冬だ!そうだ!タイヤを買いに行こう!

そうだ、スタッドレスタイヤを買いに行かないと。
雪国では避けて通れないタイヤ交換。
いつ?どこで?誰が?何を?どうやって?

自分一人でタイヤを買って、交換するのは初めてです。
ちなみに車には興味無し。
広い北海道では、必要に迫られて仕方なしの移動手段としての道具です。
タイヤの種類なんてわかるはずもなし。
安全・安心であれば、なんでも良いです。

まず、思いついたタイヤ交換方法あれこれ…
  1. 車を買った販売店で、無料点検と合わせて購入、交換してもらう。
  2. カー用品店(イエローハットとかオートバックスとか?)で、購入と同時に交換。
  3. もっと専門的な、タイヤ屋さんとか、整備専門店で相談。
  4. ガソリンスタンドでお願いする。
  5. タイヤを買って自分で交換。バランス調整・空気圧などはGSで。

5.は無理です、重いです、辛いです、今後もずっと無いです…。
4.はよっぽど顔馴染みであれば有りですが、GSには数ヶ月に一回しか行かないので、やめておきます。

1.の方法。
車検も点検もいつもお願いしているので、一番簡単で決定だと思ったのですが、相談したところ、
「うちでタイヤを買うのは、高いからやめた方が良いよ!他でタイヤ買ったら交換してあげる」
との事で、他の方法を探すことにしました…。

2.の方法。
チラシやネットで検索しましたが、何を基準に良い悪いを判断すべきかもわからず、途方に暮れる…。
d0367899_03263313.png
一旦、ここで、スタッドレスタイヤについて調べましょう。

圧雪・アイスバーンに強いというのが、日本の街走り用では一番重視されるところです。
サイズや硬さ、扁平率、制動距離など調べるとキリが無いです。
が、一般的に知られているメーカーのスタッドレスタイヤであれば、新品としての性能はどれも問題なさそうです。
走り屋さんは違いがわかるのでしょうが、ほぼ買い物に行く時しか運転しない自分は、多分わかりません。

通販では安いタイヤもいっぱい有りましたが、これらを選ぶことができるのは上級者ですね。

となると、急上昇してきたタイヤ選びの基準は『持ち』でした。
豪雪地帯で毎日通勤に車を使う人から聞いた話では、
「ほとんどのスタッドレスタイヤは3年持たない。
タイヤがツルツルになって、3年目は怖い!
その中で、唯一、ブリヂストンは3年以上使える!」
との事でした。

ハイ、天下のブリヂストン様に決めます。
ブリヂストン信者でもなんでも無いのですが、一つでも安心レベルがアップするなら選びますよ。

ブリヂストンの公式ホームページへ

次は、どこでブリヂストンタイヤを買うか?
全く知りませんでしたが、メーカーのタイヤ専門店というのがあるのですね。
有名な『タイヤ館』は、ブリヂストンの店だったんですね〜。
タイヤはどれも見た目がほぼ同じ、並んでいてもメーカーが同じか違うかなんて気付かないです。
でも、そのメーカー専門の技術者さんがいるなら、安心できる気がします。…す?

『タイヤ館』以外にも、ブリヂストンの『タイヤセンター』というのが近所にあったので、そちらでお願いしました。
他のメーカーを選ぶ人は来ないし、タイヤ以外のグッズを買う店でもないので、タイヤ交換時期は混雑して待たされるのが普通ですが、待たずに交換してもらいました。

ブリヂストンは他メーカーより高いらしいです。
ブリヂストンにこだわるべき理由も、昔ほどは無いらしいです。
ネットで調べたり、評判を聞いたりして、納得した上での購入です。
カー用品店で、スタッフに勧められるがままのタイヤ選びだったら、安全性に疑問を持ったままになりかねませんでした。

さて、あとは、慣らし運転をしなければ。
100キロメートル以上は運転した方が良いらしいのですが、運転することが好きではない、目的地のないドライブが嫌いな自分には苦痛です。
2日で、やっと20キロメートルほど…。
雪が降る前に100キロ…、ふぅ…。

2年の車検時に必ず交換でも良いので、夏冬両用の万能タイヤを発明して欲しいです。119.png

[PR]
by north_mu | 2017-11-11 03:43 | つぶやき | Trackback
トラックバックURL : http://north04mu.exblog.jp/tb/26127253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]