『マクガイバー』主演:ルーカス・ティル
1980年代に大人気だった『冒険野郎マクガイバー』のリブート版。
おっと、マクガイバーの年齢が随分と若くなっています。147.png
自分も年齢や経験を重ね、観ている環境も変わっているので、少々の違和感は仕方なしか…。

主演はルーカス・ティル。
最初に見た時、同じく人気の海外ドラマ『スーパーナチュラル』の弟くんかと思いましたが、違いました。
ただ、以前、マクガイバーの甥という設定でドラマが作られた時に、『スーパーナチュラル』の弟くん役であるジャレッド・パダレッキが演じたそうで、マクガイバー系の顔なのでしょうね。(笑)

昔のマクガイバーの声は、皆さんお馴染み、石丸 博也さん。
(ジャッキーチェンの声優さんですね)
若いマクガイバーは、アニメ界でも大人気、宮野 真守さん。
だいぶ、イメージが違いますね。
御本人ルーカス・ティルの声の印象は、また全然違います。

まだまだシリーズは続きそうなので、是非、昔のマクガイバー(リチャード・ディーン・アンダーソン)と共演してもらいたいですね。110.png
昔のジャックは出演するそうですよ。

海外ドラマは大好きです。
『ER』『24』などの秀作・名作・力作長編シリーズが一区切り付いたので、また、シーズン1から観続けられるドラマに飢えていた所に放送開始。
『24』はキャストを一新して新シリーズがスタートしています)

ストーリー展開やカメラワークの荒さは気になりますが、自分が色々なドラマを観てきた故の弊害か。
気軽に、ながら見もできる痛快爽快アクションドラマです、ん、アクションではないかな?

天才ハッカーのライリー・デイヴィスなんて、『24』のクロエと比べてしまいます。
はい、どちらも大好きです。110.png

『Dlife』アプリなら、見逃し配信があるので、好きな時間にスマホやタブレットでも観る事も出来ます。
(スカパー!さん、すみません…)
d0367899_02263285.jpg
一回吹替え版をタブレットでさらっと観て、もう一回英語の勉強も兼ねてテレビの字幕版でしっかり視聴。
良い時代ですね〜。


スカパー!

冬の5大テーマ祭り「海外ドラマ」をもっと見る

[PR]
『 fitbit alta HR 』
24時間継続的に心拍数や歩行数、カロリー消費量などを記録してくれる活動量計です。
衝動買いからもうすぐ2ヶ月。
充電する時以外は左手首に巻き付いています。


24時間継続的に心拍数を計測する事が目的だったので、この点で大満足。104.png
睡眠の質をグラフ化してくれるのも楽しいです。104.png
歩数計は、実際より少し多めに計測されていると思いますが、普通に万歩計として機能しています。101.png
デザインも、今、発売されている活動量計やスマートウォッチの中ではトップクラスで、スリム・美麗です。106.png

手首に巻いているからには、『電波時計』として秒単位まで表示されるよう設定してあります。
(時計が付いていないと、妙な形のブレスレットになってしまうでしょう?)
仕事上、正確に秒単位まで表示されるのは大変ありがたいのです。

できれば、秒針付き時計と日付・曜日が一緒に表示されるともっと良かったのですが、日付を表示させると、秒が表示できなくて残念。
ボタンが一つもないので、画面を表示させる為に、腕をややオーバーに動かすか、端末を叩くという、少々奇異な行動を取らないといけないというのもチョット残念。

えーーっと、ここまでの機能で十分満足ですけど⁈
スポーツしながら身体機能を測定する目的は、全く無かったのです。
なので、その他の機能は最初に少し遊んだだけで、触らなくなりました。

スマホと連携した通知機能は、専用アプリを別にインストールして、メールもLINEも受け取るようにもしてみました。
が、スマホとの距離9メートルまで?(Bluetooth接続しておく必要あり)
仕事中は、カバンの中のスマホとは微妙な距離です。
表示されたのを見逃したら、もう一度見る事もできないようです。
あまり必要ではありませんでした…。
d0367899_03494507.jpg
正確な通知機能が必要なら、Android WearやApple Watchのスマートウォッチから選びましょう。

自分が必要としていた機能は十分に揃っているので、満足なのです。
が、それ以上の機能が多過ぎるのです。

多機能過ぎて、
「結局何をする為の物かわからない、いらないわ!」
と思われていないでしょうか?

スポーツ用と健康チェック用は明確に分けてくれると選びやすいのでは?
もちろん共通して必要な機能は、どちらを選んでももれなく利用可で。

自分は心拍数ともう一つ、心電図を記録してくれる機能もあると良かった。
スマホのアプリ『カーディオグラフ』で、苦しい時の簡単な心電図を記録しています。

デザイン面と機能面で必要とされるバランスが、まだ、しっくりきていないように思います。
特に女性なら(一応わたくしも)、日常生活でもファッションの邪魔をしないデザイン!と考えると、一気に選択肢が狭まります。

Apple Watchも、自分の周りでは人気が今ひとつ。
心拍計として医療分野の機能にも力を入れているようで、健康に不安がある人達からもっと注目されても良いんですけどね。
もう少し電池持ちが良くなり、もう少し女性を意識したバリエーションがあると良いんですけどね。
妙に四角いんですよね……。

Apple Watch、Android Wear、活動量計。
一般的には何が違うか知られていないと思います。

多くの人が欲しいと思う端末になるよう、まだまだ改良・発展する余地があるのになぁ〜と考える2ヶ月目の冬。

そうだ、寒い冬には、手首を温めるヒーター機能なんてどうでしょう?

[PR]
冬ですね。
寒いの大嫌い、そしてここは北海道…。
我がMacbook proにとっても初めての越冬です。

ここでMacの低温対策を少し考えておかないと。

スマホでは、
「寒さで壊れたらしょうがない!
最低限のバックアップはしてあるので、LINEのトーク履歴はやゲームのデータが消えても仕方なし。
Googleアカウントやdocomoアカウントに紐づけてあるデータが残っていればオッケー!
潔く新しいスマホ買うし!!」
と、思ってましたが、ちょっと背伸びして手に入れたMacbook proは違います。
少しでも長く、大切に。112.png

Apple公式発表の動作環境データはこちら

Macbook proの保管時(使用していない時)の温度は『マイナス25度以上』
動作時の温度は『10度以上』
これは屋外で使用しない限りは大丈夫。
家の中でも、長時間外出時や深夜は10度以下になりますが、身体が温まらない限り、Macを触る気にはなりません。
ストーブから50センチ以内が私の生息地です。

…となると、
乾燥時に多く発生する静電気にも注意ですが、要注意はズバリ
結露!!

皆さんご存知かとは思いますが、原因はズバリ
温度差!!

自分がやってしまうと推測できるダメ行動は、寒い自分の部屋から暖かい部屋にMacを持ってきて、何も考えずに起動さてしまう事。
実は、先日、蓋を開けると、キーボードに被せてあるシリコン製のカバーと、ディスプレイが密着していた部分に、うっすらと水分が…。140.png
d0367899_02295363.png
結露対策を冷静に考えてみます。
窓際など、そもそも水分の多い場所に置くのは、言うまでもなくNGです!

●本体を低温にさせない
電源を入れっぱなしに?
ペット用電気カーペットのような物の上に置いておく?
これらは、長時間外出する時には、別の危険を感じるので却下します。

電気を使わずタオルなどでくるみ、外気に直接触れないようにする?
短時間なら有効かと思いますが、長時間だと外気と同じ温度になってしまうと思います。

●起動させる前に温める
ゆっくり温めないといけません。
自然放置だと、どのぐらい待てば内部も問題のない温度になるのかわかりません。
待ちきれずに早まって失敗する可能性あり。

●何か結露予防グッズは?
検索しても、高熱対策グッズはありますが、結露予防は家用・窓用ばかりでした。

室内でしばらく時間をおいて、外から触って温度を確認してから起動させるのが安全かな?と思いましたが、万一、ディスプレイ側に結露が発生していたら?

水分がある状態で通電させるのは危険なのに、我がMacbook pro2016は蓋を開けると自動電源オンしてしまうではないですか!!!


解除する方法は?
ありました!!109.png
内臓アプリ『ターミナル』でコマンド入力でした。

自動電源オンにしない
sudo nvram AutoBoot=%00

自動電源オンに戻す
sudo nvram AutoBoot=%03

『ターミナル』の使い方はまだまだ理解できていませんが、コマンドを仕込む事ができました。

今年の冬は、触って温度を確認し、蓋を開け、ディスプレイ側の異常が無い事も確認してから電源ボタンを押すことにします。

パソコンを触る冷たい手側の対策で、指先のない手袋(USBに繋ぐ物や、手首に小さいカイロを入れて血管を温める物)などはあるようです。
パソコン本体の結露対策、もっと有効な方法を見つけたいですね。


[PR]
我がMacbook proを『macOSHigh Sierra』にアップグレードして、一番期待していて、一番影響があり、一番使いこなしたい機能が、進化した日本語入力でした。
思わず過去形にしてしまいましたが、まだ、入り口で頑張っています。
d0367899_03124591.png
入力方式”かな”のままで、正しいスペルを入力すると英語が入力できちゃうのですよ。

試しに”かな”のままで簡単な単語を。
coffee …良し!
chocolate …良し!
apple …良し!
appleと入力するとこんな候補が出ます、さすがApple。
d0367899_00212504.png










入力方式が”英数”だと、最後まで完璧に入力が必要ですが、”かな”だと途中で変換候補が出てくるので、スピードアップになりそうです。

まだまだお試し。
MacBook …kの前に変なスペースが?
MacBookpろ …あれ?(もちろん”Macbook pro”と打ちたいのです)
d0367899_00250273.png









…怪しくなってきました。
カタカナ読みで"makku"と入力した方が、以前入力した推測変換機能も働いて、すんなり候補に出てきます。

正しいスペルを入力していれば、変換候補を上にスクロールすると、そのままのアルファベット文字列も出てきます。
ただし、全て小文字です。

そして、スペルを間違っていたら、正しい英語は候補に出てきません。

そして、そして、入力途中にスペルを間違ったことに気付いて、一文字deleteしようとしても、画面は日本語(大抵は平仮名とアルファベット混在状態)なので、どこまでdeleteすれば良いのかわからなくなって、結局、全部消す…。

ライブ変換を頼りにして、確定せずに長い文章を打っていた時に、deleteを押そうものなら泣きたくなるくらいグチャグチャになります。

という訳で、今のところ、

スペルに自信の無い英単語は、カタカナ読みで入力した方が無難。
途中で変換候補が現れるのですが、どこまで打てば出てくるか?は賭けかも。

英単語を入力している時、途中でも正しい単語が候補に現れたら、すぐ選択・確定した方が無難。
日本語でも同じですが、最後まで入力したら何故か正しくなくなってる事が多し。

たとえ短くても、英語の文章を入力するなら、もちろん”英数”に。
無理して”かな”のまま文章を打てなくも無いですが、スペースを入れる前には確定させたり、"is" もすぐには出てきませんよ。(笑)
"it's" は "its" と入力したら出てくるのですが、あらあら全部小文字で…。
MacのJIS配列キーボードでは、”英数””かな”の入力切り替えは、とってもわかりやすいですからね、切り替えましょ。

なんだか後半は使いにくいアピールになってしまいましたが、進化しているアピールがしたかったのですよ。
二言語入力に関しては、これから慣れていきます。
日本語の修正機能などは、アップしてる!………はずなんです。
まだ気付いていない機能もあるはず、もっと進化もするはず。

まだまだ、他のキーボードは使わずに頑張りますので、どんどん進化してください。
少しでも声をあげれば、進化のスピード速くなるかな?


[PR]
Macは通常、システム終了させなくて良いらしいです。
でも、何時間、何日も外出する時は電源を落とさないと不安です…、よね?

Touch Bar付き&イジェクトボタン無しのMacbook proでは、『アップルメニューからシステム終了を選ぶ』しかないのを不思議に思っていました。

出掛ける時、急いで選ぶと、すぐ上の『再起動』や、すぐ下の『ログアウト』を選びそうになるのです。
間違って選ぶと、急いでいるのに余計な時間が掛かってしまうのです。(泣)
High Sierraにアップグレードしたら、すぐ下は『画面をロック』になりましたけど。

ショートカットコマンドか独立したアイコンが欲しい!と思いながら、
「内臓アプリ『Automator』の項目の中には無いみたいだな〜」
「きっと、ターミナルやスクリプトで自分で作らないといけないんだろうな〜」
「下手にカスタマイズしようとしたら、戻せなくなって後で泣くかもな〜」

「これからのMacはシステム終了させずに使いなさい!という、Appleの意図なんだろうな〜」

と、深く考えるのはやめていた今日この頃。

High Sierraにアップグレードしたことだし、自分らしい Macを作り上げよう!
画面を少しでも美しく、ストレスなく操作できるように、信頼できそうなアプリやソフトを選びながらカスタマイズしていたら…、おっ。

スマホ(Android)では、スライドランチャーをいくつも仕込んで、普段の画面はなるべくスッキリさせています。
画面の横や下の数カ所から指をスライドさせると、アプリやポインターなどが起動できるよう、設定してあるのです。
同じ感覚で、Macでもランチャーからアプリを起動できるようにするべく、このアプリを入れました。

『Tab Launcher』です。

Mac App Storeで無料版と、有料版¥480(2017・11現在)あり。

画面の端っこのタブに、アプリやフォルダ、ショートカットなどを仕込む事ができます。
普段はタブのタイトル部分だけが、細く顔を出している状態。
クリックする(動作はカスタマイズできます)と、Dockのようにアプリアイコンがコンニチハ。
場所や色、大きさはお好みで。
アイコンのデザインだって変更できます。
d0367899_02065488.png
無料版ではタブの数に制限がありますが、3つもあればOKです。
これで、Dockがドンドン長くなるのが防げてバンバンザイ。

…だけではなかったのです。

カスタムアイテムの追加という項目があり、ちょっとしたシステムアイコンが作れちゃうのです。
Scriptという項目もあるので、自作もできそうです。

既存の項目の中に、しれっと『Shut Down Computer』があるんですけど?!
早速、作りました。
おやっ、ショートカットコマンドも仕込めます、最高!
確認画面は無しで即シャットダウンされますよ。
d0367899_02065842.png
『Tab Launcher』というシンプルな名前から、そこまでの機能は期待していなかったので、ものすごく得した気分です。

背伸びしてMacを購入して半年ほど、自分でプログラムするなんてまだまだ先の初心者が、ぜひ伝えたくなったチョッピリ感動の出来事でした。


[PR]