一週間前に購入、3日後に修理センターに送ったタブレットが、無事、戻ってきました。
今、初期設定から再スタート中。

実は今回、初めて、自分からメーカーに問い合わせ&交渉をしなければならないという経験をしたのです。
ドキドキ…140.png

戦いになるかもしれない相手は、スマホでは大人気の『HUAWEI』です。
公式HPで見た、日本の店舗やサポートセンターの画像は、とても綺麗でした。
紹介されているスタッフの皆さんは、中国の方ばかりのようで、ちょっぴり不安もありました。

サポートセンターへの連絡手段は三つ。(直接行くというのもアリですが)
  1. 電話→画像を送りたかったので、これはナシ。
  2. メール→かしこまった形式で文章を書く為に(大人として最低限のマナーは必要ですね)大変気をつかう。万一、冷たくあしらわれた時に、アドレスが知られているのは嫌。
  3. ライン→残ったのはコレ。

日曜日の午前中でしたが、ラインで問い合わせスタート。
不具合と思われる画像と、できるだけ要点をまとめた文章を書いて送信!

待たされるかと思いましたが、返信はすぐにありました。
…当たり前ですが、ずっと待機してるんですね。
修理センター(または、同じ店舗内の修理チームかな?)にも連絡をしてくれて、
要約すると『ハッキリとはわからないが、初期不良と判断される可能性もあります。
修理センターへ送ってもらってからの判断になります。』との返事。
実際はとても丁寧で、安心できる文章での対応でしたよ。

その後、初期化の方法や、送付先、送付手順などを、聞かなくてもわかりやすく教えてくれたので、迷わずその日のうちに着払いで送付!
修理センターに直接連絡するより、楽だったのでは?と思います。

そして、タブレットが修理センターに届いたと思われる日の翌日。
修理センターからメールで、
『今、発送しました。』
宅配便の追跡用アドレスも添えられていたので、間違いなく発送されたと思われます。
修理内容や原因などは何も書かれていませんでしたが、特に不安は覚えず。

しかし、その翌日に、修理センターからまたメール。
『タブレットが修理センターに届きました。これから点検して、有料になる場合はまた連絡します……』
内容は形式的なもので問題はないのですが、メールの順番が違う…。

えっ、まだ発送されてないの?有料なの?
ここで、一気に不安になってしまいました。
最初の発送完了メール通りなら、到着は明日。
明日、届かなかったらどうしよう…。148.png
届いても、修理されてなかったらどう交渉しよう…。148.png

不安の24時間が経過。
無事、届きました、ホッ。
d0367899_02324264.png
原因など、細かい説明はありませんでしたが、シリアル番号が変わっていたので、新品(または整備品?)との交換ですね。
『購入から14日以内の申し出は原則として新品との交換対応』と、HPにも表記されていましたので。

本当は、タブレットを購入しても、個人情報はできるだけ入れず、お絵かきやゲームがメインの便利ツールとして使うつもりだったので、チョッピリ想定外の出来事でした。


[PR]
あわあわあわ…。

楽天モバイルが、FREETELを買収!というニュースが飛び込んできました。

先週、新しく買ったタブレット(修理中)に、とりあえず用のデータSIMとして『FREETELの従量制299円〜』を本気で検討していたので、あわあわ…です。

料金プランはどうなるのか?
まだ、発表されていないので、動けません。

すでにFREETELで契約している人は、そのまま引き継がれるそうですが、買収されるのがわかっていて、FREETELを契約する勇気もなし…。
d0367899_23542267.png
そのままのプランで、楽天モバイルがアフターケアをしてくれるのなら、信頼性アップで嬉しいのですが。

タブレットでは、ほぼほぼWi-Fiを利用するので、高いプランはいらないのです。
月額500円位なら数社あるので、回線速度、デザリングができるか?など、検索し直します。

先週、量販店の格安SIMコーナーでなんとなく話を聞いた時、楽天モバイルの格安プランは速度がイマイチだと聞いたばっかりなので、楽天モバイルの選択は消えていたのですが…。119.png

MVNOの再編が加速ですね。

一旦、脳内をリセットです。

[PR]
衝動買いといっても、3日ほど考えました。

『Huawei MediaPad M3 Lite 10』

2017年6月発売。
Android7.0で3万円台。
念の為、SIMフリー版。

iPadよりお安くて(高くなるならiPad買う)、コスパの良いタブレットを探したら、この辺りが妥当かと。
Windowsタブレットはこの値段では、性能がイマイチ。
最新のAndroidも試してみたかったし。

これで、Androidの楽しさを持続したまま、次回のスマホはiPhoneにするという選択も、大きく視野に入ってきました。

さあ、張り切ってカスタマイズするぞ!と、思った購入翌日。

画面を一旦、綺麗に拭きましょっ。162.png

………画面に違和感がっ。148.png
拭いても取れない5センチくらいの長さの、指のような跡が。

まだ、2日目。
薬剤の入ったクリーナーなんて使ってないし、濡らしてもいないし、落としてもいない。

そして、3日目。
日曜ですが、Huaweiのサポートセンターに連絡させてもらいました。
中華系だし、格安端末メインだし、ちょっぴり不安がよぎりましたが、すぐに返答がありました。

日曜は受け付けていないはずの修理センターにも連絡してくれて、どうやら交換してもらえそうです。
サポートセンターの対応はとても安心できるものでした。
すぐに着払いで修理センターへ。
d0367899_23245639.png
スマホもそうですが、タブレットは特に、日本製を選びたくても選びようがない状態のここ最近。

Huaweiの本国では、情報規制が更に強化されて、Yahoo!検索も消えたというニュースが。
そのうち、海外との通信は一切遮断されるのでは??

Huaweiは、問題ないですよね?

せっかく、タブレットデビューの使用感を書きたかったのに、現在、返送待ち状態となってしまいました。
綺麗な画面になって、戻っておいで159.png


[PR]
Google検索で『スピードテスト』と入れると、検索結果の一番上に『インターネット速度テスト』が表示されるようになりました。

計測してみました!

Wi-Fi計測中!!
d0367899_22461999.jpg

モバイル回線の計測結果、遅っ!!!
d0367899_22462367.jpg
ちなみに平日午後10時、札幌郊外にて。

イオンモバイル回線が遅いのか?スマホのメモリ不足が原因か?
最近、もたつきが大変気になっていたので、お手軽に計測できます。

自宅のWi-Fiはそんなに遅くないはずなのですが、「低速です」だそうです。
モバイル回線は、もちろん、「非常に低速です」

格安SIMの乗り換え検討です…。

スピード計測アプリもいくつか試したことがありますが、数字はコロコロ変わるのであまり気にせず、自分の体感で「なんか遅い!」の方が、正確かも。

この測定はGoogleとM-Labが提携してデータ収集しているそうです。
計測には、4.4MB程度のデータを使用しているそうです。
モバイルデータの通信料が発生しますので、計測はほどほどにね。



[PR]
王者Microsoftのオフィスソフト『Office for Mac』 は、いまだ入れていません。
もう少し切羽詰まってから、MS Officeに頼ろうと思いますが、今はなんとかなってます。

が、MSフォントは入れておこう!と、思い立ちました。

理由は、やはり、Windowsとの互換性ですが、もう一つ。
Macの日本語フォントは種類が少ないな〜というのも気になってました。

フリーフォントのインストールは、ウイルス的なものが付いてきたり、そのフォントがどこまで使えるのか?(商用利用できるのかなど)を確認するのが面倒だと思い、入れるつもりはなかったのですが、MSフォントを無料で入れられる?
  
入れました。177.png

方法は、『Office for Mac 2011』の評価版からフォントだけをインストール!!

現在、正規の『Office for Mac 2011』評価版はサポートが切れていて、ちょっぴり不安な海外サイトからのインストールとなりました。
オフィスソフトごと入れてから、アンインストールしても、フォントだけ残るらしいですが、余計な物はなるべく入れたくないので慎重にチェックしながら…。

正規の Microsoft Office 最新版は、お試し用でも、アカウントやクレジットの登録などが必要になるようですよ。

Windowsのフォントファイルからコピーするという方法もあるそうですが、何か違いはあるのでしょうか?
漠然と、Mac用に作られたソフトからの方がピッタリくるのかな?と、思ったり思わなかったり…。

そんなこんなで、Office for Mac2011のインストール後にはウイルスチェックはもちろん。
MacのFont Bookの中で、フォントの検証もしました。
一つ、使うべきではないと警告があったので、その書体は即削除。

この状態で使ってもOKですが、Font Book も少し整理を。
基本的にはMacの書体を使うので、使いそうにない書体は迷わず使用停止に。
Windows向けに書類を作る際、確認しやすいように、MSフォントだけのコレクションも作成。
d0367899_00431557.png
こちらは Pages (WindowsでいうとWord)ですが、バッチリ使えます。
このフォントパネルを表示できるアプリであれば、自分で作ったコレクション別にフォントを選べるので、作業も捗りますね。

Macなのに、わざわざMSフォントを使いたくないという方も多いですけどね。105.png

[PR]