飾キーの配置が少しずつ違うようです。
コンパクトキーボードのほとんどはUS配列なので、US配列が苦手だとどれも使いにくいと思います。
US配列でOK!でも修飾キーの違いが使い心地を左右するので、自分が必要なキーが備わっているか?買う前によ〜く確認を。

ドスパラ(上海問屋)タイプの特徴は、[ backspace ]は独立していて、[ delete ][ fn + backspace ] 、Macを使っていればお馴染みですね。
Windows寄りのキーボードを探すなら他社メーカーかもしれません。
スタンド付きですが、あまり乱暴に扱ったら壊れそうな気がします。
そして、他社メーカーは [ スペースキー ] にロゴがプリントされているのですが、ドスパラは無し。
主張していないところがまた良し。109.png
d0367899_02214342.jpg
d0367899_02214841.jpg
詳しい説明書は無いので、触りながら探っていますが、他にも気付いた点を少々。

●入力切替は、Androidでは [ esc ]、iPadでは [ ctrl + スペースキー ]
●AndroidもiPadも『Gboard』を設定していると、通常の日本語入力ができなくなります。
 初期内蔵キーボードなら問題なく入力できています。
 突然文字入力がおかしくなったら、スマホ&タブレット側のキーボード設定を確認。
●テンキーは無しですが [ NumLock ] は有ります。(タッチパッド左上の南京錠マーク)
 [ NumLock ] を押すと、数字キー部分が [ fn ] を押した状態の入力になります。
 突然数字が入力できなくなったら、[ NumLock ] を押してしまった可能性高し。
●スペースキーの2つ左側の [ start/cmd ] は、長押しするとAndroidでは設定してあるGoogleアシスタントが発動。
 iPadではショートカットコマンドが現れます。(コマンドを覚えるのが苦手なので便利!)

仮想キーボードが使いにくいiPadでタッチパッドが使えないのは残念ですが、決して安っぽくないです。
AndroidでもiOSでも共通で使いたいなら、十分合格です。

ノートパソコンではなく『タブレット&ミニキーボードの持ち歩き』、万一落として壊した時の絶望感も考えると…、うん、十分有りですね。





[PR]
札幌で2日程前に発生した(流れてきたかな?)大量のPM2.5。
自分の目が変になったのかと思うくらい、白かった…。
今まで花粉症でもなく、黄砂の影響も感じず、アレルギー体質でもなかったのに…。
鼻水じゅるじゅるです。145.png

日頃の疲労や睡眠不足で弱っていた体には、はね返す力は無かったようです。
職場でもかなりの人数が体調不良を訴えていたので、健康被害で大ニュースになっていても良さそうなのに。

今後に備えて、予報&予防対策をしなければ!

日本でのPM2.5の測定値を発表しているサイトは…、
『そらまめ君』(環境省大気汚染物質広域監視システム)
● 各自治体のホームページ
など。

実際のニュースでは数値の違いも大きく、
「今、PM2.5が多いですよ!気を付けて!」では、対策が間に合わないと感じたので、
少し先までの予報をすぐに見る方法を探しました。

自治体ごとのホームページによっては見やすく、わかりやすく工夫されていますが、我が街札幌は速報値を事務的にグラフ化しているだけか…。
予報でもありませんでした。119.png
PM2.5は、花粉飛来や熱中症のように警報を通知してくれるアプリも少ないようですね。

では、Myスマホ(Android)の画面にウィジェットを置くのが一番!
天気予報は他で見ているので、PM2.5だけで十分。
アプリを探せ!!
これかっっ!!

Google Playストアで無料(2018.5現在)

随分と飾り気のない名前ですが、中身も良い意味でシンプル。
やはり、上記の『SPRINTARS』『そらまめ君』のデータが使われているアプリです。
ウィジェットをタップするとアプリが開いて、数日先までの予報や細かい数値も見ることができます。

ウィジェットは最小の1×1サイズでこんな感じ。↓
2×1サイズで、今日&明日の表示にもできます。
左側で、「汚染ー多い」というのがPM2.5です。
d0367899_05090772.png

ちなみに右の天気予報のウィジェットは

『Meteogram』
Google Playストアで無料(2018.5現在)

で、こちらもお気に入り。
天気・気温・降水確率だけ表示している状態ですが、他にも細かい設定が沢山あります。
PM2.5もないか探しましたが、残念ながら有りませんでした。


これで、外にいる時間を少なくしたり、マスクを用意する計画を立てられます。

こういう画面のカスタマイズが楽しいから、iPhoneに移行する気になれないんですけどね。110.png


[PR]