タグ:カスタマイズ ( 4 ) タグの人気記事

王者Microsoftのオフィスソフト『Office for Mac』 は、いまだ入れていません。
もう少し切羽詰まってから、MS Officeに頼ろうと思いますが、今はなんとかなってます。

が、MSフォントは入れておこう!と、思い立ちました。

理由は、やはり、Windowsとの互換性ですが、もう一つ。
Macの日本語フォントは種類が少ないな〜というのも気になってました。

フリーフォントのインストールは、ウイルス的なものが付いてきたり、そのフォントがどこまで使えるのか?(商用利用できるのかなど)を確認するのが面倒だと思い、入れるつもりはなかったのですが、MSフォントを無料で入れられる?
  
入れました。177.png

方法は、『Office for Mac 2011』の評価版からフォントだけをインストール!!

現在、正規の『Office for Mac 2011』評価版はサポートが切れていて、ちょっぴり不安な海外サイトからのインストールとなりました。
オフィスソフトごと入れてから、アンインストールしても、フォントだけ残るらしいですが、余計な物はなるべく入れたくないので慎重にチェックしながら…。

正規の Microsoft Office 最新版は、お試し用でも、アカウントやクレジットの登録などが必要になるようですよ。

Windowsのフォントファイルからコピーするという方法もあるそうですが、何か違いはあるのでしょうか?
漠然と、Mac用に作られたソフトからの方がピッタリくるのかな?と、思ったり思わなかったり…。

そんなこんなで、Office for Mac2011のインストール後にはウイルスチェックはもちろん。
MacのFont Bookの中で、フォントの検証もしました。
一つ、使うべきではないと警告があったので、その書体は即削除。

この状態で使ってもOKですが、Font Book も少し整理を。
基本的にはMacの書体を使うので、使いそうにない書体は迷わず使用停止に。
Windows向けに書類を作る際、確認しやすいように、MSフォントだけのコレクションも作成。
d0367899_00431557.png
こちらは Pages (WindowsでいうとWord)ですが、バッチリ使えます。
このフォントパネルを表示できるアプリであれば、自分で作ったコレクション別にフォントを選べるので、作業も捗りますね。

Macなのに、わざわざMSフォントを使いたくないという方も多いですけどね。105.png

[PR]
Macを使っていると、アプリやブラウザを次々と開きますよね⁇
『command+tab+Qの連打』で、アプリごとに閉じることができるので、問題ありませんよね⁇
……もしかしたら、きちんと整理しながら使うのが正しい使い方かも105.png

先日、アプリごとではなく、ウインドウごとに切り替えができる『HyperSwitch』という、Macでは基本であろうフリーソフトも入れました。
『option+tab+Qの連打』で閉じることもできます。
一瞬で、何が開いているかを確認できるので、便利です。

ふと、思いました。
一瞬で全部のアプリを終了させることができる、便利アプリもあるに違いない。
システム終了させる時は、アプリを全部閉じた方が、やっぱり安心な気がする。
前回、突然画面真っ暗事件が起こったことでも不安だし…。

アプリを探してみよう!

更に、ふと、思いました。
こういう簡単な機能なら、標準で内臓されている『Automator』で作れるのでは?
存在は知っていたけれど、まだ、使ってはいませんでした。
『Automator』とは、ワークフローを作って、というか並べて、アプリやフォルダの動作を自作できる機能です。

作れそうだ!
d0367899_11424151.png
作れました!

『Automator』の詳しい使い方は、説明してくれているサイトを検索してみてくださいね。
私は、半分も理解していないので、正しい説明ができません。105.png
アイコンのデザインは、絵文字と手書き文字を組み合わせた、こちらも自作です。102.png

”アプリ”として作った方は、アイコンをポチッと押すと、開いているアプリがすべて終了します。
もう一つ、”フォルダのサービス動作”(フォルダやファイルを右クリックした時に現れる動作)にも仕込んだので、そちらからも終了可能です。
オートセーブ機能は必須ですね。

この『Automator』や『ターミナルコマンド』を使って、自分流にカスタマイズしてこそ、「自分、Macを使いこなしている!」と言えるようになる気がします。
(個人の基準です)

チャララ・チャッ・チャラ〜♪(一つレベルアップした音)



[PR]
Macを使っていると、頻繁に"Finder"を開きます。

Windowsで言うところの"エクスプローラー"なのですが、Windowsではフォルダやショートカットをデスクトップ画面に、ガンガン!置いて管理していたので、あまり開くことがありませんでした。

Macでは、デスクトップ画面は極力スッキリさせたいので、毎日使うようなフォルダやアプリでなければ、"Finder"からアクセスします。

ここは、無味無臭・無機質な、本体に入る前の四角い真っ白な部屋、手を加えるのは極々実用的な部分のみ、己も無の境地で操作する場…、と思っていました。

でも、ちょいと右クリック…、あれあれ?
背景色、変えられるんですか?
自分好みに?
今まで気が付かなかったー。
ガンガン!変えました〜。

ちょっとくすんだ、優しい色に。

こんな色とかー106.png
d0367899_23550400.png
こんな色とかー106.png
d0367899_23551192.png
こんな色とかー106.png
d0367899_00133446.png
優しい162.png

ちなみに、色変更は『アイコン表示の時に右クリックして、”表示オプションを表示”を開いた時』だけ。
ピクチャを背景にすることもできます。
きっと、Windowsでも変更できるのでしょうけど、事務的作業中心のWindowsでは、変更したいとも思わなかった…。

これからも、ガンガン!カスタマイズ。110.png

[PR]
まだまだ使いこなせないMac。

とりあえず後でなんとかしようと、フォルダやショートカットをデスクトップに置いてましたが、見た目が悪いとちょっとイライラします。130.png
青いフォルダアイコンをなんとか変えられないかな?と、調べたら、やった〜、変えられました。
素敵なフリー素材をダウンロードすることもできます。

が、まずは、簡単に…。
内蔵されている絵文字と、自分でチャチャっと絵を描いてみて作成!
d0367899_00305080.png
カメラのイラストは自分で描いてみました。177.png

拡張子変換のために、アプリ『Image2Icon』(左下のアイコン)にお世話になりました。

お絵かきの楽しみが増えました。179.png179.png179.png

[PR]