恐る恐る、巷で噂の『macOS High Sierra』にアップグレードしてみました。
6月のWWDC2017で発表されてから、とても楽しみにしていました。

MacBook Pro2016 (13-inch)で『Sierra』からのアップグレード。
大きな不具合は起きないだろうとは思ったのですが、ビビリなので毎日のように不具合情報をチェックしていましたよ。

二日間家でゆっくり休める時間が取れたので、何があっても対応できる万全の体制で挑みました。
……二日間は必要なかったけど。

外付けHDDにバックアップを取って、修復などのメンテナンスも行なって、いざ!!
インストールをじっと待った時間は38分程。
放って置いて良いのですが、ずっとMacの前にいました。(笑)
その後、ログインのためにパスワードを入力したり、利用許諾に同意したり、トラブルもなく起動!

前情報で気になっていたのは、mac標準ユーティリティソフトで、パスワード管理ができる『キーチェーンアクセス』の脆弱性。
これは修正されたようです、ほっ。

そして、Macユーザーなら、(多分)みんな大好き 『OnyX』
メンテナンスには必要不可欠なフリーソフト。
当初は『High Sierra』に対応してませんでしたが、『High Sierra版』が出ました。
ただし、『Sierra版』を一旦アンインストールして、『High Sierra版』を公式HPからインストールするという、一手間が必要です。
『OnyX』公式HPへ

その他、インストールしてあるフリーソフトは、主にグラフィック系。
何やら Adobe系ソフトにトラブルが発生しているようですが、自分のMacには入っておりません!!
というか、高価なので入れることが出来ずにいるだけです…。

『GINP』『Inkscape『Blender』などは、動かないという情報は見当たらなかったので、大丈夫だろうと思いましたが……、起動しました、ほっ。

我が家にある、少々古い、エプソンのカラープリンターも心配でしたが、新しくドライバーを入れる事もなく、そのままでプリントできました。

一部の情報で、「スリープから復帰できない」というのもありましたが、何度か試してみても、我がMacでは発生していません、ほっ。

後は良い事だらけのはずですが?

ん、メニューバーから南京錠マークが消えている?
設定していた南京錠マークというのは、前述の『キーチェーンアクセス』へのショートカットです。
メニューバーに置くと、『スクリーンをロック』がすぐにできたので、とっさにロックをしたい時用に、置いてありました。

『キーチェーンアクセス』の設定メニューを見ても、「メニューバーに置く」が無くなってるので、脆弱性の修正をした時に、無しにされてしまったのかな…。(泣)

すぐにロックするお手軽な方法は、えーっと、えーっと、そうだ!
Touch Barに設定がある!
選抜4個の中に「画面をロック」が昇格しました。
d0367899_02211794.jpg
2017/11/19 追記!!
左上アップルメニューに『画面をロック』が追加されていました。
ショートカットキーも割り当てられています。
ですよね〜、極々一般的な機能として必要ですよね。

後は、『Safari』が良くなったらしいよ〜という事で、いざ起動!
速くなったらしい、…わかりません。
あっ、二つだけ入れていた機能拡張が消えている。

『Translate』という翻訳機能は必要なので、即、入れ直しました。

もう一つ、広告ブロック機能も入れていたのですが、『macOS High Sierra』の『Safari』では、「トラッキング広告をオフにする」機能が強化されているそうなので、しばらく拡張機能は無しで、様子を見てみようと思います。
控えめな広告なら構わないのですが。

一番期待していたのは、文字入力の進化!
今、このブログを書いていますが、すぐには慣れそうにないです。(悲)

入力モードを変換しなくても、日本語と英語の変換候補が出る『二言語入力』
日本語モード中の英語入力は、正しいスペルで入力するか、カタカナ読みで入力して候補から選ぶか…。
自分が中途半端に入力すると、候補も中途半端になってます…。

日本語入力は、もう少し使いこなしてから、素晴らしさを発表できる日が来る事を夢見ています。

[PR]
王者Microsoftのオフィスソフト『Office for Mac』 は、いまだ入れていません。
もう少し切羽詰まってから、MS Officeに頼ろうと思いますが、今はなんとかなってます。

が、MSフォントは入れておこう!と、思い立ちました。

理由は、やはり、Windowsとの互換性ですが、もう一つ。
Macの日本語フォントは種類が少ないな〜というのも気になってました。

フリーフォントのインストールは、ウイルス的なものが付いてきたり、そのフォントがどこまで使えるのか?(商用利用できるのかなど)を確認するのが面倒だと思い、入れるつもりはなかったのですが、MSフォントを無料で入れられる?
  
入れました。177.png

方法は、『Office for Mac 2011』の評価版からフォントだけをインストール!!

現在、正規の『Office for Mac 2011』評価版はサポートが切れていて、ちょっぴり不安な海外サイトからのインストールとなりました。
オフィスソフトごと入れてから、アンインストールしても、フォントだけ残るらしいですが、余計な物はなるべく入れたくないので慎重にチェックしながら…。

正規の Microsoft Office 最新版は、お試し用でも、アカウントやクレジットの登録などが必要になるようですよ。

Windowsのフォントファイルからコピーするという方法もあるそうですが、何か違いはあるのでしょうか?
漠然と、Mac用に作られたソフトからの方がピッタリくるのかな?と、思ったり思わなかったり…。

そんなこんなで、Office for Mac2011のインストール後にはウイルスチェックはもちろん。
MacのFont Bookの中で、フォントの検証もしました。
一つ、使うべきではないと警告があったので、その書体は即削除。

この状態で使ってもOKですが、Font Book も少し整理を。
基本的にはMacの書体を使うので、使いそうにない書体は迷わず使用停止に。
Windows向けに書類を作る際、確認しやすいように、MSフォントだけのコレクションも作成。
d0367899_00431557.png
こちらは Pages (WindowsでいうとWord)ですが、バッチリ使えます。
このフォントパネルを表示できるアプリであれば、自分で作ったコレクション別にフォントを選べるので、作業も捗りますね。

Macなのに、わざわざMSフォントを使いたくないという方も多いですけどね。105.png

[PR]
Macを使っていると、アプリやブラウザを次々と開きますよね⁇
『command+tab+Qの連打』で、アプリごとに閉じることができるので、問題ありませんよね⁇
……もしかしたら、きちんと整理しながら使うのが正しい使い方かも105.png

先日、アプリごとではなく、ウインドウごとに切り替えができる『HyperSwitch』という、Macでは基本であろうフリーソフトも入れました。
『option+tab+Qの連打』で閉じることもできます。
一瞬で、何が開いているかを確認できるので、便利です。

ふと、思いました。
一瞬で全部のアプリを終了させることができる、便利アプリもあるに違いない。
システム終了させる時は、アプリを全部閉じた方が、やっぱり安心な気がする。
前回、突然画面真っ暗事件が起こったことでも不安だし…。

アプリを探してみよう!

更に、ふと、思いました。
こういう簡単な機能なら、標準で内臓されている『Automator』で作れるのでは?
存在は知っていたけれど、まだ、使ってはいませんでした。
『Automator』とは、ワークフローを作って、というか並べて、アプリやフォルダの動作を自作できる機能です。

作れそうだ!
d0367899_11424151.png
作れました!

『Automator』の詳しい使い方は、説明してくれているサイトを検索してみてくださいね。
私は、半分も理解していないので、正しい説明ができません。105.png
アイコンのデザインは、絵文字と手書き文字を組み合わせた、こちらも自作です。102.png

”アプリ”として作った方は、アイコンをポチッと押すと、開いているアプリがすべて終了します。
もう一つ、”フォルダのサービス動作”(フォルダやファイルを右クリックした時に現れる動作)にも仕込んだので、そちらからも終了可能です。
オートセーブ機能は必須ですね。

この『Automator』や『ターミナルコマンド』を使って、自分流にカスタマイズしてこそ、「自分、Macを使いこなしている!」と言えるようになる気がします。
(個人の基準です)

チャララ・チャッ・チャラ〜♪(一つレベルアップした音)



[PR]
『太陽フレアのせい』と思っておこう。

どうやら、本日は(9/8)は、太陽フレアの影響で通信機器に影響が出てるとか出てないとか?
d0367899_01244310.png
私のMacBookproに起こった事も『太陽フレアのせい』なら良いのですが…。

朝、スリープ中のMacを開いた数秒後、画面が真っ暗になりました。
キーボードを触っても、反応無し。
トラックパッドを触っても、反応無し。
タッチバーは表示されているので、電源が落ちたわけではなし。

なんとか反応するタッチバーで、画面の明るさをMaxにしたら画面がつきました。

しかし、数秒でまた真っ暗。
もう一度試して画面がついた後、またすぐに真っ暗になって、どう触っても復活しませんでした。

これは強制終了させて、再起動させるしかないと思ったので、しばらくぶりに電源ボタンを長押し。
祈りながら電源オンしたら、無事復活しましたー。

その後、Mac基本のメンテナンスである”セーフブート”や”First Aid”、キャッシュも消したり、念の為、ウイルススキャンなども行い、どれも異常なしの様子。

持ち運びしながらスリープから復帰させたのが悪かったかなー?
スリープさせる時、アプリやブラウザを起動させたままだったのが悪かったかなー?
真っ暗になった時、すぐそばにスマホが置いてあった影響かなー?

1時間ほど後、サファリブラウザに入ろうとした時、『ネットワークに繋がっていません』という画面になったりもしました。
確実に家のWi-Fiに繋がってる状態で、今まで通信トラブルが起こった事はなかったのに。148.png

磁気の影響で画面が消えるという可能性もあるらしいですよ…、今のパソコンでは都市伝説並みの可能性らしいですが…。

度々起こるなら、ディスプレイなどの故障の可能性が出てくるのですが、今日はきっと、『太陽フレアのせい』です。

とっても疲れているのも、きっと『太陽フレアのせい』です。
明日、仕事に行きたくないのも、きっと『太陽フレアのせい』です。

[PR]
Macを手に入れたらイラストを描くのも楽しみにしていました。
さて、どのソフト?どのアプリ?
もちろん頂上は『Adobe Illustrator』です。
ただ、使いこなせるかどうかわからないのに、いきなり月額ウン千円は出せないので、他も試しています。

こんなのが描ければ十分なのです。
d0367899_01132008.png
これは30分ほどで描けました。102.png

とっても使いやすいアプリを見つけたのです。
とは言ってもクセがあるので、慣れるまでは辛抱です。
慣れたら、クセになります。その名も…、

『EazyDraw』
バージョン1~8、App Storeで無料〜¥11,400(2017・9・6現在)
d0367899_01501183.png










私はまず無料版を試した後、ブラシツールがあるバージョン6を購入しました。

これは、『Adobe Illustrator』がどれだけ高機能かを知らなければ、そう、知らなければ105.png、十分に代わりとなるドローアプリです。

古くからあるソフトらしいのですが、高評価しているサイトはあまり見かけないので、コッソリ宣伝させてもらいます。
初心者がベクターで2次元イラスト(アニメ系は違うかも)を描こうと思った時、必要な機能は揃っていると思います!
(最上位のバージョン8にしたら、何ができるようになるのでしょう?よくわかってないです…。)

他にも、フリーソフトで有名・優秀な『Inkscape』(ベクター系)、『FireAlpaca』(ペイント系)、『GIMP』(画像加工系)なども入れてますが、どうもストレスを感じます。
1番の原因が見た目、UIが古いパソコンっぽい、ギザギザ感、ゴミゴミ感なのです…。(個人の感想です)

『EazyDraw』も決して洗練されてはいない、子供向けのようなツールデザインなのですが、温かさを感じます。(個人の感想です)

しかーし、この『EazyDraw』、他の有名なソフト達に比べて、使い方の解説をしてくれているサイトがほとんど無く、一人、試行錯誤中。
キーボード(主に左手エリア)には、よく使う機能を割り当てる事で(クイックキー)、作業が抜群に捗るようになりますよ。

もちろん、これらのソフトは使用用途が違うので、カッコよく使い分けたいですね。
他にも気になるアプリがあり、今後、使ってみる予定です。

もう一つ、ベクター系ではない、落書きのようにサラッと描ける無料ペイント系アプリも探しているのですが、オススメが見つけられず、この分野はスマホアプリの方が優秀なんだな〜と感心しながら、少しずつ試しています。

それにしても、『Adobe Illustrator』、どうしようかな…。117.png

[PR]
スマホでは簡単にできたのに、Macでは出来なかった事。
それは、気軽にブラウザを切り替える事。
なぜ、共有ボタンからヒョイッ!と移動できないのか?
なぜ、そこはスマホの方が優秀なのか?
自分が機能を探し出せていない可能性もありますが…。

本日発売(我が住処の札幌ではチョイと遅れて31日発売105.png)の、
『 Mac Fan 2017.10 』で解決しました。
  『マイナビBOOKSのホームページはこちら』
Macユーザーにはお馴染みの月刊誌、お世話になっております。

『Browser ChooserX』(無料)
有名なブラウザ切り替えのフリーソフトらしいですが、安全性はどうなのか?
自分の判断だけでは、なかなか手を出せませんでした。
『Mac Fan』がオススメしてくれるなら………、入れました。

=今までの不満=
  • 今、開いているページを別のブラウザに、ヒョイッ!と移動できない。
もちろん、いちいち『システム環境設定でデフォルトのブラウザを変更』は、面倒なので無しです。
  • Chromeで見ていたのに、リンクすると、断りもなくSafariに変更されている。
はい、デフォルトをSafariに設定しているからなんですけど…。
勝手に変更しなくても良いと思うのですが…。
  • デスクトップにショートカットを置くと、否が応でもデフォルトのSafariになる。
       ……などなど。

『Browser ChooserX』をメニューバーに置く事で、即、切り替え可能になりました。
パチパチパチ!(拍手です)
d0367899_02530572.jpeg
これで、リンクする時に、ブラウザのリストが出て選べるし。102.png
良く使うデスクトップのショートカットも、ドメインごとにブラウザを指定する機能で、紐付けしたブラウザに自動で切り替わるし。102.png
しばらく移動したくない時は、”今開いているブラウザ”を指定しておけば、固定されるし。102.png

これで、他にもブラウザを入れても、ストレスなく使い分けできそうです。
それにしても、何故、基本機能で移動できないのでしょうか???


[PR]
そろそろ自分のMacでのオフィスソフトは何が良い?問題に、何らかの答えを見つけたいのですが…。
ダメなパターンだけは、出揃ってきました。
そんなに使い込んでる訳でもないのに。

自分の条件は、
  1. MS Office for Macは最後の最後の手段(高い!)、有料でも年額5千円以下希望
  2. 自分一人で作業を完結させるならこだわりなし、便利さ、軽さ、美しさで使い分ける
  3. 純正マイクロソフトファイルを、そのままの拡張子で受け取り、再現性も90%以上を
  4. MacとAndroidスマホでデータ共有して、スマホでの編集も少しは可能に

今度こそは!!と見つけた、マイクロソフト純正Web版の『Office Online』(アカウントを登録すれば無料)がこんなに崩れるとは145.png
テキストだけのデータなら、90%以上は再現できるのでしょうけど、図やワードアートなどで、こだわったレイアウトを作ると、50%くらい?(個人の感想です)
ワードアート使いたいんだもん120.png

結局、どのアプリもソフトも、データ内容によって、再現性が良かったり悪かったりで、複雑に編集されたファイルは送受信するなら素直にPDF変換が最良…。
iPhoneならもっと良い環境で利用できるのでしょうか?

〜自分用備忘録〜
WindowsからMacとAndroidスマホへメールに添付での送信テスト:エクセルとワードのファイル(容量各50KB程度)

  • Microsoft Office Online(Web専用)→エクセル完璧だった(たまたまかも?)が、ワードはイマイチ。無料で OneDrive や OneNote も使えるのが便利で、当分使います。スマホの Google Chrome からアクセスしようとしたが、重たくて実用的ではなかった。

  • LibreOffice Vanilla(Mac App Store版)→エクセルはOKだったが、ワードは崩れまくり。公式ホームページ版の方がバージョンが上のようなので、今後、検討。

  • GoogleDrive経由で各Googleアプリ利用(Web版)→全体的に70%くらいの再現?Googleだけで作業完結できるなら便利。

  • POLARIS OFFICE(アンドロイドアプリ無料版)→利用している GoogleDrive と OneDrive の両方にアクセスできるのが利点。評価の高さから有料版をMacで使うことも検討したが、試しに使っているスマホアプリ無料版で広告が酷すぎる、信頼性に難ありで躊躇。

  • Smart Office 2(アンドロイドアプリ)→再現性は50〜70%くらいだが、UIは好みなので、あとは OneDrive にアクセスできれば、ポラリスオフィスよりこちらを使うのだが…。

  • OfficeSuite+PDF Editor(アンドロイドアプリ)→使いにくい。使いたい機能を使うためには、アプリを何個も追加しなければならない。ダークモードを選べるのが良い、それだけ…。即、アンインストール。
  
  • SoftMaker Software GmbHの個別アプリ(アンドロイドアプリ)→スマホで編集するための機能は優秀。余裕があるなら入れておいても良い。
d0367899_05375997.png
以上、個人的環境による個人的感想です。

まだ、他にもアンドロイドにはオフィスアプリいっぱいあるので、掘り出し物あるかな?
世間がオンラインストレージ上でのやり取りが普通!という状態になれば悩みが減るかな?

今後は、アプリをダウンロードするより、Web上で利用できるサービスが主流になると思われるので、各社オンラインサービスの充実に期待です。

今回の送信テストで、Windowsから送信したワードの添付ファイル(.doc)が、icloudメールには届くが、Gmailに転送される(自動設定)際に消えるという、別の問題発生。
これからまた、しばらく頭を悩ませます。
前にも、ドコモメールとGmailの間で起こったが、スッカリ忘れてた150.png


[PR]
Macを使っていると、頻繁に"Finder"を開きます。

Windowsで言うところの"エクスプローラー"なのですが、Windowsではフォルダやショートカットをデスクトップ画面に、ガンガン!置いて管理していたので、あまり開くことがありませんでした。

Macでは、デスクトップ画面は極力スッキリさせたいので、毎日使うようなフォルダやアプリでなければ、"Finder"からアクセスします。

ここは、無味無臭・無機質な、本体に入る前の四角い真っ白な部屋、手を加えるのは極々実用的な部分のみ、己も無の境地で操作する場…、と思っていました。

でも、ちょいと右クリック…、あれあれ?
背景色、変えられるんですか?
自分好みに?
今まで気が付かなかったー。
ガンガン!変えました〜。

ちょっとくすんだ、優しい色に。

こんな色とかー106.png
d0367899_23550400.png
こんな色とかー106.png
d0367899_23551192.png
こんな色とかー106.png
d0367899_00133446.png
優しい162.png

ちなみに、色変更は『アイコン表示の時に右クリックして、”表示オプションを表示”を開いた時』だけ。
ピクチャを背景にすることもできます。
きっと、Windowsでも変更できるのでしょうけど、事務的作業中心のWindowsでは、変更したいとも思わなかった…。

これからも、ガンガン!カスタマイズ。110.png

[PR]
パソコン(主にモバイル)で、画面ロックを常にON!していると、解除パスワードを毎回入力するの面倒ですよね。
家にいる間は基本的にロックいらないですね。
でも、ロックしたい時もある。
Macのセキュリティ設定画面で、『スリープ後、何分経ったらロックする』という指定はできるが、求めている事と違う…。

  • 今、近くに人がいるので、席を離れる時だけ、一瞬でロックしたい
  • 目の前にMacがある間は、長時間触らずにスリープしても、立ち上げ時にロック解除の手間はかけたくない
  • いちいちセキュリティ設定画面で設定変更するなんて、ありえない

こんな単純な条件なのですが、方法を探しました。
雑誌などで紹介されているアプリは、フリーソフト…。
セキュリティ面にアクセスされるので、できれば安全と思われるApp Storeで見つけたい…。
見つからない…。

Google先生、出番です。

えっ?標準搭載アプリの『キーチェーンアクセス』ですか?
先生、それは、パスワードや秘密のメモにカギをかけて保存する、パスワード管理アプリのはず。
セキュリティ意識の高い人は、有料の、もっと強固で信頼できるパスワード管理アプリを使う…。
パスワードのバリエーションが少ない人はそもそも使わない…。
少々、中途半端なアプリと噂に聞いておりますが?

試しにアイコンをメニューバーに置いて、ポチッ。
おー、1番上に『スクリーンをロック』があるではないですか。
キーチェーンアクセスの紹介記事では、全く触れられていなかったですよ…。
望んでいた、一瞬で画面ロックができました。
Google先生ありがとう102.png
d0367899_14283013.png
もう1つ、タッチバーをカスタマイズして画面ロックの項目を置く方法もあり、そちらの方が簡単です。
が、よく使う項目としては優先順位が低い事と、間違って触ったら逆に面倒なので、
メニューバーにキーチェーンアクセスを置く!で、一件落着。

iTunesに引き続き、『メインじゃない方の使い方で、快適になりました。』…でした。




[PR]
Macを購入する前から、MacとWindowsの間で起こりそうな問題は予習したつもりでした。
Macである事が原因で何かやらかしてしまったら、他のMacユーザーさんの信頼にも傷を付けかねません。

友人なら「ゴメ〜ン」で済みますが、今回、少々お堅い企業宛に添付書類付のメールを送ることになりましたので、慎重に作業を進めました。

先方が、Windowsかどうかもわからないのですが、文書や画像はPDFに変換し、ファイル名も念の為、半角英数字のみにしておきましょう。
メールの設定も標準テキストにし、サイズも大丈夫。

万全だとは思いながら、家のWindows宛にテストメール、ポチッ!
おーまいがっ153.png
『このファイルの文字は正しく表示されないかもね』という意味の画面が!

Macには標準で『プレビュー』というお手軽な画像閲覧&加工機能があります。
ササッと画像のサイズを変更したり(ここのブログに写真をアップする時も利用)、
サラッと署名したり、
ススッと図形を書き込んだりするのに便利なのですが、
ここに落とし穴というか、勝手な勘違いというか…。

『PDFに署名して保存は、もはやPDFではない⁈』
えーと、拡張子は.pdfのままですが、PDFの上に何か書かれているよという認識をしてるのですね。
ここがテキストだったので、文字化けする可能性がありと。

もう一度PDFに書き出すことで事なきを得たのですが、この事を忘れていたらガッカリファイルを送りかねないので注意して!(←自分へのメッセージです)
d0367899_15482053.png
Windows宛用に、PDF編集アプリも後で1つ入れておきますか。
Macの使い方を説明している本を数冊、よーく読んだら、ちっちゃく注意!と書いてあるのもありました。

初心者には使ってみないとなかなか実感できない、ちっちゃい落とし穴でした。



[PR]